うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

殿の小姓に手を出したばっかりに ~『男色比翼鳥』巻1の2 その4~

『男色比翼鳥』巻1の2続きだよ♪

取り上げて欲しい作品やテーマは引き続き募集中だよ!

f:id:KihiminHamame:20180928120600j:plain

f:id:KihiminHamame:20180928120604j:plainf:id:KihiminHamame:20180928120607j:plain
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。
男色比翼鳥 6巻. [1] - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻

折しなければうちすぎぬ我々三人かく浪(らう)人したる
事若道をすけるゆへ殿の御目をくらまし御小
性と不義(ふぎ)あらわれすてに御手討にも成べき所に
御情をもつて命をたすかりあるにかいなき浪人姿(すかた)
さりとハ無念こつづいに通り今千日くゆれどかいなし
抑/\此おこりを考(かんがへ)見るに人にすぐれ衆道に浮身を
なやまし昼夜(ちうや)大酒に我をわすれ人をないかしろ
にし我まゝのふるまい立所に天ばつあたりし也さる
によつて今改女道にかたむき妻もつて朝夕(ちやうせき)是を
たのしむ然るに貴殿古しへにひとしく男色のう
わき成心表にあらわれ見ぐるしき額(がく)などかけ置
事身を持ものハ笑(わろふ)へしいそいで心底を引かへたまへと云も

赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

【現代語表記】

折し無ければ打ち過ぎぬ。
我々三人、かく浪(ろう)人したる事、若道を好ける故、殿の御目を暗まし、御小姓と不義(ふぎ)表れ、既に御手討にも成るべき所に、御情けを以て命を助かり、有るに甲斐無き浪人姿(すがた)。
さりとは無念骨髄(こつずい)に通り、今千日悔ゆれど甲斐なし。
抑々(そもそも)此の起こりを考(かんが)え見るに、人に優れ、衆道に浮き身を悩まし、昼夜(ちゅうや)大酒に我を忘れ、人を蔑(ないがし)ろにし、我が儘(まま)の振る舞い、立ち所に天罰当たりしなり。
さるによって、今、改め、女道に傾き、妻持って朝夕(ちょうせき)是を楽しむ。
然るに、貴殿、古(いにしえ)に等しく男色の浮気成る心、表に現れ、見苦しき額(がく)など掛け置く事、身を持つものは笑(わろう)べし。
急いで心底を引き換え給え」と言うも

【さっくり現代語訳】

[この件に関して、あなたに逢ったら話そうと思ってはいましたが、]中々その機会が無くて時が過ぎてしまいました。

我々三人がこうして浪人となったのは、若衆が好きだったからです。

殿の目を盗んで小姓チョメったのがバレて、本来ならすぐにお手討になるべき所を、殿お情けでだけは助けていただいたのですが、懲戒免職になって、生きてる価値もないような浪人姿となったのです。

いやはや、無念が骨髄まで染み入る思いです。

千日の間悔やみましたが、今となってはどうしようもありません。

そもそも、どうしてこうなったか考えると、人よりちょっとばかし容姿とかが優れているからと調子に乗って、衆道[男色]にのめり込んでしまい、その上、前後不覚になるまで大酒を飲んだくれたり、人を小バカにしたり、やりたい放題していたので、すぐさま天罰が下ったのです。

なので、今は改心して女色に転向し、を持って朝晩愛でて楽しんでいます。

それなのにあなたは昔と同じように男色に現(うつつ)を抜かして、みっともないを掲げているので、所帯を持つ者は鼻で笑いますよ。

すぐに心を入れ替えなさいませ。」

と言い

【解説】

しかしまあ、イケメンなら何をしても許されるのか、やりたい放題だったようですが、殿の小姓に手を出すというのは、さすがに超えてはいけない一線だったわけで。。。

小姓と言うのはお殿様のお側で仕えている少年です。

もちろん、夜のお世話もしました(いやん)。

その小姓に手を出すなんて言語道断です!

手討ち切腹になって当然の行為なのに、ほんと、優しいお殿様で良かったのやら、悪かったのやら。

「天罰が下った」とか言ってますが、単なる自業自得ですよね(笑)

文殊、こんなとんでもない連中二人の少年を任せて大丈夫なのかしらん?

で、浪人なったのは男色のせいだから女色に転向したと、市川源蔵と山田半平は言っているわけですが、奥村幸手の言い分はいかに?

次回予告とくずし字クイズ

f:id:KihiminHamame:20180928120814j:plainf:id:KihiminHamame:20180928120820j:plain

三つ目コーナー

男色にするか女色にするか悩むよー。

どっちにもモテないから悩む必要はないよ。

   

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪  NEW!

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告(by 忍者AdMax)をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w