うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

キツネの恋わずらい ~『玉水物語』その3~


f:id:KihiminHamame:20190125160041j:plainf:id:KihiminHamame:20190125160045j:plain
f:id:KihiminHamame:20190125160050j:plainf:id:KihiminHamame:20190125160055j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

姫君かへらせ給ひぬれハきつねもかくて在へきことならす
とおもひて我つかへそかへりけるつく/\とざぜんして
身の在様をくわんするに我先のよにいか成つミのむくひ
にてかゝるけたものと生れけんいつくしき人を見そめ
奉りておよハぬ恋ちに身をやつしいたつらにきへうせ
なんこそかなしけれと打あんしさめ/\とうちなき
てふしおもひけるほとによき人にはけて此姫君に
逢奉らハやと思ひけるかまたうちかへしおもふよう
我此きミにあひ奉らハかならす御身徒に成給ひぬへし
ちゝはゝの御なけきといひ世にたくひなき御有さま成

をいたつらになし奉らんこと御いたハしくとやかくやと
思ひミたれてあかし暮しけるほとにゑしきをも
ふくせねハ身もつかれてそふしくらしけるもしや
またも見奉るとかの花そのによろほひ出れハ人に
見られ有るハつふ手をおひ有るハしんとうをいかけ
られいとゝ心をこかしけるこそ哀なれなか/\に
露霜とも消やらぬ命物うく思ひけるかいかにして
御側ちかく参りて朝夕見奉り心をもなくさめハやと思ひ
めくらして在さい家のもとにおのこハかりあまたありて
女子をもたて多き子共の中に獨女ならましかハと

赤字が前回の予習の答えです。

【現代語表記】

姫君帰らせ給いぬれば、狐も「かくて在るべき事ならず」と思いて、我が塚へぞ帰りける。
つくづくと座禅して身の在様(ありさま)を観(かん)ずるに、
「我、先の世に如何(いか)成る罪の報(むく)いにて、かかる獣(けだもの)と生まれけん。
美(いつく)しき人を見初(そ)め奉(たてまつ)りて、及ばぬ恋路に身を窶(やつ)し、徒(いたずら)に消え失せなんこそ悲しけれ」
と打ち案じ、さめざめと打ち泣きて伏し思いける程に、
「良き人に化けて此(こ)の姫君に逢(あ)い奉らばや」
と思いけるが、また打ち返し思う様(よう)、
「我、此の君に逢い奉らば、必ず御身徒(いたずら)に成り給うべし。
父母の御嘆(なげ)きと言い、世に類(たぐい)無き御有様成るを徒(いたずら)為(な)し奉ること、御労(いたわ)しく」
兎(と)や角(かく)と思い乱れて明かし暮しける程に、餌食(えじき)をも服せねば、身も疲れてぞ伏し暮らしける。
「もしや、またも見奉る」とかの花園に蹌踉(よろぼ)い出れば、人に見られ、有るは飛礫(つぶて)を負い、有るは神頭(じんどう)[矢の先に付ける矢尻の一種]を射掛けられ、いとど心を焦がしけるこそ哀れなれ。
中々に露霜(つゆじも)とも消えやらぬ命、物憂く思いけるが、
「如何(いか)にして御側(そば)近く参りて朝夕見奉り、心をも慰(なぐさ)めばや」
と思い巡らして、在(あ)る在家(ざいけ)の元に男子(おのこ)ばかり数多(あまた)ありて、女子(おなご)を持たで、「多き子供の中に独り女ならましかば」と

【さっくり現代語訳】

 姫君がお帰りになったので、キツネも「こんなことしてちゃいけない」と思って自分の巣に帰りました。
キツネは邪念を払おうと座禅に打ち込むものの、
前世でどんなを犯したせいで、こんなケダモノに生まれ変わってしまったのだろうか。
 美しい人一目惚れをしても、所詮(しょせん)ケダモノには叶わぬ恋なので、思い慕うことしかできないままやせ衰え、この世から儚(はかな)くも消え失せてしまうかと思うと、悲しくて仕方がない」
 と自分の身の上を恨んで嘆き、しくしくと泣いて突っ伏すのでした。
 そして、ふと、
イケメン化けてこの姫君にお会いすれば良くね?」
 と思いましたが、考え直して、
「いやいや、もしがこの姫君と結ばれてしまったら、ケダモノと交わったせいで姫君お体は汚(けが)れてしまうことでしょう。
 姫君がまたとない美貌をお持ちで、ふさわしい宮仕えお輿(こし)入れがなされるはずだったのに、のせいでそれが全てパーになってしまい、ご両親もお嘆きになるかと思うと、申し訳なくて」
 と、なんだかんだ狂わんばかりに、エサも食べれないくらい思い詰め、すっかり衰弱して寝込んでしまいました。

「ひょっとしたら、またお目にかかれるかもしれない」
 と、弱ったを起こして何とか例の花園にヨボヨボとよろめきながら出かけて行くこともありましたが、姫君にお目にかかれないばかりか、に見つかってしまい、ある時はを投げられ、ある時はを射られる始末。
 キツネはただただ激しく恋焦がれることしかできず、その様子はそれはまあ哀れなものでした。
 露や霜のように簡単には消えてしまわないので、キツネは辛くて仕方ないのですが、
「なんとかして、姫君お側近くに仕え、朝晩そのお姿拝見するだけでも、心の慰(なぐさ)めにはなるだろう」
 と色々と思案をめぐらせました。
 ある町の家で、男の子ばかりたくさんいて、女の子がいないので、「こんだけ多い子供の中に、一人でも女の子がいればなあ」と、

【解説】

なるべく忠実そうとは思ってるのですが、それだとつまんないばかりか、わかりにくいので、ちょっと大胆しております♪

キツネの激しい恋わずらいです。

このキツネ前世人間だったようです。

だから人間をしてしまったのですね。

百合系の話だと話題になっていたのですが、このキツネたぶんオスですよね。

当時の女の人座禅組まないでしょうし。

姫君将来を考えて自分欲望を満たすのをためらう、理性を持ち合わせた立派なキツネのようです。

次回の予習

キツネ特技を生かしたようです。

f:id:KihiminHamame:20190125160349j:plainf:id:KihiminHamame:20190125160353j:plain

三つ目コーナー

僕も北見花芽のことを思うと、食事がのどを通らないよ。

さっきラーメン・チャーハン・餃子セット大盛りを完食してたよね。

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆クリック報酬型広告(by 忍者AdMax) ご協力お願いします♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w