うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

大昔化物双紙 その3

【前回までのあらすじ】
大入道の息子の一つ目小僧は、大入道から片目を与えられて二つ目になり、家督を譲られ、諸国化け修行に出たのですが。。。

f:id:KihiminHamame:20171130222631j:plain
国会図書館の画像を利用しています。
国立国会図書館デジタルコレクション - 大昔化物双紙 2巻
5ページ目です。 

f:id:KihiminHamame:20171130222638j:plain


①本文

f:id:KihiminHamame:20171130222649j:plain

翻刻
たんばの山おくに◆ひゝといふもの◆
ありてよく人を◆なやまししゝおゝ◆
かめをとりくらひ◆山をあらしけれは◆
さと人これがために◆なやまぬものなし◆
たんばのくにのばけ◆ものだいしやうといふ
しかるにひゝがいつしを
山わらうといへりされ
ども山わらうはばけもの
だいしやうとなるべきはたらき
なければひゝせんかたなく
みこしにうだうといへるものを
こぶんにたのみ申けるは此たび
ゑちごのくに大にうだうがせがれ
一ツめ小ぞう世をとつていまにう
だうといゑりかればけしゆぎやうに
いでたるよしきくなればなんぢかの
いまにうだうとみるならばひつとらへ
はなをひしぎくれよとみこしにうだうに
いゝわたしける

【現代語表記】
丹波の山奥に狒々[ひひ]という者ありて、よく人を悩まし、猪・狼を取り食らい、山を荒らしければ、里人これがために悩まぬものなし。
丹波の国の化け物大将という。
しかるに、ヒヒが一子を山童[やまわらわ]といえり。
されども山童は化け物大将となるべき働きなければ、ヒヒ詮方なく、見越し入道といえるものを子分に頼み申しけるは、
「此の度、越後の国大入道が倅[せがれ]一つ目小僧、世を取って今入道と言えり。
彼、化け修行に出でたる由聞くなれば、汝[なんじ]彼の今入道と見るならば引っ捕らえ、鼻を拉[ひし]ぎくれよ。」
と見越し入道に言い渡しける。

【ざっくり現代語訳】
丹波の国の山奥に、ヒヒというものがいました。
猪や狼を取って食べ、山を荒らしまわるので、村人はみんな苦しんでいました。
そんなヒヒ丹波の国の化け物大将と呼ばれています。
ところが、ヒヒの一人息子の山童には、化け物大将になれるような才能がありませんでした。
そこで、見越し入道という者を養子にして、
「近頃、越後の国の大入道の息子の一つ目小僧が、家督を譲られて今入道を襲名した。今入道は化け修行に出たと聞いたので、おぬしは今入道を見つけたら引っ捕らえて、自慢の鼻を押し潰してやるのだ[恥をかかせてやるのだ]!」
と命じたのでした。

【解説】
ここで、一つ目小僧今入道と名乗るようになったことがわかりますね。
化け物界の大物は越後の国[現在の新潟県大入道だけではないようです。
丹波の国[現在の京都・兵庫あたり]にはヒヒという大物がいるようです。
が、大入道と違って、ヒヒの息子は化け物としては優秀ではなかったようで、見越し入道を跡取りに迎えます。
食べかけの獣の肉がヒヒの下に描かれていますね。

②補足説明部分

f:id:KihiminHamame:20171130222908j:plain

翻刻
山わらは◆へこんでゐる

【現代語表記】
山童、凹[へこ]んでいる。

【ざっくり現代語訳】
山童はヘコんでいる。

【解説】
あ、ここは別に訳さなくても意味わかりましたね(笑)
ヘコむって言葉はこの頃から使われていたのですね。


③セリフ部分

f:id:KihiminHamame:20171130222958j:plain

翻刻
ずいぶん◆ばけなかまで
はなのひしやげぬ
やふにするかいゝ

【現代語表記】
「随分、化け仲間で、鼻の拉[ひしゃ]げぬ様にするがいい。」

【ざっくり現代語訳】
[ヒヒのセリフ]
「見越し入道よ、くれぐれも、化け物仲間の前で、鼻が潰れた[恥をかいてしょんぼりした]姿を見せないようにしてくれよ」

【解説】
この部分。ちょっと意味が分かりにくいです。
「二度と化け物仲間の前に顔を出せないくらい、今入道の自慢の鼻を押し潰してやるがいい[今入道に恥をかかせてやるがいい]。」
ぐらいに訳した方がセリフとしては分かりやすいのですが。
なるべく文法に従って訳してみました。
くずし字クイズの答えはここです!

④セリフ部分

f:id:KihiminHamame:20171130223106j:plain

翻刻
よく/\◆はからへ◆/\

【現代語表記】
「よくよく計らえ、計らえ。」

【ざっくり現代語訳】
[ヒヒのセリフ]
「うまくやれよ」

⑤セリフ部分

f:id:KihiminHamame:20171130223144j:plain

翻刻
かつてんか◆/\

【現代語表記】
「合点か、合点か」

【ざっくり現代語訳】
[ヒヒのセリフ]
「わかったか?わかったか?」

⑥セリフ部分

f:id:KihiminHamame:20171130223217j:plain

翻刻
なにさおめへさん◆まだ一ツめ◆ぐらゐの◆小ぞうが◆
此三こしに◆あつておさ◆まりが◆あるものか

【現代語表記】
「何さお前さん、まだ一つ目ぐらいの小僧が、此の三越しに会って収[おさ]まりがあるものか。」

【ざっくり現代語訳】
[見越し入道のセリフ]
「なんのなんの、まだ「一」つ目ぐらいの小僧が、この「三」越しの手にかかって、ただで済むはずがない。」

【解説】
見越し入道「見」の漢字をあえて「三」と表記し、「(つ目小僧)」よりも数が多い「(越し入道)」の自分の方が上だと言っているわけです。

さてさて、今入道見越し入道の入道同士の決戦となるのでしょうか?
次回に続く!

ーーー

◆くずし字クイズ◆

f:id:KihiminHamame:20171130223345j:plain

前回出題した今回の③の部分を参考にすれば、ほぼわかりますよね♪
ノーヒントで! 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪
f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
◆オススメ書籍
江戸の怪異文学の挿絵解説CD-ROMが収録されています♪
西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

 
◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪
f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain
◆下の広告をクリックしていただけたら、ありがたいです♪
はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

江戸時代ランキング
◆よろしければ はてブ もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)