うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

灯り無し蕎麦 ~野久知橘筵作・歌川国輝画『本所七不思議』 その5~

明治時代の浮世絵の『本所七不思議』続きだよ!

僕の頭は何もしなくても光ってるよ!

Kuniteru Honjo-nana-fushigi Akarinashisoba.jpg
By 歌川国輝 (3代目) - scanned from ISBN 4-3097-6096-4 Invalid ISBN., パブリック・ドメイン, Link
野久知橘筵作・歌川国輝画『本所七不思議』(明治十九[1886]年刊)
※ Wikipediaの画像を表示しています。
※ 早稲田大学図書館のホームページで高画質のものがご覧いただけます。
本所七不思議之内 / 昇旭斎国輝 画

翻刻

本所七不思議之内 無燈蕎麥(あかりなしのそば)

北斗(ほくと)の光(ひか)り赫奕(かくやく)と肌(はだ)さへ氷(こほ)る冬(ふゆ)の宵(よひ)
淋(さび)しさ透(さそ)ふ寒念佛(かんねぶつ)ゾツト身(ミ)に染(し)む
小夜嵐(さよあらし)往来(ゆきゝ)も稀(まれ)な割下水(わりげすい)橋(はし)の上(うへ)をハ
つく枎(つへ)に聲(こへ)も哀(あわ)れに聞(きこ)えぬるあんまァ
上下(かみしも)十六攵是(これ)も二八と筆太(ふでぶと)に手打(てうち)
蕎麥切(そばきり)うんどんと書(か)く行燈(あんどう)に燈火(ともしび)を
附(つ)けぬを例(れい)となせるよし燈(とも)せば忽然(たちまち)
消(け)すものありて皿(さら)に油(あぶら)のけもなきとか
誰(た)がいたづらと云(い)ふを知(し)らず押(おし)して燈(ともせ)ハ
消(き)ゆる而己(のミ)か果(はた)して家(いへ)に凶事(きよじ)あると
語(かた)り傳(つた)へしあかりなしの蕎麥店(そばや)

野久知橘莚撰

【現代語表記】※ 振り仮名の一部は省略しました。

本所七不思議の内 無灯蕎麦(あかりなしのそば)

北斗の光り赫奕(かくやく)と、肌さえ氷(こお)る冬の宵(よい)、淋(さび)しさ透(さそ)う寒念仏(かんねぶつ)、ぞっと身に染(し)む小夜嵐(さよあらし)、

往来(ゆきき)も稀(まれ)な割下水(わりげすい)、橋の上をば突く枎(つえ)に声も哀れに聞こえぬる、「按摩(あんま)ぁ、上下(かみしも)十六文」、是(これ)も二八と筆太(ふでぶと)に手打ち蕎麦切(そばきり)饂飩(うんどん)と、書く行灯(あんどう)に灯火(ともしび)を、附(つ)けぬを例(れい)と為(な)せる由(よし)、

灯(とも)せば忽然(たちまち)消す者有りて、皿に油の気(け)も無きとか、誰(た)が悪戯(いたずら)と言うふを知らず、


押しして火(とも)せば消ゆるのみか、果(は)たして家に凶事(きょじ)あると、語り伝えし灯(あか)り無しの蕎麦店(そばや)。

野久知橘莚(のぐちきつえん)撰(つく)る

【さっくり現代語訳】

本所七不思議の内 灯り無しの蕎麦(あかりなしのそば)

北斗七星が光り輝き、まで凍る冬の宵に、寒念仏(かんねぶつ)[寒中に念仏を唱えて回る修行]が寂しさを誘います。

夜の嵐の冷たさがぞっとに染み、行き交うも少ない割下水(わりげすい)橋の上を、盲人(もうじん)を突いて「按摩(あんま)はいかがですか~、全身揉んで十六文です~」という哀れに聞こえます。

その割下水沿いに、「二八(按摩と同じ二×八の十六文)、手打ち、そば、うどん」太い筆で書かれた行灯(あんどん)に、いつも灯りがついていない店が出ています。

灯りつけてもすぐに誰か消してしまい、そもそも行灯の皿がある気配もないそうです。

誰かのイタズラなのかどうかも分かりません。

なお、無理矢理灯りをつけると、火が消えるだけでは済まず、灯りをつけた者の家悪いことが起こると語り伝えられています。

これが灯り無し蕎麦屋と呼ばれる怪異です。

野久知橘莚(のぐちきつえん)作

【解説】

挿絵行灯には「二八、そば、うんどん」と書かれています。

行灯の上タヌキが乗っているので、タヌキの起こす怪異ということでしょうか?

行灯灯りつけると、悪いことが起きるそうですが、どの程度の悪いことなんですかね?

どちらにしても、実害が出る怪異なので、行灯に灯りがついていないそば屋を見かけてもスルーで!

江戸時代の本所の地図ドン!

f:id:KihiminHamame:20181203015043j:plain
〔江戸切絵図〕. 本所絵図 - 国立国会図書館デジタルコレクション

※ 国会図書館デジタルコレクションの画像を適時改変して使用しています。

割下水「送り拍子木」の所でも出てきましたね。kihiminhamame.hatenablog.com

割下水があるのは丸印の箇所です。

横川よりにも割下水は続いていますが、その辺りは錦糸堀(きんしぼり)と呼ばれていたようなので、この怪異が起きる範囲からは外れてるのではないかと。

錦糸堀についてはまた改めて。

三つ目コーナー

そばうどん、どっちが好き

蕎麦(そば)かな、だって、君の側(そば)にいたいから♪

(激しく動揺)

    

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆クリック報酬型広告(by 忍者AdMax) ご協力お願いします♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w