うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

文殊堂で出会った二人の若衆 ~『男色比翼鳥』巻1の1 その3~

「うきよのおはなし(はてな)」一周年記念企画、『男色比翼鳥』巻1の1読み直し続きだよ!

取り上げて欲しい作品やテーマは引き続き募集中だよ!

f:id:KihiminHamame:20180913190413j:plain

f:id:KihiminHamame:20180913190416j:plainf:id:KihiminHamame:20180913190419j:plain
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。
男色比翼鳥 6巻. [1] - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻

年月(ねんけつ)と送(をく)る口をしき事なりしかしそれがしにひとし
く心中(しんぢう)あらん兄分(あにぶん)なきこそ是非(ぜひ)もなし兎角(とかく)かなわ
ぬ事仏神(ぶつじん)祈(いのる)にハしかしと幸(さいわい)此国きれとの文殊(もんじゆ)こそ分て
衆道(しゆどう)を守せ給ふ御仏(ミほとけ)なれば今宵(こよひ)通夜(つや)して祈(いの)らんと文殊
堂へいそぎぬ爰に松枝緑(まつえだみどり)之助ハ此三ヶ年親(をや)の敵(かたき)安ン左ェ門
を方々と尋(たづ)ねぬれとけがにも似(に)たる人もなくせめての事に
きれとの文殊ハ霊賢(れいげん)尊(たつと)く現當(けんとう)二世の御ちかひ今宵(こよひ)参
詣(さんけい)しかたきのありかを祈らんと是も此御堂(ミどう)に籠(こもり)ける
音羽之丞緑(ミどり)之助に近付(ちかづき)其方様も今宵(こよひ)通夜(つや)な
さる哉先刻より見候に何とやらん物思日(おもひ)のお姿(すがた)殊にお若
衆の身にして見ればお連(つれ)もなしいか成御願(ぐわん)とそれがしも
すこしの願(ねがひ)に今宵(こよひ)通夜(つや)いたしゝと打とけたる云葉(ことば)に

赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

【現代語表記】

年月(ねんげつ)と送(おく)る、口惜しき事なり。
しかし、某(それがし)に等しく心中(しんじゅう)あらん兄分(あにぶん)無きこそ、是非(ぜひ)も無し。
兎角(とかく)叶わぬ事、仏神(ぶつじん)祈(いのる)にはしかじと、幸(さいわい)此の国、切戸(きれと)の文殊もんじゅ)こそ、分けて衆道(しゅどう)を守らせ給う御仏(みほとけ)なれば、今宵(こよい)、通夜(つや)して祈(いの)らん。」
と、文殊堂へ急ぎぬ。
爰(ここ)に、松枝緑之助(まつえだみどりのすけ)は、
「此の三ヶ年、親(おや)の敵(かたき)安左衛門(あんざえもん)を、方々と尋(たず)ねぬれど、怪我にも似(に)たる人も無く、せめての事に切戸の文殊は霊験(れいげん)尊(たっと)く、現当(げんとう)二世の御誓い、今宵(こよい)、参詣(さんけい)し、敵(かたき)の在り処(ありか)を祈らん。」
と、是も此の御堂(みどう)に籠(こも)りけるに、音羽之丞、緑(みどり)之助に近付(ちかづき)、
「其の方様も、今宵(こよい)、通夜(つや)なさるかな。
先刻より見候うに、何とやらん物思(おも)いのお姿(すがた)。
殊にお若衆の身にして見れば、お連(つれ)も無し。
如何成(いかなる)御願(がん)と、某(それがし)も少しの願(ねが)いに、今宵(こよい)通夜(つや)いたしし。」
と、打ち解けたる言葉(ことば)に

【さっくり現代語訳】

月日を送るのは、残念なことである。

しかし、私と心が通じ合う兄分がいないから、どうしようもない。

とにかく、叶わないことは神仏に祈るしかない。

幸いにもこの国には切戸(きれと)の文殊もんじゅ)様がいらっしゃる。

文殊は、特に衆道[「若衆道」の略。男色のこと]守護仏でいらっしゃるから、今夜は夜通しお祈りしよう。」

と、文殊に急いで行きました。

一方、松枝緑之助(まつえだみどりのすけ)という若衆も、

「この三年の間、親の敵(かたき)安左衛門(あんざえもん)をあちらこちらと捜しまわったが、似た人すら見かけることもなかった。

切戸の文殊は霊験あらたかで、現世と来世に渡ってご利益がある。

今晩、参詣して、せめて敵の居場所だけでもお教えくださるよう、お祈りしよう。」

と思い立ち、文殊に籠りました。

同じく文殊に籠っていた音羽之丞は、緑之助に、

あなた様も、今晩は夜通しお祈りなさるのですか?

先ほどから拝見していますと、何やら物思いをなさっているようですが?

お若衆の身でありながら、お連れ様もいらっしゃらないようですし?

どのようなお願いをなさっているのか、気になっておりました。

も少しばかりの願いがありまして、今晩は夜通し籠っているのです。」

と、フレンドリーな感じで話しかけました。

【解説】

新たな若衆の登場です。

「松枝緑之助」という名前、面白いですね。

「松の枝」「緑」だからと言うシャレですね。

だとしたら、「唐崎音羽之丞」という名前も何か意味があるのかなと考えましたところ、なるほど、「唐崎」音羽「松」連想させる言葉なんですよ!

「唐崎の松」滋賀県音羽の松」静岡県という有名な松があるのでございますよ。

そう、枝緑之助」に繋がるというわけです♪

切戸の文殊は、智恩寺(ちおんじ)のことで、今でもあります♪

ではなぜ、文殊男色の守護仏なのでしょうか?

文殊は正式には文殊師利菩薩(もんじゅしりぼさつ)と言います。

文殊シリ菩薩。

シリ=尻。

男色お尻を使うものなので、、、

というわけです(笑)


お下劣なダジャレのようですが、冗談じゃなくて、ホントにそういう理由から文殊男色の仏様と、この当時は言われていたのですよ!

さて、導かれるように出会った二人の若衆ですが、この二人結ばれることはまずありえません

なぜかって?

それは次回に続くなのです♪

次回予告とくずし字クイズ

今回も同じような文章が出てきたのでサービス問題ですかね。
f:id:KihiminHamame:20180913191042j:plain

ヒントっ!
f:id:KihiminHamame:20180913191052p:plain

この二つの漢字はよく出てくるのでわかりますよね?f:id:KihiminHamame:20180913191101j:plain

三つ目コーナー

主人公BL作品お相手はやっぱり。じーっ。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪  NEW!

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告(by 忍者AdMax)をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪
 憧れのホットエントリー! ← 実はホットエントリーが何だかよく分かってないw