うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

キツネは娘に化けました ~『玉水物語』その4~


f:id:KihiminHamame:20190130022921j:plainf:id:KihiminHamame:20190130022925j:plainf:id:KihiminHamame:20190130022931j:plainf:id:KihiminHamame:20190130022936j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

朝夕歎くを便りにて年十四五の容(かたち)あさやか成をんな
にはけてかのいへにゆき我ハにしの京のへんにあり
しもの也むゑんの身となりたのむ方なきまゝにあし
にまかせて是まてまよひ出ぬれとゆくへき
かたもおほへねハたのミたてまつらんといふあるしの
女ほううち見ていたハしやたゝ人ならぬ御すかたに
ていかにして是まてまよひ出給ひけんおなし
くハわれをおやとおもひ給へおの子ハあまたさふらへ
とも女子をもたねハ朝ゆふほしきにといふさよふ
の事こそうれしけれいつこをさして行へき

かたもあらすといへハなのめならすよろこひていと
おしミおき奉るいかにしてさもあらん人に見せ
奉らハやといとなみけるされとこのむすめつや/\
うちとくるけしきもなくおり/\ハうちなきなとし
給ふゆへもし見給ふ君なと侍らハゝわれにかくさす
かたり給へとなくさめけれハゆめ/\さやうの事ハ侍
らすうき身のめさましくおほへてかく結ふれたる
さまなれハ人にみゝゆることなとハおもひもやらす
たゝうつくしからん姫きみなとの御そはに侍りて
御宮つかへ申度侍るやといへハよき所へ有つき奉

赤字が前回の予習の答え。

【現代語表記】

朝夕嘆くを便りにて、年十四、五の容(かたち)鮮やか成る女に化けて、彼(か)の家に行き、
「我は西の京の辺に在(あ)りし者也。無縁の身と成り、頼む方無きままに足に任せて是まで迷い出でぬれど、行くべき方も覚えねば、頼み奉らん」と言う。
主(あるじ)の女房打ち見て、「労(いたわ)しや、只(ただ)人ならぬ御姿にて、如何(いか)にして是まで迷い出で給いけん。同じくは我を親と思い給え。男子(おのこ)数多(あまた)侍(そう)らえども、女子(おなご)を持たねば、朝夕欲しきに」と言う。
「左様(さよう)の事こそ嬉しけれ。何処(いずこ)を指して行くべき方もあらず」と言えば、斜(なの)めならず喜びて、愛(いと)おしみ置き奉る。
「如何(いか)にしてさもあらん人に見せ奉らばや」と営(いとな)みける。
されど、この娘、つやつや打ち解くる気色も無く、折々は打ち泣き等(など)し給う故(ゆえ)、「もし見給う君等(など)侍(そうら)わば、我に隠さず語り給え」と慰めければ、
「努々(ゆめゆめ)左様の事は侍(はべ)らず。憂き身の目覚ましく覚えて、かく結ぶれたる様なれば、人に見々(みみ)ゆる事等(など)は思いも遣(や)らず。只(ただ)、美しからん姫君等(など)の御側に侍(はべ)りて、御宮仕え申し度(た)く侍(はべ)るや」と言えば、
「良き所へ有り付き奉

【さっくり現代語訳】

 ちょうどその時、男の子ばかりたくさんいて、女の子がいないがあり、
「こんだけ多い子供の中に、一人でも女の子がいればなあ」
 と、家の者が朝晩嘆いていることを、風の噂で聞きつけました。
 そこでキツネは、十四、五歳の美女に化けて、そのに行き、
西の方に住んでいた者ですが、身寄りを失ってしまい、頼る人もいないのでどうしようもなく、の赴(おもむ)くままに、ここまでさまよって来ました。
 路頭に迷ってしまったので、どうかここに置いていただけないでしょうか」
 と頼みました。
 この家の主人の女性は一目見て、
「ああ、おかわいそうに。
 どうやら普通のお方ではないようにお見受けしますのに、どうしてここまでさまよって来るハメになったのでしょうか。
 どうぞ、いっそのこと、のことをだと思って、ここで暮してくだされ。
 このには、男の子はたくさんいるのですが、女の子がいないので、朝晩、女の子が授かるよう祈っていたのです」
 と言いました。
「そう言っていただいて嬉しゅうございます。
 にはどこにも行くあてもございませんので」
 とキツネが化けた娘が言うと、女主人はとても喜んで、大切に世話をしました。

 そして、
「なんとしてでも、このお方にふさわしい結婚相手を見つけてさしあげねば」
 と張り切るのでした。
 しかし、この娘は、どういうわけか、この家で気楽にくつろぐ様子もなく、泣いていることさえあるのです。
 なので、女主人は、何か言えない事情があるのではないかと思い、
「もし、お慕いする殿方などがいらっしゃるのでしたら、どうぞに包み隠さずお話しください」
 と、優しく尋ねました。
 すると、は、
「全くそのようなことはございません。
 思う様にならず辛いことばかりだった自分の身の上が嫌になり、このように物思いにふけってしまうのです。
 ですので、どなたか結ばれたいなどとは、全く思ってもいません。
 はただ、美しい姫君などお側近くで、ご奉公をしたく思っているのです」
 と答えました。
良い方との縁組をしてさしあげたい

【解説】

直接姫君お屋敷に行けば良いと思うのですが、キツネ女の子を欲しがっている普通の民家に潜り込むことにします。

キツネは上手いこと、いかにも高貴な由緒正しき様子の化けたようで、女主人は一目で気に入ってしまいます。

って女主人少し無防備過ぎやしないかしら。

それにしても、この家の主人女性なのですね。

この時代のことですから、女主人通い婚で、この家には住んでいなかったのでしょうか?

次回の予習

どうやらキツネ思い通り奉公先紹介されたようです。

f:id:KihiminHamame:20190130023205j:plainf:id:KihiminHamame:20190130023210j:plain

三つ目コーナー

美女化けよっかな♪

(ちょっとだけ期待

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆クリック報酬型広告(by 忍者AdMax) ご協力お願いします♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w