うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

お爺さんは山へ行き、カラスはスズメをいじめます。~『大鳥毛庭雀』(『舌切り雀』)その1~

今回は、id:happy-ok3 さん「スズメのお話」と、ColdSnap (id:ColdSnap) さん「本当はこうだった昔ばなし」というリクエスにお応えするよ!

スズメの昔話と言えば、やっぱり『舌切り雀』が一番有名ですかね。

国会図書館デジタルコレクションで、『舌切り雀』江戸時代の絵本をいくつか見ることが出来ます。
国立国会図書館デジタルコレクション - 徃昔舌切雀
国立国会図書館デジタルコレクション - 舌切雀

国会図書館デジタルコレクションは、PCからじゃないと見辛いのが難点ですが、左の「書誌情報」の下の「詳細レコード表示にする」という所をクリックすると、実はあらすじがご覧になれます。

見てみると、上の二つの作品は、知ってる『舌切り雀』のお話とさほど違いはないみたいですね。

それじゃあ、つまんないので、ほかにいいのがないかと探してみたら、よさげなのがありました♪

国立国会図書館デジタルコレクション - 大鳥毛庭雀 2巻

「詳細レコード表示にする」クリックしてもあらすじが書かれていないので、これならネタバレもしませんね(笑)

パッと見た感じも何か普通の『舌切り雀』とは違うっぽいです♪

タイトルも『舌切り雀』ではなく、『大鳥毛庭雀』ですし♪

というわけで、『大鳥毛庭雀[おおとりげにわすずめ](明和5[1768]年刊・観水堂丈阿作・富川房信画)を今回から読んで行こうと思います♪

例のごとく、最後まで読んでから更新していくわけではなく、読みながら更新して行くので、ひょっとしたら、あまりおもしろくない作品かもしれませんが、どうぞ最後までおつきあいくださいませ♪

f:id:KihiminHamame:20180623224302j:plain
※当ブログでは、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して利用しています。

本文


f:id:KihiminHamame:20180623224507j:plainf:id:KihiminHamame:20180623224500j:plain


f:id:KihiminHamame:20180623224531j:plainf:id:KihiminHamame:20180623224526j:plain

翻刻

むかしあるかたいなかに 正じきなるぢゝばゞ
有けりまい日山へ行てたきゞ かりて
かへり◆けるが

ある朝からす◆子すゞめををつ◆かけ廻り◆しを◆
見つけ◆すゞめ◆を◆たす◆けんと◆思ふ

【現代語表記】

昔、ある片田舎に、正直なる爺と婆有りけり。
毎日山へ行きて薪[たきぎ]刈りて帰りけるが、ある朝、烏、子雀を追っかけ廻りしを見付け、「雀を助けん」と思う。

【さっくり現代語訳】

、あるド田舎に、正直者ジジババが住んでいました。

ジジ毎日を取っていました。

あるからの帰りに、カラス子スズメを追っかけまわしているのを見つけたので、ジジは「スズメを助けてやろう!」と思いました。

【解説】

昔話典型で、お爺さんお婆さんが出てきます。

これまた典型で、お爺さん山へ芝刈りに行くわけです。

それにしても、この頃からカラス悪者扱いだったみたいですね。

ジジのセリフ

f:id:KihiminHamame:20180623224702j:plainf:id:KihiminHamame:20180623224656j:plain

f:id:KihiminHamame:20180623224714j:plainf:id:KihiminHamame:20180623224708j:plain

翻刻

からすに◆けられ◆たら萑か◆をちよふ

たすけて◆やらふそ◆まて/\

【現代語表記】

「烏に蹴られたら、雀が落ちよう。
助けてやろうぞ。待て、待て。」

【さっくり現代語訳】

カラスに蹴られたら、スズメが落ちてしまうではないか!

助けてやるから待っておれ!」

【解説】

「萑」は本来、「スズメ」とは読まない字なんですけど、どうもこの頃「雀」とごっちゃで使われていたみたいです。

さてさて、お爺さんはどうやってスズメを助けるのでしょうか?

というか、今の『舌切り雀』のお話は、ケガをしていたスズメを助けるんでしたっけ?

ちなみに、「丸小」というのは出版者の名前[丸屋小兵衛]です。

次回予告とくずし字クイズ

f:id:KihiminHamame:20180623224838j:plain

ちなみに、この女性ババじゃなくて、隣の奥さんです(笑)

現代と異なる仮名「か(可)」しか使われていないので、簡単です♪

三つ目コーナー

宇治拾遺物語「腰折れ雀」[「雀報恩の事」]ってお話が、『舌切り雀』原型の一つなんだよ。

ねえ、ねえ、カツラ植毛、どっちがいいかな?

腰を折るんじゃねえ!

 

  

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪ NEW!

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)