うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

病人を殺せば、来世もまた畜生に生まれ変わりますよ ~『玉水物語』の17~


f:id:KihiminHamame:20190524220825j:plainf:id:KihiminHamame:20190524220836j:plain
f:id:KihiminHamame:20190524221028j:plainf:id:KihiminHamame:20190524221033j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

さしたるとかもなきにころしたれハなとか思ひしらせ
さらん我も此むすめをなやましいのちをとりて思ひ
をさせんとおもふ也とかたる玉水ことハりなれとしゆ
しやうむしやくしやうけじやうほんとなつけたりさり
なからこうにひかれて六とうにまよふつミによりても
とのさんつにかへる事身より出せるほのほ也われらち
くるい也いまたこうゐんさかん也しかりといへともぜん
こんをもせハなどこんと人たいを受さるへき又人たひハ
佛のたい也心たかハすハなとかこんとほとけになら
さるへきいくほとあらぬ世中に一たんのねんに引れ

て忽に此病者をうしない給ハゝかのつみといゝまた多
くの人のなけきを受給ひなん何事もむくいのもの
成ハさあらハりやうしの手にもかゝり給ふかさらすハ
さんつにかへり給ハん事のはかなさよたゝしかるへき
ハ立のきてたすけ給へといへハふるきつねめを見
いたして申やう人かひに生るゝ物佛のをしへによりて
なりされハ佛もたひ/\げんして忽に人の命をも
たち給ふ我におこすつミならすかれらかまねくさい
成ハゆめ/\身にあやまちなしひめもすにさぜん
くふうをして我心を見るに心に種なしりを

赤字が前回の予習の答え。

【現代語表記】

さしたる科[咎](とが)も無きに殺したれば、などか思い知らせざらん。
我も此の娘を悩まし、命を取りて思いをさせんと思う也」
と語る。玉水、
「理(ことわり)なれど、衆生無着証(しゅじょうむじゃくしょう)[?]化城品(けじょうほん)[※法華経の一節]と名付けたり。
さりながら、業(ごう)に引かれて六道に迷う罪に拠(よ)りても、元の三途に帰る事、身より出せる炎也。
我等畜類也。未だ業因(ごういん)盛ん也。
然(しか)りと言えども、善根をもせば、など今度人体を受けざるべき。
又人体は仏の体也。
心違(たが)わずば、などか今度は仏にならざるべき。
幾程(いくほど)あらぬ世中に一旦の念に引かれて、忽(たちま)ちに此の病者を失い給わば、かの罪と言い、また多くの人の嘆きを受け給いなん。
何事も報いの物成れば、さあらば、猟師の手にも掛かり給うか、さらずば、三途に帰り給わん事の儚(はかな)さよ。
ただ然(しか)るべきは、立ち退(の)きて助け給え」
と言えば、古狐、目を見出して申す様(よう)、
「人界に生まるる物、仏の教えに拠りてなり。
されば、仏も度々現じて、忽ちに人の命をも断ち給う。
我に起こす罪(つみ)ならず、彼らが招く罪(ざい)成れば、努々(ゆめゆめ)身に過(あやまち)ち無し。
終日(ひめもす)に座禅工夫して我が心を見るに、種無し。理(り)を

【さっくり現代語訳】

 この病人の父は、ワシの大事な子を、これと言った悪さをしたわけでもないのに、殺しやがったので、復讐してやるのじゃ!
 ワシもこの病気にして殺し、こいつのに思い知らせてやるのじゃ!」
 と言いました。玉水は、
「お怒りになるのはごもっともですが、仏の教えを思い出してくだされ。
 もし、この病人を殺してしまったら、死後にそのを裁かれ、また畜生(ちくしょう)[ケダモノ]に生まれることになってしまいますが、それは自業自得と言うものです。
 私たち畜生です。まだ、前世を償(つぐな)っている最中です。
[※仏教の教えでは、前世での行いによって、来世で何に生まれるか決まる]
 しかしながら、現世善(よ)い行いを重ねれば、今度は人の体に生まれ変わることができましょう。
 また、人の体仏の体でもあります。
 正しく生きれば、今度はにもなることができるのです[成仏できるのです]
 もう生い先も短いのに、一時の感情に任せて、ただちにこの病人殺してしまったら、人殺しだけでなく、病人が亡くなったことによる多くの人の悲しみや恨みを、伯父様は受け止めねばならぬのですよ。
 何事も犯したは返ってくるもので、伯父様はおそらく猟師に撃たれたりして酷(ひど)い死に方をするでしょう。
 それだけでなく、人殺しの罪によって、また畜生に生まれ変わることになるでしょうから、なんとまあ愚かなことでしょう。

 悪いことは言いませんから、すぐにここから立ち去って病人を助けなされるのが良いでしょう」
 と諫(いさ)めました。
 すると伯父は目をひんむいて、
人間の世界に生まれた者どもは、仏の教えが支配している。
 なので、もちょくちょく人間の世界にやってきて、悪さをした人間を奪ってしまわれる。
 今回の件も、ワシを犯しているわけではなく、奴ら自ら招いた罪による仏の罰なので、全くワシには非の打ち所がないというわけじゃ。
 一日中座禅をして、自分の心の中を見てみた所、心の種というものはなかった。
 真理というものを

【解説】

 現代語訳仏教用語はなるべく出さずにわかりやすくしましたが、一応、本文に出てくる「六道」「三途」説明をしておきますね。
 六道というのは、天道・人間道・修羅道畜生道・餓鬼道・地獄道のことで、業(ごう)[前世での行い]によって、死後、この六つの道のいずれかに生まれ変わります。
 その中で、三途というのは、畜生道・餓鬼道・地獄道のことで、悪行をしたものが生まれ変わる道になります。
 つまり玉水伯父は、前世で悪いことをしたから、キツネ[畜生]に生まれ変わったというわけです。
 どうも、このお話、百合系ではなく、仏教説話っぽくなってきましたね。
 玉水の言い分に従った方が良いと思うのですが、とりあえず、伯父の反論も聞きましょう。

次回の予習

伯父延喜の帝の話を出して反論するようです。

f:id:KihiminHamame:20190524221304j:plainf:id:KihiminHamame:20190524221308j:plain

三つ目コーナー

三つ目前世で何をして三つ目に生まれたんだろうね?

 

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆クリック報酬型広告(by 忍者AdMax) ご協力お願いします♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w