うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

『大時代唐土化物』より 節分・鬼・頼光四天王・化物尽くし・団十郎・角大師 etc

新しい読者の方も増えてきたので、改めてこのブログの凡例を。

翻刻はくずし字を活字にしたものです。基本的に新字体で表記しています。◆は改行を意味してます。

【現代語表記】翻刻を読みやすいようにできるだけ漢字に直し、濁点や句読点を補ったものです。また、「あつた」は「あった」、「言ふ」は「言う」というように現代の発音表記に直しています。[]内は私の補足です。

【書き下し文】は今回始めて登場です。漢文を無理やり日本語に直したものです。したがって、補った助詞等は書き下した人のセンスによって多少の差異が生じます。

【ざっくり現代語訳】は直訳ではなく、古文に馴染みのない方でも読みやすいようにざっくりと現代語に訳したものです。ですので、【翻刻】とかはすっとばして、ここだけを読んでいただいても全然構いません♪ このブログは江戸文学を広く愛していただくために、ディープな方にもライトな方にも対応しているのです♪

【解説】は、文字通り内容等を私が解説したものですが、ただの雑文になっている場合が多いです(笑)

ほぼ自力で書いているので、間違ってたらごめんなさいね♪ 
最初に謝っておきます(笑)
あとで間違いに気づいたら、しれっと訂正してると思います(笑い)

それでは、前回予告したように、振鷺亭作・勝川春亭画『大時代唐土化物(おおじだいからのばけもの)』(文化十三[1816]刊)の巻頭のおまけページみたいな部分を読んでみましょう。
うふ、実はこの部分しか読んでないので、他は何が書いてあるか知らなかったりします(笑)

f:id:KihiminHamame:20171221213408j:plain
国会図書館の画像を利用しています。
国立国会図書館デジタルコレクション - 大時代唐土化物 3巻
6ページ目です。

f:id:KihiminHamame:20171222203457j:plain

f:id:KihiminHamame:20171222203521j:plain

翻刻
せつぶんに
もふ◆春風が
ふくは内
おには外まで
にほふ◆梅が香 不知読人

【現代語表記】
節分に
もう春風が
福[吹く]は内 
鬼は外まで
匂う梅が香
読み人知らず

【ざっくり現代語訳】
節分なのにもう春風が吹いてきて、あちこちに梅の香りを運んでいます。
byどこかの誰か

【解説】
五・七・五・七・七短歌です。
「春風が吹く(ふく)」と節分からの連想で「福(ふく)は内」をかけて、「鬼は外」と続けてシャレています。

女形の役者鬼退治をしていますが、誰なのでしょうか?
着物の鳥の絵がヒントになっているのだとは思いますが。。。


f:id:KihiminHamame:20171221213510j:plain

翻刻
擬目録魔滅絵化物尽

【現代語表記】
擬目録[ぎもくろく]
魔滅絵[まめつえ]
化物尽[ばけものづくし]

【ざっくり現代語訳】
目次もどき
魔物退治絵
化物尽くし図

【解説】
右から左に読んでくださいね♪

「擬目録」は、目次の代わりにこのページを書いたということでしょう。

「魔滅絵」は下段の、頼光四天王土蜘蛛を退治している絵のことでしょう。

左から、卜部季武渡辺綱坂田金時碓井貞[定]光です。
着物に書いてある文字から人物が特定できるのです♪

「化物尽」は、その上に描かれている妖怪たちのことでしょう。
左から、すりこぎとすり鉢の化物・豆腐小僧[一つ目小僧]・見越し入道・大首です。


翻刻
今こゝに
団十郎
鬼は外
其角

【現代語表記】
今ここに
団十郎
鬼は外
其角

【ざっくり現代語訳】
今ここに市川団十郎がやって来たからは外に出て行ったよ。
by宝井其角

【解説】
五・七・五俳句です。
「鬼は外」冬の季語です。
俳人宝井其角[たからいきかく]の句です。
団十郎はもちろん市川団十郎のことですが、其角が生きていた時代の団十郎二代目ですね。
昔も今みたいに有名人が節分に豆撒きをしていたんですかね?

下に描かれている鬼の絵は、角大師[つのだいし]です。
元三大師[がんざんだいし。良源]疫病神を追い払うために鬼の姿になったのを描いたものです。
今でも厄除けのお札に描かれています。
これも「魔滅絵」ですかね。
何の鬼の絵か最初は思い出せなかったのですが。親切なお友達に教えていただきました♪
なんだか西洋の悪魔みたいですよね(笑)


f:id:KihiminHamame:20171221213518j:plain

翻刻
望之儼然
如干城之
大将就之
而不見所
畏又如優
孟之衣冠

【現代語表記】
望之儼然如干城之大将 
就之而不見所畏 
又如優孟之衣冠 

【書き下し文】
これを望[のぞ]めば儼然[げんぜん]として干城[かんじょう]の大将のごとし
これに就[つ]いて畏[おそ]るる所を見ず
また優孟[ゆうもう]の衣冠[いかん]のごとし

【ざっくり現代語訳】
遠くから見ると厳[いかめ]しくて武士の大将のようだが、
近づいてみると何も怖くはない。
ただの見掛け倒しだ。

【解説】
いやあ、最初はぴったり四字ずつで改行されているので、詩かなんかだと思って騙されるところでした。
改行は適当で、【現代語表記】で記したのが正しい(?)改行です(笑)
どうも論語孟子から取った文章のようです。

「優孟衣冠」は、優孟という人が衣と冠をつけて他人になりすましたという故事から生まれた言葉で、「見た目と中身が違うこと」「物まねや演技をする者」などという意味で使われます。
つまり、この漢文の意味は、「化け物は見た目が怖いだけで、実態は何も怖くない」ということでしょうね。

下には、市川団十郎見越し入道が巻きついている絵が描かれています。
え?何で団十郎ってわかるかって?
着物に団十郎定紋である三升が描かれているからです♪

f:id:KihiminHamame:20171222204310j:plain
ちなみにこの作品が出版されたころの団十郎七代目ですね♪

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪
f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
◆オススメ書籍
私が愛用している辞典です♪
くずし字解読辞典  普及版

くずし字解読辞典 普及版

 
◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪
f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain
◆下の広告をクリックしていただけたら、ありがたいです♪
はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

江戸時代ランキング
◆よろしければ はてブ もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)