うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

【桂花陳酒のお礼あり】百種怪談妖物双六 その3 猫また

f:id:KihiminHamame:20171230233329j:plain
一寿斎芳員画『百種怪談妖物双六(むかしばなしばけものすごろく)』(安政五[1858]年刊)
国会図書館の画像を利用しています。
国立国会図書館デジタルコレクション - 百種怪談妖物双六

 

腥寺(なまぐさでら)の猫俣(ねこまた)
f:id:KihiminHamame:20180101221919j:plain

はい、この時代ではおなじみの、手拭いを頭に乗せて二本足で立って踊っている猫又の姿が描かれています。
もちろん、尻尾二本に分かれています♪
三毛猫ちゃんですね♪
要するに、生臭坊主[素行の悪い僧侶]がいるような寺には、猫又のような化け物が住み着いてしまうということでしょうね。
徒然草』第八十九段の、京都の行願寺あたりの連歌好きのお坊さん猫又[実は飼い犬]に襲われる話から採っているのかもしれません。

f:id:KihiminHamame:20180101222055j:plain

一 ゆき女郎
二 上り
四 れんぎ棒(ぼう)
五 おいわ


では、サイコロ振ります!
結果は動画でw


ガチでやってるので、こういう事態も起こるのですw
次のコマに続く。

 ーーー

 ほしいものリストから桂花陳酒(赤)を送っていただきました♪

f:id:KihiminHamame:20180102141108j:plain

これ、大好きなんですけど、なかなか売っていなくて、もう何年も飲めていなかったんです♪
送ってくださった方、本当にありがとうございます♪

しっかり飲みまくらせていただきますので!w

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪
f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪
◆オススメ書籍
江戸の怪異文学の挿絵解説CD-ROMが収録されています♪
西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

 
◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪
f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain
◆下の広告をクリックしていただけたら、ありがたいです♪
はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

江戸時代ランキング
◆よろしければ はてブ もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)
広告