うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

すぐに書けるって言ってましたよね? ~『亀山人家妖』その2~

『亀山人家妖』の続きだよ!

蔦屋さん、僕にも作品の依頼してくれないのかな?

f:id:KihiminHamame:20181107165712j:plainf:id:KihiminHamame:20181107171354j:plain

f:id:KihiminHamame:20181107171415j:plainf:id:KihiminHamame:20181107165725j:plain
喜三二[平沢常富]作、北尾重政 画『亀山人家妖(きさんじんいえのばけもの)』天明7 [1787]年刊
※この記事では国会図書館デジタルコレクションの画像を適時改変して使用しています。
絵本国土産 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

耕書堂の主人三月◆までまちけれとも◆さたなければ◆
四月五月の◆ころだん/\◆さいそくすれ◆
とも六月◆になりて◆も七月◆になりても◆まだあん◆じが◆ないと◆
ずるけ◆けるゆへ◆八月の比◆ハ大かんしやく◆になりて◆
来年新板◆のげだいひ◆ろうのじ◆せつニなれば◆
せめてげ◆だいにても◆きハむ◆べしと◆せめる

上中下
喜三二作
面向不背(めんこうふはい) 御年玉(おとしだま) 上中下
萬象亭作
芝全交智恵之程(しバぜんこうがちゑのほど) 上下
芝全交作
日本一癡鑑(につほんいちあほうのかゝミ) 上下
好町作
自笑請合本八文字(じせううけあいほんはちもんし) 正札附息質(しやうふだつきむすこかたき) 上中下
三和作
三筋緯客氣植田(ミすじだちきやくのきうへた) 上中下
京傳作

げたいを◆かく所を◆あけて◆おきました

外の写本ハさうニ◆そろひ板も出来◆上りましたこれ迄◆
はけ物の御さくハご◆ざりませぬなんぞ◆ばけものニよいのハご◆
ざりますまいか此◆ミそか迄にぜひ◆おたのミ申上ます

ワたくしハ◆ちよつとおてつだい◆に出ました◆ばかり◆
うしの◆しゆこうの◆かきねの◆外で◆こざり◆ます

ばけ物◆で一ツ◆あんじて◆ミましやう◆
まづけたひ◆ハこうでも◆出して◆置ふ

亀山人家妖(きさんじんいへのはけもの)

これハ◆ほんの◆見す◆てんた

【現代語表記】

耕書堂の主人[蔦屋のこと]、三月迄待ちけれども沙汰なければ、四月、五月の頃、段々催促すれども、六月になりても、七月になりても、「まだ案じがない」とずるけける故、八月の頃は大癇癪(かんしゃく)になりて、
「来年新板の外題(げだい)披露の時節になれば、せめて外題にても極(きわ)むべし。」
と責める。

『□□□□□』 上中下 喜三二作

『面向不背(めんこうふはい) 御年玉(おとしだま)』 上中下 萬象亭作

『芝全交智恵之程(しばぜんこうがちえのほど)』 上下 芝全交作

『日本一癡鑑(にっぽんいちあほうのかがみ)』 上下 好町作

『自笑請合本八文字(じしょううけあいほんはちもんじ) 正札附息質(しょうふだつきむすこかたぎ)』 上中下 三和作

『三筋緯客氣植田(みすじだちきゃくのきうへだ)』 上中下 京伝作

「外題を書く所を空(あ)けておきました。」

「外の写本は早(そう)に[?]揃い、板も出来上がりました。
これ迄、化け物の御作は御座りませぬ。
何ぞ化け物に良いのは御座りますまいか。
此の晦日みそか)迄に是非お頼み申し上げます。」

「私(わたくし)はちょっとお手伝いに出ましたばかり。
草紙の趣向の垣根の外で御座ります。」

「化け物で一つ案じてみましょう。
まず、外題はこうでも出して置こう。」

『亀山人家妖(きさんじんいえのばけもの)』

「これは本(ほん)の見ず転[不見転(みずてん)]だ」

【さっくり現代語訳】

蔦屋は、三月まで待っていましたが、何の音沙汰も無いので、四月、五月の頃から少しずつ催促しましたが、六月になっても、七月になっても、「まだアイデアが出てこない」と怠けているので、八月の頃になると激おこぷんぷん丸になって、
来年正月新刊タイトル発表の時期になったので、せめてタイトルだけでも決めなされ!」
と責め立てました。

『□□□□□』 上中下 喜三二

『面向不背(めんこうふはい) 御年玉(おとしだま)』 上中下 萬象亭

『芝全交智恵之程(しばぜんこうがちえのほど)』 上下 芝全交

『日本一癡鑑(にっぽんいちあほうのかがみ)』 上下 好町

『自笑請合本八文字(じしょううけあいほんはちもんじ) 正札附息質(しょうふだつきむすこかたぎ)』 上中下 三和

『三筋緯客氣植田(みすじだちきゃくのきうへだ)』 上中下 京伝

蔦屋タイトルを書くスペースをあけておきました。」

蔦屋「他の方の原稿はもう揃っていて、版木も出来上がっております。
ここまでまだ化け物の話がないので、どうか化け物の話で良いのがありましたら。
今月末までにぜひともお願いします。」

「私はちょっと紙を持つお手伝いに出てきただけです。
この話の内容とは関係がない者でございます。」

喜三二化け物の話を一つ考えてみましょう。
まず、タイトルはこうとでもしておきましょうか。」

『亀山人家妖(きさんじんいえのばけもの)』

喜三二「まあ、このタイトルテキトーにつけたんですがね。」

【解説】

紙に書かれている作品は実際に同時刊行された作品です。
はい、ここでもちゃっかり宣伝しています(笑)

左端に「お手伝いにきただけ」謎の人物が書かれていますが、家紋まで書かれているので、当時の読者は誰だかわかったのでしょうね。
この作品の絵師北尾重政ですかねえ?ちょっと誰だかわかりません。。。

それにしても、翌年の正月用新刊本は、もう八月には印刷が出来る状態だったのですね。
思ったより早くから準備が整っていたみたいです。
蔦屋は怒ってる割には穏やかな口調です。

それにしても喜三二さんタイトルだけ適当に考えて、大丈夫かしらん?

次回予告とくずし字クイズ

あらあら、喜三二さんおねむですか?

f:id:KihiminHamame:20181107170307j:plainf:id:KihiminHamame:20181107170311j:plain

三つ目コーナー

ねえ、ねえ、BL本締め切りはいつなの?

うん、締め切りなんか無いし、そもそも企画そのもの無い(満面の笑み)

 

     

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain

いただいたイヤホンのレビューはこちら♪ NEW!

いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告(by 忍者AdMax)をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w