うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

迫る参内、去る玉水? ~『玉水物語』その20~


f:id:KihiminHamame:20190612010714j:plainf:id:KihiminHamame:20190612010718j:plain
f:id:KihiminHamame:20190612010724j:plainf:id:KihiminHamame:20190612010728j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

御所へそ帰りける
すてに霜月に成ぬれハ御内参りの御ぎしきめも
おとろく斗也女房達ワらハ三十人中にも此玉水をハ
中将の君になし給へて一の女房に定めらるされとも
是をいさましくも覚へすつねハ打しほれたるをいかにと
あやしミ給へハ何となく風の心ちなと云まきらハしいか様
にも物おほすらんかハかりへたてなく思ふをなとか心にこめ
ていひ出たまハさるらんかたりてもなくさみたまへ
かしとの給へハうちなきてつゐにハしろしめさる
へきことなれとも今ハかたりたてまつらしなからん

跡にもあハれとハ覚しめし出させよなと申
せハこゝろくるしうおほす御内まいりもちか
つくまゝに玉水つく/\と思ふやう我ちくるいと
いひなからちかつきまいりてちきり奉らんことハ
いたハしさにたゝかくなから見奉りそひたて
まつるに心をなくさめつる事のはかなさよ姫君
の御ミゝへハきかせ参らせハやとおもへとも今まて
しらせ奉らておもひの外におそろしとやおほさ
れんとても御内まいりあらハ其時こそまきれう
せめ我はけたりしすかたを今まて見つけられ

赤字が前回の予習の答え。

【現代語表記】

御所へぞ帰りける。
既(すで)に霜月に成りぬれば、御内参りの御儀式、目も驚く計(ばか)り也。
女房達、童(わらわ)、三十人、中に此の玉水をば中将(ちゅうじょう)の君に為(な)し給えて、一の女房に定めらる。
されども、是を勇ましくも覚えず、常は打ち萎(しお)れたるを、
「如何に?」と怪しみ給えば、
「何となく風の心地」など言い紛らわし、
「如何様(いかよう)にも物思(おぼ)すらん。
斯許(かばか)り隔て無く思うを、などか心に込めて言い出で給わざるらん。
語りても慰み給えかし」
との給[宣]えば、打ち泣きて、
「終(つい)には知ろし召さるべき事なれども、今は語り奉らじ。
亡からん跡にも哀れとは覚し召し出させよ」
など申せば、心苦しゅう思す。
御内参りも近づくままに、玉水つくづくと思う様(よう)、
「我、畜類と言いながら、近づき参りて、契り奉らん事は労(いたわ)しさに、ただ斯(か)くながら見奉り、添い奉るに、心を慰めつる事の儚(はかな)さよ。
姫君の御耳へは聞かせ参らせばやと思えども、今迄知らせ奉らで、思いの外(ほか)に恐ろしとや思されんとても、御内参りあらば、其の時こそ、紛れ失せめ。
我化けたりし姿を今迄見付けられ

【さっくり現代語訳】

(玉水は養母の家から)高柳様のお屋敷に帰ったのでした。
 もう十一月になったので、目が飛び出るほど豪勢な参内の儀式が行われました。
 お付きの女房子供たち三十人
 中でもこの玉水中将(ちゅうじょう)の君という名誉ある名称を与えられ、筆頭女房に任ぜられました。
 しかし、玉水はこれに奮起する様子もなく、ずっとションボリとしているのでした。
 姫君がこの様子を見て「どうされたのですか?」と不思議にお思いになるのを、玉水は「何となく風邪をひいたようでして」などとごまかすのでした。
 姫君は、
「一体、何をお悩みになっているのですか?
 はこんなにあなたフレンドリーに思っているのですから、悩み事は包み隠さずおっしゃって、スッキリなさってくださいませ」
 とおっしゃいました。玉水は涙を流し、
「いつかはお知らせしなければならない事があるのですが、それは死んだ後にでも聞いて、カワイソウニ、とでもお思いになってくだされば」
 などと申し上げるので、姫君はとても心配にお思いになったのでした。
 参内の日が近づくにつれて、玉水はよくよく考えました。
ケダモノにも関わらず、姫君一目惚(ぼ)れしてしまい、女房に化けてお近づき申し上げてしまった。

 さすがに姫君をたぶらかしてチョメチョメするのは申し訳なさすぎるので、姫君のお側でただこうしてプラトニックに見守り申し上げることで、自分の欲求を満たしていたのだが、なんとも虚(むな)しいことではないか。
 姫君私の正体白状せねばと思ってはいるのだが、これまでずっと騙さていたことを知ったら、姫君はとてつもなく恐怖にお思いになるだろう。
 この参内の時こそ、どさくさに紛れて、姫君の前から去るチャンスだ!
 それにしても、女房に化けていた事が、これまでバレなかったのが

【解説】

 さて、養母病気も無事解決、姫君参内が目前に迫ってきたようですが、玉水はこれを機に姫君の元から去ろう決心したようです。
 みなさんならどうなさいますか?
 玉水のように姫君の元から去りますか?
 去らずにこのままプラトニックラブを貫きますか?
 それとも我慢できずにチョメっちゃいますか?

次回の予習

玉水姫君に何やらを渡すようです。
f:id:KihiminHamame:20190612011440j:plainf:id:KihiminHamame:20190612011443j:plain

三つ目コーナー

まさか、三つ目も私の元から去る決心を?

わーい、やったー!

 

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆クリック報酬型広告(by 忍者AdMax) ご協力お願いします♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w