うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

玉水が手渡しする箱だから、玉手箱? ~『玉水物語』その21~


f:id:KihiminHamame:20190615011356j:plainf:id:KihiminHamame:20190615011400j:plain
f:id:KihiminHamame:20190618010023j:plainf:id:KihiminHamame:20190615011409j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

さりつるこそふしきなれと思ひめくらしてかせ
のこゝちとて我すむつほねにとちこもりはし
めよりおもひそめたてまつりし我有さま今まて
の事をかきあつめちいさきはこに入て姫きみに
もてまいり何とやらん此ころハよの中あしきなく
あたなるものとおもひしられて物うくはへれハも
し夜のまにもきへうせ侍る事もやとおほへて
此箱を奉る我いかやうにも成なんのち此箱を
御らんせよと申てさめ/\となきけれハひめきみハ
あやしくいかに思ひ給へハかくハの給ふそ此まゝ

我ゆくさきをハ見とゝけたまハましきやとうち
うらみ給へハ御うち参りにも御とも申たてまつる
へけれともしいかなることかあらんと心ほそくてこれ
をたてまつりをくなりもしき[「きしき」の誤りか」のおりハひとめ
しけくて此はこをもえまいらせぬことかあらんなとゝ
思ひ奉りてなといゝまきらかしつゝかまへて/\
此はこをたくひなくおほしめし又したしくおほし
めさるゝつきさへなとにも見せさせ給ふなようある
はこにて候へハさうなく人にミせさせ給ふまし
中のかけこをハ御年つもり世をおほしめしは

赤字が前回の予習の答え。

【現代語表記】

ざりつるこそ不思議なれ」
と思い巡らして、「風邪の心地」とて我が住む局(つぼね)に閉じ籠(こも)り、始めより思い初め奉りし我が有様、今迄の事を書き集め、小さき箱に入れて姫君に持て参り、
「何とやらん、此の頃は世の中味気(あじき)なく徒(あだ)なる物と思い知られて、物憂くは侍れば、もし夜の間にも消え失せ侍る事もやと覚えて、此の箱を奉る。
我、如何様(いかよう)にも成りなん後、此の箱をご覧ぜよ」
と申してさめざめと泣きければ、姫君は怪しく、
「如何に思い給えば斯(か)くはの給[宣]うぞ。
此のまま我が行く先をば見届け給わまじきや」
と打ち恨み給えば、
「御内参りにも御供申し奉るべけれど、もし如何なる事があらんと心細くて、これを奉り置くなり。
儀式の折は人目繁くて、此の箱をもえ参らせぬ事があらん」
などと言い紛らかしつつ、
「構えて構えて、此の箱を類(たぐい)無く思し召し、又親しく思し召さるる月冴えなどにも見せさせ給うな。
[様?]有る箱にて候えば、左右(そう)無く人に見せ給うまじ。
中の掛子[懸籠](かけご)をば、御年積り世を思し召し放

【さっくり現代語訳】

 それにしても、私が女房に化けていた事が、これまでバレなかったのが不思議でならないことよ」
 と思いを巡らせ、「風邪気味なので」と言って、自分の住む部屋に閉じこもりました。
 そして、姫君に一目惚れしたあの日のことから、今日までのことを全て書き連ね、小さな箱に入れて姫君の所に持って参上しました。玉水は、
「何と申しましょうか、近頃世の中がつまらなくて、どうしようもない物だと感じまして、憂鬱(ゆううつ)になっております。
 ひょっとしたら夜の間消え失せてしまう事があるかもしれない、なんてことを思ったりもしまして、この箱を持って参りました。
 もし、がどうにかなってしまったら、このを開けてご覧くださいませ」
 と申し上げ、声を押し殺して泣きました。
 姫君不可解な言動だと思い、
「なにを血迷いなさってこんな事をおっしゃるのですか?
 最後まで見届けてくださるのではないのですか?」
 と恨み言をおっしゃいました。玉水は、
「もちろん、宮中にもお供申し上げますが、万が一のことがあるかもしれないと不安になりまして、この箱を献上させていただくのです。
 御参内の儀式の時は人目が多いので、この箱をお渡しできないかもしれないと思い、今ここで献上させていただくのです」
 とかなんとか言って誤魔化しながら、

「どうかどうか、この箱のことは秘密になさって、フレンドリーにされている月冴えたちにも見せないでくださいませ。
 大事な役割がある箱ですので、決して軽はずみににお見せなさらないでくださいませ。
 この箱内蓋(うちぶた)は、お年を召して世の中をお捨てになる

【解説】

 さあ、玉水は完全に姫君の元を去る準備を整えたようです。

 ちょっとわかりにくいかもしれませんが、玉水姫君に渡す箱の中には、カミングアウトした手紙と、その下に内蓋があります。
 玉水がいなくなったら、まず、この箱を開けて手紙を読めという事です。
 そして、内蓋老後に開けろと言うわけです。

 さあ、物語もいよいよ佳境に入ってまいりました!
 玉水と姫君の運命はいかに???

次回の予習

姫君玉水言いつけを守ってのことは秘密にしているようです。
f:id:KihiminHamame:20190615012310j:plainf:id:KihiminHamame:20190615012312j:plain

三つ目コーナー

はい、この箱をどうぞ。

お、別れのあいさつに来たのか?

何言ってるの?

検便の箱だよ。

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w