うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

安達婆の必殺お膳返し! ~『妖相生の盃[化物三ツ目大ほうい]』その8~

f:id:KihiminHamame:20191006212128j:plain f:id:KihiminHamame:20191006212140j:plain f:id:KihiminHamame:20191006212153j:plain f:id:KihiminHamame:20191006212157j:plainf:id:KihiminHamame:20191006212206j:plain f:id:KihiminHamame:20191006212212j:plainf:id:KihiminHamame:20191006212217j:plain f:id:KihiminHamame:20191006212221j:plain

化物三ツ目大ほうい 2巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
妖相生の盃 2巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
富川吟雪画『妖相生盃(ばけものあいおいのさかずき)』安永3[1774]年刊
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。
国会図書館には、同じ内容の本が二冊保存されているので、どちらか状態が良いページを選んで使用することにします。
※リンク先の 書誌情報→簡易レコード表示にする で、あらすじなどの解題が読めますが、ネタバレになるので、読むのは最後になさった方がよいでしょう。
※画像は拡大できます。

翻刻【現代語表記】【さっくり現代語訳】

 てんちくらう人かはゝあたちはゝ◆三ッめかしんていをさつしはけ◆ようかわるいてなをせと◆セんふをけちらかす◆あたちか原て名をへ◆たる此はゝを◆ひしよくをもつ◆てあやなさん◆とハおろか/\
 天竺浪人が母安達婆、三つ目が心底を察し、
 「化け様が悪い、出直せ」
 と膳部を蹴散らかす。
 「安達ケ原で名を得たる婆を美食を以て綾[彩]なさんとは、愚か愚か」
 天竺浪人の母の安達婆は、三つ目魂胆を見抜き、
 「こんなんでワシを騙せると思ってるのか! ハゲ頭を洗って出直せ!」
 と言って、お膳を蹴散らしました。
 「安達ケ原旅人を食って有名になったこのを、美味い物を食わせて釣ろうだなんて、バカバカしいったらありゃしない!」

 ミけへもんか◆女ほうおは◆あたちはゝを◆よひさま/\けい◆はくしててんちくらう人を◆ミかたにセんと◆はかる
 三毛衛門が女房、叔母[伯母]安達婆を呼び、様々軽薄して、天竺浪人を味方にせんと計る。
 猫又三毛衛門の妻は、オバの安達婆を呼び、色々ヨイショして、天竺浪人味方に付けようと試みます。

 三ッめの大ほうつ◆うしくほのてん◆ちく◆らう◆人をめし◆かゝへ◆んと◆はゝをよひ◆よセちそう◆せしに◆あたち◆はゝか◆ふるまい◆とく◆しん◆なき◆ゆへ◆はらをたてるにつ◆くいはけそこないめか
 三つ目の大坊主、牛久保天竺浪人を召し抱えんと母[婆?]を呼び寄せ馳走(ちそう)せしに、安達婆が振る舞い、得心[篤心?]無き故、腹を立てる。
 「憎っくい、化け損ないめが」
 三つ目大坊主は、牛久保天竺浪人を召し抱えるため、天竺浪人の母の安達婆に取り入ろうと呼び寄せて、御馳走(ごちそう)お・も・て・な・し したのですが、安達婆がメッチャ馬鹿にした態度を取ったので、激おこぷんぷん丸
 「ああ憎たらしい、この下等妖怪めが!」

 ミけへもん三ツめか◆たんきをなた◆める
 三毛衛門、三つ目が短気を宥(なだ)める。
 猫又三毛衛門キレている三つ目大坊主をなだめます。

【解説】

 安達婆とは、いわゆる安達ケ原の鬼婆のことです。
 安達ケ原の鬼婆とは、安達ケ原福島県の人里離れた一軒家に住んでいて、旅人を泊めては殺して食っていた恐ろしい鬼婆です。
 鬼婆に取り入ろうとしたら、美食じゃなくて、人間を食べさせなきゃダメというわけですねヾ(๑╹◡╹)ノ"
 安達婆お膳をひっくり返す行為は、二百年後星一徹ちゃぶ台をひっくり返す行為に受け継がれるわけですヾ(๑╹◡╹)ノ"

 三つ目大坊主天竺浪人味方に付けようとした試みは、見事に失敗してしまいますが、天竺浪人を召し抱えたいのは、どうやら三つ目大坊主だけではないようでして、次回に続くというわけです。

三つ目コーナー

かわいそうに、がそんな変な名前つけたの?

北見花芽だよヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」もうすぐ発売されます♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、予約して買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w