うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

鬼の角は毒消しになるらしい ~『桃太郎一代記』その12~

【要約】

桃太郎鬼ヶ城の門を押し破って内部突入しました。
門番の鬼人質にしました。
サル「言う事聞かないと、その一本しかないをもいで、漢方薬に売っちまうぞ!」
イヌは助けてやるから、先導して内部案内をしろ!」
門番の鬼「うへえ、ありがとうございます、その通りにいたします、カクブル」

f:id:KihiminHamame:20191031231253j:plain f:id:KihiminHamame:20191031231301j:plainf:id:KihiminHamame:20191031231306j:plain f:id:KihiminHamame:20191031231312j:plainf:id:KihiminHamame:20191031231318j:plain f:id:KihiminHamame:20191031231323j:plainf:id:KihiminHamame:20191031231328j:plain f:id:KihiminHamame:20191031231333j:plain

 北尾政美(きたおまさよし)画『桃太郎一代記』天明元[一七八一]年刊
桃太郎一代記 5巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。

翻刻【現代語表記】【現代語訳】

 もゝ太良◆いわやのもん◆をしやふり◆うちへいる◆もろこしの◆はんくわい◆わかてうの◆あさいな三良◆それにこの◆もゝ太良か◆おとるへ◆きか
 桃太郎、岩屋の門押し破り、内へ入る。唐土(もろこし)の樊噲(はんかい)、我が朝の朝比奈三郎(あさいなさぶろう)、それにこの桃太郎が劣るべきか。
 桃太郎鬼ヶ城を押し破り、中へ入りました。中国樊噲(はんかい)日本朝比奈三郎(あさひなさぶろう)といったヒーローに比べても、桃太郎は劣らないでしょう。

 なにほと◆のことあ◆らんこの◆もんおし◆やふつてくれん◆いてものミ◆セんといふまゝに
こりや/\/\
 「何程の事あらん、この門押し破ってくれん。いで物見せん」と言うままに、
 「こりゃ、こりゃ、こりゃ」
 桃太郎「このを押し破るのは、なんてことない、目に物を見せてやるわ! えい、えい、えい!」

 もんは◆んのおにひと◆しちにとられる◆おのれらハつのか一ほん◆つゝだいやといふ◆とつのをもい◆てきくすり◆やへやるが◆なんとた◆きやつとも◆いつてミろ◆おにこほるの◆つのハどくけしに◆なろう
 門番の鬼人質に取られる。
 「己(おのれ)らは角が一本ずつだ。嫌と言うと角をもいで生薬屋(きぐすりや)へ遣るが、何とだきゃっとも[「なんだかんだと」の意。「きゃっ」は猿の鳴き声]言ってみろ、鬼毀(こぼ)るの角は毒消しになろう」
 門番の鬼人質に取られました。
 サルお前たち一本だな。なんだかんだ嫌だと言ったら、その一本しかないをもいで漢方薬へ売ってしまうぞ! からもいだ毒消しくらいにはなるだろうからな」

 さきへたつて此◆うちのあんない◆をしろおのれ◆ら二ひいのいの◆ちハたすけてくれん
 「先へ立って内の案内をしろ。己ら二匹の命は助けてくれん」
 イヌ先導して内部案内をしろ。お前たち二匹は助けてやるから」

 かしこまり◆ました 「畏(かしこ)まりました」
 門番A「承知いたしました」

 ありかたふ◆そんし◆まする
 あかぼう◆もんをあけ◆てあけやれ
 「有難う御座います」「赤坊[?]、門を開けてあげやれ」
 門番B「ありがとうございます。赤鬼さん[?]を開けておやんなさい」

【解説】

 お供の三匹門番の鬼を捕らえているのをよそに、桃太郎は一人いきがってを開けようとしています。
 門番の鬼4対2では勝ち目がないと見たのか無抵抗です。
 戦力として疑問符がつくキジセリフがとうとう無くなったのが、少し気掛かりではありますヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

三つ目コーナー

鬼の角より、やっぱ蚊の目玉が食べたいなあヾ(๑╹◡╹)ノ"

お前の目玉になるかな?売れるかな?ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w