うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

へまむしよにうだう その2

まあ、マムショ入道江戸時代の色んな書物に出てくるので、

 

どれにしようか迷ったのですが、たまたま目についた(笑)、

 

山東京伝作・北尾重政画『怪談摸摸夢字彙(かいだんももんじい)』(享和三[1803]年刊)を取り上げたいと思います。

 

「ももんじい」とは妖怪「百々爺」のことでしょうが、

 

あえて「摸摸夢字彙」という字を使ったのは、

 

「パロディー妖怪辞典」という意味を持たせてるんだと思います。

 

「摸」「まねる」「字彙」「辞書」という意味です)

 

タイトルにあるように、この作品には京伝が創作したパロディー妖怪が登場します。

 

たとえば、「見越入道」ならぬ「見越入湯」「ろくろ首」ならぬ「欲路首」など。

 

「ヘマムショ入道」は特に名前がもじられているというわけではありませんが、

 

そもそも、「ヘマムショ入道」は妖怪ではなく、ただの落書きなので、

 

それを妖怪として登場させていることがパロディーとなっています。

 

それでは、『怪談摸摸夢字彙』「ヘマムショ入道」の項目を見ていきましょう。

 

 

マムショ入道寺子屋(学校)の中に住んでいて、

 

あくびをして退屈してるような子供の隙を見てノートの中に姿を現します。

 

そして、勉強の邪魔をし、居眠りや落書きをさせて、

 

とうとう、ロクに読み書きもできないようにする恐ろしい化け物です。

 

子供たちよ、くれぐれもマムショ入道などを描いて、

 

化かされてパーにならないように!!!

 

 

「ロクに読み書きもできない」「パーに」の所は、

 

本当はもっとえげつない言葉で書かれているのですが、自粛します(笑)

 

マムショ入道についての説明は以上ですが、

 

おまけ的に、落書きで人の顔を描いている子供の挿絵には、

 

 

「なまけることほど良いことはない」

 

 

というセリフが書かれて、ちょっと今のマンガ的な手法ですね。

 

もひとつおまけに、マムショ入道のセリフも書かれています。

 

 

マムショ入道は「松さん」という子供に、


「松さんや、そのノートに俺の姿を描いてみな。

 

それともお前は絵心がないから描けないのか?」

 

と語りかけ、プレッシャーをかけて急かせます。

 

 

そして、

 

 

「鬼の留守に洗濯、先生の留守には横着」

 

 

という言葉でマムショ入道の項目は締められます。

 

はい、マムショ入道の項目は1ページだけなので、これで終わりです!短いです!

 

要するに、勉強をサボってしまうのは、

 

マムショ入道の仕業だと言っているわけですね(笑)

 

ちなみに私のノートには、マムショ入道の代わりに、

 

ドラ○もんやらサ○エさんやらという妖怪が出てきたので、

 

おかげでこんなんになってしまいました(笑)

 

みなさんのノートにはどんな妖怪が現れましたか???(笑)

 

ちなみに『怪談摸摸夢字彙』には「山水天狗」という絵文字の落書きも妖怪として登場しますが、これはまたの機会にでも。

 

最後に、挿絵に描かれているマムショ入道の姿を私のイラストでどうぞ!

 

f:id:KihiminHamame:20170921215101j:plain

 

「道」の字がくずし字なので、楷書体より下半身の表現がやわらかいですね。

 

、、、なんだか短くて申し訳ないので、マムショ入道の巻、

 

もう一回だけ続けます。。。。

 

※『怪談摸摸夢字彙』は早稲田大学図書館のホームページでご覧になれます。

古典籍総合データベース

 

 

kihiminhamame.hatenablog.com

kihiminhamame.hatenablog.com

  

西鶴が語る江戸のダークサイド―暗黒奇談集

西鶴が語る江戸のダークサイド―暗黒奇談集