うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

見越の家来はカエルだケロ ~『妖相生の盃[化物三ツ目大ほうい]』その9~

f:id:KihiminHamame:20191007171151j:plain f:id:KihiminHamame:20191007171156j:plainf:id:KihiminHamame:20191007171202j:plain f:id:KihiminHamame:20191007171206j:plainf:id:KihiminHamame:20191007171214j:plain f:id:KihiminHamame:20191007171218j:plainf:id:KihiminHamame:20191007171223j:plain f:id:KihiminHamame:20191007171228j:plain

化物三ツ目大ほうい 2巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
妖相生の盃 2巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
富川吟雪画『妖相生盃(ばけものあいおいのさかずき)』安永3[1774]年刊
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。
国会図書館には、同じ内容の本が二冊保存されているので、どちらか状態が良いページを選んで使用することにします。
※リンク先の 書誌情報→簡易レコード表示にする で、あらすじなどの解題が読めますが、ネタバレになるので、読むのは最後になさった方がよいでしょう。
※画像は拡大できます。

翻刻【現代語表記】【さっくり現代語訳】

 ミこし入◆道ハかね◆ててん◆ちくらう人◆はけものごく◆いのたつじん◆ときゝてたつね来る
 見越入道は予(かね)て、天竺浪人、化け物の極意の達人と聞きて、訪ね来る。
 見越入道は、前から天竺浪人が、軍略に優れた化け物であることを聞き知っていて、天竺浪人の家を訪ねて行きました。

 かわついけ介◆さてなかいはなししや
 蛙池介(かわずいけすけ)「さて、長い話じゃ」
 蛙池介(かわずいけすけ)「それにしてもが長えなあ。待ちくたびれたから、もうカエりたいよ

 いかにらう人◆此すゝめハいきたかしんたか◆いかに/\さて又◆三ッ目をくぢかん◆はかりごといかに/\
 われきでんをくん◆しとたのミ申◆さんため◆かくの◆しあわ◆セ此うへ◆たのミけんし◆まする
 「如何に浪人、此の雀は生きたか死んだか、如何に、如何に。
 さて又、三つ目を挫(くじ)かん謀(はかりごと)、如何に、如何に。
 我、貴殿を軍師と頼み申さんため、斯(か)くの仕合わせ、此の上頼み献じまする」
 見越入道「さてさて、天竺浪人殿ワシの手の中にいるスズメは、生きているか、死んでいるか、どちらですかな?」
 天竺浪人「かくかくしかじか」
 見越入道「さすが、天竺浪人殿、アッパレなご返答でございます。
 それでは、三つ目大坊主をやっつけるには、どうすればいいのですかな?
 ワシ天竺浪人殿軍師としてお迎えしたいがために、このように訪ねてまいりました。
 なにとぞ、よろしくお願い申し上げまする」

 われこそ一かん◆さそくの介か◆わびすま◆いなり◆此うへ御みかた◆申へし
 「我こそ一眼早足[早速]之介(いちがんさそくのすけ)が詫び住まいなり。
 此の上、御味方申すべし」
 天竺浪人一眼早足[早速]之介(いちがんさそくのすけ)と申します。
 このようなショボい家までわざわざ訪ねていただきましたら、見越入道殿味方をしないわけにはいきますまい」

【解説】

 見越入道の家来カエルの化け物なのですねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 ここでやっと天竺浪人の名前「一眼早足[早速]之介(いちがんさそくのすけ)」と明らかになります。
 「早足[早速]は、「機転が利く」意味でしょう。

 三つ目大坊主みたいに間接的に頼むより、直接行って頼んだ方が手っ取り早かったというわけですね。

 天竺浪人こと一眼早足之介見越入道軍師となったわけですが、ここでクイズですヾ(๑╹◡╹)ノ"
 見越入道の質問「ワシの手の中にいるスズメは、生きているか、死んでいるか、どちらですかな?」に対する天竺浪人の返答がここでは省略されていますが、はてさて天竺浪人何と答えたのでしょうか?
 正解発表は次回ですヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

 

スズメは生きているか死んでいるか!

生きていても死んでいてもいいから、そのスズメが食べたいよヾ(๑╹◡╹)ノ"

ああ、妖怪っぽい答え聞くと、なんだか安心するヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」もうすぐ発売されます♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、予約して買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w