うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

桃太郎「鬼ヶ島へ行きたいっ!きび団子も作ってほしい!」 ~『桃太郎一代記』その8~

【要約】

桃太郎は「鬼ヶ島宝物を奪いに行きたい」と言い出しました。
「なに言ってんの、この子は」
「まあまあ、言う通りにしてやろう」
桃太郎きび団子を作ってくだされ」
「作ってやろう、だがお供がいない一人旅はなあ」
桃太郎お供は行く途中で何とかしますから」

f:id:KihiminHamame:20191024023636j:plain f:id:KihiminHamame:20191024023641j:plainf:id:KihiminHamame:20191024023647j:plain f:id:KihiminHamame:20191024023651j:plainf:id:KihiminHamame:20191024023656j:plain f:id:KihiminHamame:20191024023700j:plainf:id:KihiminHamame:20191024023704j:plain f:id:KihiminHamame:20191024023709j:plain

北尾政美(きたおまさよし)画『桃太郎一代記』天明元[一七八一]年刊
桃太郎一代記 5巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。

翻刻【現代語表記】【現代語訳】

 もゝ太良おにか◆しまへわたりたから◆ものをとりて◆かへらんと二◆おやたちへ◆ねかふ
 桃太郎は「鬼ヶ島へ渡り、宝物を取りて帰らん」と、二親へ願う。
 桃太郎は「鬼ヶ島へ渡り、宝物を奪って帰ってきたい」と両親に頼みました。

 この子ハとほうも◆ないことをいやる◆どふしておにかしまへ◆ゆかるゝもの◆しや 「この子は途方も無いことを言やる。どうして鬼ヶ島へ行かるるものじゃ」
 この子はとんでもないことを言う。なんで鬼ヶ島なんかに行く必要があるのじゃ」

 いや/\そう◆いやるな◆のぞミにし◆たかよい
 ミちのりがしれ◆ぬからともの◆たのミようも◆ない◆それとも◆ひきゃくやで◆たのんでミたら◆あろふかしらぬ
 「いやいや、そう言やるな。望みにしたが良い。
 「道程(みちのり)が知れぬから、供の頼みようも無い。それとも、飛脚屋で頼んでみたら、有ろうかしらぬ」
 「まあまあ、そう言いなさんな。望みどおりにしてあげようではないか。
 だが、鬼ヶ島への道順が分からないから、お供の頼みようがない。
 ひょっとしたら、飛脚屋で頼んだら、誰か知ってる者でもおるかしらん」

 きミだんこを◆こしらへて下◆されまし
 「黍団子(きみだんご)[「きびだんご」が訛(なま)った言い方]を拵(こしら)えて下されまし」
 桃太郎きび団子を作ってくださいませ」

 たんごをこしらへて◆やりまセうしかし◆一人たびかこゝろ◆もとないおに◆かしへゆくとも◆もあるまいし
 「団子を拵えてやりましょう。しかし、一人旅が心許(こころもと)無い。鬼ヶ島へ行く供も有るまいし」
 きび団子も作ってあげよう。だが、一人旅は不安じゃ。鬼ヶ島へ行くのに、お供がいないのはなあ」

 ともゝ道◆/\よいよ◆う申して◆まいります
 「供も道々良いよう申して参ります」
 桃太郎お供道中でうまいこと言って調達しますから、ご安心を」

【解説】

 良かった、力士になるとは言い出さず、唐突ですが鬼ヶ島に行くと言ってくれて(笑)
 だけど、目的が鬼退治というより、宝物を奪うというのがちょいと気になりますが。
 これまた唐突ですが、きび団子も出て来て一安心です。
 この先はノーマルなストーリー展開で進むと良いのですが、そうはいかないんでしょうねえヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

にもきび団子作ってよヾ(๑╹◡╹)ノ"

お前の頭きび団子みてえだよなヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w