うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

「菊花の約」(『雨月物語』)は男色物???

だいぶ前にですね、雨月物語男色を扱っている「菊花の約[ちぎり]「青頭巾」はしっかりめに読んだんですよ。

なんか、とある所では、私が男色文学研究という肩書きになってることがあるんです。
自分では近世文学研究家だと思ってるんですけどね。

男色文学だけを研究してるわけじゃないんですけど、まあいいか(笑)

話が逸れました。

「菊花の約」に関しては、研究者や研究書によっては、男色の話だとは断じてない場合もあるみたいですが、実際はどうなのでしょうか???

主人公名前は、「丈部左「赤宗右衛門」といいます。

主人公二人再会約束する重陽節句[ちょうようのせっく][九月九日]節句とも呼ばれ、それがタイトルにもなっています。

「門」「穴」そして「菊」と、どうもオチリの穴連想させるワードがちりばめられているんですよねえ。

しかも「重節句意味深な気がするんですよ。

だって物」ってオティンティンを意味する言葉なんですよ。

「陽物くらべ」って絵巻もあるくらいです。

つまり、重陽「陽物を重ねる」って意味にも取れるのです。

あ、みんな、ページを閉じないで!

これでも、真面目な分析ですから!

ほら、肛○とかじゃなくて、カワイイ表現に変えてるから許して!

え?上田秋成[『雨月物語』の作者]はこんな下品なこと考えない気がするって???

でもねえ、秋成『胆大小心録』(23)というエッセーで、不二谷千右衛門という人物について、

「女ずきで、腎虚火動で、ほへほへしなれた」
[女好きでチョメチョしすぎて、アレが使い物にならなくなった]

って下品な事も書いてるんで、なきにしもあらずかなと。。。

またもや話が逸れました!

では、今回から取り上げる「青頭巾」男色描写はどうなのでしょうか?

それは読みながら考えて行きましょう♪

あ、「青頭巾」は別に男色メインの話じゃなかったかも、てへぺろ

次回予告とくずし字クイズ

f:id:KihiminHamame:20180719005537j:plain

※この記事では、霞亭文庫の画像を適宜改変して利用しています。
霞亭文庫書誌詳細
※画像はクリックすると拡大します。

ヒントっ!

f:id:KihiminHamame:20180719005549j:plain

輪香奈@9/9ソロデビューシングル発売

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪ NEW!

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告(by 忍者AdMax)をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)