うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

いたづら その2

さてさて、今巻のテーマを「三味線」と決めたので、

 

「三味線」といって最初に思い浮かんだ『野傾友三味線』から一話紹介したいと思います。

 

はい、このブログはこんな感じで適当に進めて行くのですよ(笑)

 

『野傾友三味線(やけいともじゃみせん)』(宝永五[一七〇八]年刊)は、

 

北条団水(ほうじょうだんすい)作の短編小説集です。

 

『野傾友三味線』というタイトルは、

 

江島其磧(えじまきせき)作の『役者口三味線』(元禄十二[1699]年刊)『けいせい色三味線』(元禄十四[1701]刊)がヒットしたので、

 

それに便乗して付けられたのでしょう(笑)

 

クレームが来たのか、出版された翌月には『男女色競馬(なんにょいろけいば)』とタイトルが変更されています(笑)

 

『野傾友三味線』「野傾」とはざっくり言えば、「男色」「女色」のことです。

 

其磧『役者口三味線』男色『けいせい色三味線』女色を別々の本で書いているのですが、

 

団水男色女色を一冊にまとめて書いてしまったというね(笑)

 

男色本女色本の読者を両方得ようとしたのですかね???(笑)

 

あ、男色は男同士の恋愛で、女色は男と女の恋愛です。

 

え?女同士の恋愛はないのかって?

 

それが、この時代には女同士の恋愛を描いた作品がほとんどないんですよ。

 

「ほとんど」というからには、全くないわけではないのですが、それはまたの機会に。

 

ちなみに、北条団水井原西鶴の弟子です。

 

ですが、団水の作品は西鶴の作品と比べるとかなり面白くないです(笑)

 

ですが、ここで紹介するからには、私の力で何とか面白い話として紹介できるように努力します(笑)

 

つまんなかったら、それは私のせいではなく、団水のせいですから!(笑)

 

『野傾友三味線』には男色パートと女色パートがあるのですが、

 

今巻は女色パートから巻三の四「願成就(がんじょうじゅう)の宮廻(みやめぐり)」というお話を紹介したいと思います。

 

お友達に はてな に書くのはちょっとエッチな記事の方が良いとアドバイスされたので、ちょっとエッチな話を選びましたよ(笑)

 

今回はここまで書いた所で力尽きたので、次回に続く! 

  

 ↓↓↓ほぼ全ての浮世草子の内容がわかります、オススメ!↓↓↓

江戸時代の社会・風俗がわかる 浮世草子大事典

江戸時代の社会・風俗がわかる 浮世草子大事典

 

 

kihiminhamame.hatenablog.com

kihiminhamame.hatenablog.com

kihiminhamame.hatenablog.com

kihiminhamame.hatenablog.com

kihiminhamame.hatenablog.com