うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

桃を食べたら若返る!? ~『桃太郎一代記』その3~

【要約】

 婆さんで拾ったを、爺さん婆さん二人で仲良く食べました。
 爺さんと婆さん「めっちゃ美味いやん!!!」
 すると、なんということでしょう、白髪シワもすっかり消えて、二人とも若返ってしまったではないですか。
 婆さん子どもが出来るように、鬼子母神にお参りに行きましょう♪」
 爺さん「うん、うん、何事も神や仏に頼るのが良い♪」

f:id:KihiminHamame:20191014000536j:plain f:id:KihiminHamame:20191014000541j:plainf:id:KihiminHamame:20191014000545j:plain f:id:KihiminHamame:20191014000547j:plain

北尾政美(きたおまさよし)画『桃太郎一代記』天明元[一七八一]年刊
桃太郎一代記 5巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。
※画像は拡大できます。

翻刻【現代語表記】【現代語訳】

 まことに◆もゝ山のもゝ◆とハこれて◆あろふなん◆とばゞそう◆でハないか◆うまミも◆かくへつ◆じや◆このきんむら[?]◆のもゝにこの◆ようなもゝハ◆おほへぬ
 「誠に桃山の桃とはこれであろう。何と婆、そうではないか。旨みも格別じゃ。この近村[?]の桃にこの様(よう)な桃は覚えぬ」
 「確かに、西王母が授けて下さった桃山の桃とはこれであろう。
 どれどれ、もぐもぐ。
 むむむ! 婆さん、間違いないぞ! とても美味いではないか! この辺りの村にこんなはないぞ!」

 そうて◆こさる一たいた◆ねも大きし◆あちもよし◆大きなもゝ◆て御ざる
 「そうで御座(ござ)る。一体、種も大きし、味も良し、大きな桃で御座る」
 婆「ええ、そうでございましょう。なにしろも大きくても良い、大きな桃でございます」

f:id:KihiminHamame:20191014001023j:plain f:id:KihiminHamame:20191014001026j:plainf:id:KihiminHamame:20191014001031j:plain f:id:KihiminHamame:20191014001037j:plain

翻刻【現代語表記】【現代語訳】

 これハ/\ふし◆きなもゝしや◆しらかゝさつ◆はりと◆なくなつ◆てしわかのひ◆てとほうも◆なくわかくなつた
 「これは、これは、不思議な桃じゃ。白髪さっぱりと無くなって、皺(しわ)が伸びて途方も無く若くなった」
 「なんとまあ、不思議な桃じゃ! 食べたら白髪がすっかり消えて、シワも伸びて無くなって、とんでもなく若くなった!」

 わしもこの◆やうにわか◆やきました◆これてハ子も◆てきそうな◆ものた
 「儂(わし)もこの様(よう)に若やぎました。これで子も出来そうなものだ」
 もこんなに若々しくなりました。これなら子供も出来そうじゃ」

 なんときし◆もしんさま◆へまいり◆御ねか◆い申ま◆しやう
 「何と鬼子母神(きしもじん)様へ参り、御願い申しましょう」
 「それでは、鬼子母神にお参りして、子宝に恵まれるようにお願いしましょう」

 いかさま◆それか◆よかろう◆とかく◆かミ◆ほとけさま◆の御りしやうだ
 「如何様(いかさま)それが良かろう。とかく神仏(かみほとけ)様の御利生(ごりしょう)だ」
 「うんうん、それが良いじゃろう。とにかく神仏ご利益にすがるのが良い」

【解説】

 を割ったら桃太郎が出てくるパターンも、この時代にも、もちろんあったのですが、このように、を食べたら若返り子作りハッスルして桃太郎ができる、というパターンの方が多かったようですヾ(๑╹◡╹)ノ"

 なぜか、を食べる前後では、の様子も、服装も変わっていますねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 大きいでは苦情を言われそうですが、この時代大きな種美味しさのバロメータだったようです。

三つ目コーナー

がぶ

いてて、これは、じゃなくて、お尻

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」もうすぐ発売されます♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、予約して買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w