うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

検死報告―婆の死因・狸の睾丸による圧死。 ~明治の『カチカチ山』の絵本~

それでは、『カチカチ山』絵本を読んで行きましょう。

本当は、江戸時代の絵本を紹介したかったのですが、ここで使っても大丈夫なのが見当たらなかったので、明治時代の絵本からです。

明治の絵本なら、さすがにくずし字じゃないだろうから、僕でも読めるね!

残念! 明治時代の絵本でも、まだくずし字が使われてるから!

f:id:KihiminHamame:20180409222447j:plain
国立国会図書館デジタルコレクション - [お伽噺]. かちかち山

 

f:id:KihiminHamame:20180409222536j:plainf:id:KihiminHamame:20180409222545j:plain

翻刻
あるいなかにぢゞい◆ばゞあありぢゞいわ◆
あるひたぬき◆おつかまいき◆
たりしにたぬ


【現代語表記】
ある田舎に爺[じじい]・婆[ばばあ]あり。
爺は、ある日、狸を捕まい来たりしに、狸


【ざっくり現代語訳】

とある田舎に、ジジイババアがいました。

ある日、ジジイタヌキを捕まえてきました。


【解説】

えと、いきなりインパクトのある絵から始まりますが、はい、タヌキ金玉で押し殺されているシーンです(笑)
タヌキ金玉は色々なことに使えるといいますが、殺傷能力まであったとは!!!

kihiminhamame.hatenablog.com

明治時代
『カチカチ山』の絵本は色んな種類が残ってますが、このシーンのインパクトが強かったので、この絵本を取り上げることにしたのでした♪


何の説明もなく、いきなりタヌキは捕まっていますが、子ども向けの短い絵本なので、かなり筋が省略されています。
ちなみに、江戸時代の絵本では、

爺「こいつはオレを化かしょろうとしたから、捕らえてタヌキ汁にして食いましょう。」

と書かれています。
124.33.215.236
杵と臼が描かれているので、ここでもの夕食の準備の手伝いをするフリをして、タヌキは縄を解かせたのでしょうね。


それにしても、助詞の「は」「を」が、発音そのままの「わ」「お」で書かれているので読みにくいです!

「ジジイ」「バアア」と今ではひどい呼ばれ方をしていますが、当時は普通にそういう言い方をしていたのでしょうね。

 

f:id:KihiminHamame:20180409223704j:plainf:id:KihiminHamame:20180409223711j:plain

翻刻
きハき◆んたま◆にてば◆
ばあ◆をおし◆ころし◆ける△

△ぢゞいやまよ◆りかへりき◆
たりしにた◆ぬきハばゝ◆
あにばけて◆ぢゞいにめ◆
しをくわせ◆てしまいて

ばゞあお◆くつた◆ぢゞいや○

○ゑん◆のした◆のほね◆
お見ろと◆いゝつゝにげ◆
さりけるゆへ◆ぢゞいわ


【現代語表記】
は金玉にて婆を押し殺しける。
爺、山より帰り来たりしに、狸は婆に化けて爺に飯を食わせて仕舞いて、
「婆を食った爺いや。縁の下を見ろ」
と、言いつつ逃げ去りける故、爺は、


【ざっくり現代語訳】

タヌキは、金玉ババアを押し殺しました。

ジジイが山から帰ってきたので、タヌキババアに化けて、ジジイに飯を食わせると、

ババアを食ったジジイや~い! 縁の下の骨を見てみろ!」

と言いながら逃げていきました。

ジジイ


【解説】

△と○で、文章がどこにつながるか示しています。

梅の屏風の前で食べる農民にしては裕福そうです。

この絵本でも、しっかりタヌキを食わせています。
左端にがあるので、やはり婆汁なのでしょうね。

左上段、縁の下には哀れにも婆の骨があります。

 

f:id:KihiminHamame:20180409224027j:plainf:id:KihiminHamame:20180409224033j:plain

翻刻
ゑんのしたみれバかわいそうに
ばゞあハくひころされていたる
ぢゞい のかなしみ
おふ◆かた◆ならす◆おりから◆
うさぎき◆たりてこれをきゝ

きのどくにお◆もいばゞあのかた◆
きをうたん◆とや◆まにゆき◆
たぬきに◆しバをしよ◆わせて◆これに


【現代語表記】
縁の下を見れば、可哀想に、婆、食い殺されて居たる。
爺の悲しみ、大方ならず。
折から、兎来たりて、これを聞き、気の毒に思い、
「婆の敵を討たん」と山に行き、芝を背負わせて、これに


【ざっくり現代語訳】

縁の下を見ると、かわいそうに、食用に解体されてしまった、ババアの骨がありました。

ジジイの悲しみは言葉で表せないほどでした。

ちょうどその時、ウサギがやって来て、ババアタヌキに殺されたことを聞きました。

ウサギは気の毒に思い、「ババアの敵を討ってやる!」と、手始めに山に行き、タヌキに薪[まき][たきぎ]にする木を背負わせ、これに


【解説】

最初から微妙に絵と本文にズレがありますが、まあ、『むじなの敵討ち』に比べたら、これくらいは許容範囲ですかね(笑)

肝心な『カチカチ山』の名が出てくるくだりまで省略されてしまっています。
これまたちなみに、江戸時代の絵本では、

ウサギ、火打ち鎌にて火を打つ。カチカチカチ。
タヌキ「カチカチと音のするは何でござるべ?」
ウサギ「カチカチ山の風の音。」

と書かれています。
124.33.215.236
ウサギの手は火打石を打っているのでしょうか?

ちょっと潰れていてよくわかりません。

 

f:id:KihiminHamame:20180409224602j:plainf:id:KihiminHamame:20180409224611j:plain

翻刻
ひをつけてやけ◆どをさせてその◆
ところへとふがらし◆みそをつけて◆
なやまし◆けり◆あるひ

きにて◆ふ◆ね◆をつ◆くり◆
いたる◆にたぬ◆ききた◆りける◆


【現代語表記】
火を点けて、火傷をさせて、その所へ唐辛子味噌をつけて、悩ましけり。
ある日、木にて船を作り居たるに、狸、来たりける


【ざっくり現代語訳】

火をつけ、火傷をさせ、さらにその傷に唐辛子味噌をつけて、苦しめました。

ある日、ウサギ木で船を作っている所にタヌキがやってきました。


【解説】

すぐにトドメをさせばいいのに、死なない程度に火傷をさせて、その傷に唐辛子味噌を塗り込むなんて、ウサギドSですね(笑)
そんな酷い目に遭わされたのに、懲りずにウサギにまた会いに行くタヌキドMですよね(笑)
ま、まさか、『カチカチ山』ってSM小説???(笑)

なんか、唐辛子味噌を塗られんとしてるタヌキの顔が妙に嬉しそうですし、木の船を作るウサギを見る目も優しげですし、タヌキさんウサギさんのことが好きだったのでしょうか?(笑)
男同士だから男色小説でもありますか???(笑)

 

f:id:KihiminHamame:20180409224911j:plainf:id:KihiminHamame:20180409224920j:plain

翻刻
ゆへつちにて◆ふねをつく◆
りけるに◆たちまち◆
できた◆るゆへ◆
うさぎ◆とたぬ◆きわ

それをうみに◆おろして◆
こぎゆきしに◆たぬきのふね◆
わつ◆ちなる◆ゆへ◆みづに


【現代語表記】
故、土にて船を作りけるに、忽ち出来たる故、兎と狸はそれを海に降ろして、漕ぎ行きしに、狸の船は土なる故、水に


【ざっくり現代語訳】

そこで、ウサギタヌキのために土で船を作ると、すぐに出来たので、ウサギタヌキは船を海に降ろして、出航しました。

タヌキ船は土なので、海水に


【解説】

ウサギ凶器は船の[ろ]のようですね。

「好きな人に殺されるのなら本望」とでもいう感じの穏やかな表情で、タヌキは海に落ちています(笑)

 

f:id:KihiminHamame:20180409225141j:plainf:id:KihiminHamame:20180409225150j:plain

翻刻
ぬれてくづれ◆けるゆへたぬ◆
きわうミへ◆おちける◆
をうさ◆き[?]はたぬき◆をうち◆
ころしけるめでたし/\/\

明治廿一年九(五×)月十日印刷
同 廿一年九(五×)月十七日出版
著作印刷兼発行者
 日本橋区吉川町五番地
    堤 吉兵衛


【現代語表記】
濡れて崩れける故、狸は海へ落ちけるを兎は狸を打ち殺しける。
めでたし、めでたし、めでたし。


【ざっくり現代語訳】

濡れて崩れてしまいました。

そして、タヌキに落ちた所を、ウサギは打ち殺したのでした。

めでたし、めでたし。


【解説】

タヌキウサギのゆがんだ愛情を描いた、SM男色小説、これにて終了です。
あ、ほんとは純粋に子ども向けの絵本ですので、真に受けないでくださいね(笑)

ご丁寧にウサギ[かみしも]を着て挨拶している絵で終わりなのですね。

それにしても、堤吉兵衛という方、作・印刷・出版、すべて一人でこなしてらっしゃったのですね!
「明治廿一年」「明治二十一年」のことです。
を消してに書き直してありますが、諸事情で出版が延びたのか、単に描き間違えただけなのか???

江戸時代『カチカチ山』絵本としては、あと、『昔々御存知の兎』がネット上では見れますのでご参考まで。
124.33.215.236

 

ねえねえ、僕のブログの名前は「三つ目のトリプルアイ通信」っていうのはどう?

なんだか、カッコよさげだけど、意味わかんないよ。

なに勝手に話を進めてんだよ! このブログ終わんないよ! プンスカ!

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 

◆オススメ書籍

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 私もちょっとだけ書いてます♪

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)

広告