うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

ひよくのとり その1

はじめまして、北見花芽と申します。

 

他では、きひみハマめ という名前で活動していますが、江戸文学の紹介ブログなので、ここではそれっぽく漢字名にしてみました(笑)

 

ブログタイトルひらがなですが(笑)

 

私は江戸時代文学作品が大好きです。

 

というか、ちょっとした専門家だったりします(笑)

 

でも、江戸文学は苦手という方が多いですよね。

 

第一、原文古文なので読めない(笑)

 

現代語訳もありますが、やはり訳すことに重きを置いてしまう、要するに教科書的な訳文が多いので、どうしても文学作品としての表現や雰囲気が損なわれて、読んでも面白くないんですよね。

 

正直、現代人にとっては敷居が高いと思います。

 

でもねえ、やっぱり、少しでも多くの方に、江戸文学に接して欲しいのですよ。

 

そこで、江戸文学の面白さを知っていただくために、江戸文学の作品をわかりやすく紹介していこうと立ち上げたのが、このブログなのでございます。

 

ですので、江戸文学は難しいからとそっぽを向かずに、どうぞ気楽におつきあいくださいませ。

 

書く方も気楽に書くので、間違ってたりいい加減なとこも出てくると思いますが(笑)

 

一応、私の専門が浮世草子というジャンルなので、そのあたりの作品が多くなると思いますが、読まれる方は特に気になさる必要はありません(笑)

 

さて、第一回目の今回は、酉年ということで、にちなんだ作品でもと。

 

と聞いて真っ先に思い浮かんだのが『男色比翼鳥』(なんしょくひよくのとり)という作品です。

 

「比翼鳥」とは、オスとメスが一体になった中国の空想上の鳥です。仲良し夫婦のたとえにも使われたりします。

 

ん?この作品は『男色比翼鳥』

 

「男色」とはそう、今で言うとホモセクシャルやらボーイスラブやらそういうこと。。。

 

なんで正反対のものがセットになってるの?

 

おかしいやん、どういうこと?

 

というわけで、一回で書き終わらせるつもりだったのですが、挨拶とかで長くなってしまったので、次回に続くのであります!


※前は他のところでこのブログをやっていたのですが、私には合わなかったのでこちらに引っ越してきました。しばらくは過去記事の公開となります。

オリジナル公開日:170120

 

『男色比翼鳥』は霞亭文庫のホームページでご覧になれます。 

霞亭文庫書誌詳細

 

 ↓↓↓江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています、オススメ!↓↓↓

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

kihiminhamame.hatenablog.com

  

kihiminhamame.hatenablog.com