うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

2017-09-16から1日間の記事一覧

そんけいのさんそく その3

さて、今巻のタイトルにした「そんけいのさんそく」、この正体を僧はカエルの化け物と見抜いたわけですが、よく考えたら「そんけいのさんそく」の中にカエルなんて一言も入ってないですよね。 それなのに何で僧はカエルの化け物だとわかったのか? それは、…

そんけいのさんそく その2

さて、今にも化け物に食べられそうになった僧は覚悟を決めつつも、ふと、化け物の名前に化け物の正体が隠されているのではないかと考えます。 そして、化け物の名前を分析し、 「えんよう坊」は「丸瓢箪(まるびょうたん)」、 「こんかのこねん」は「未申(…

そんけいのさんそく その1

今巻と次巻はリクエストにお応えして、カエルの話を紹介したいと思います。 あ、ホントはリクエストなんて来てないんですけど、カエル好きな方が多いかなと(笑) 今回紹介するのは、『曽呂里物語』巻4の4「万(よろず)の物年を経ては必ず化くる事」です…