うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

桃太郎一行、鬼を惨殺しまくる ~『桃太郎一代記』その13~

【要約】

イヌ・キジ・サルは、鬼たちで切りかかります。
鬼たち武器は、長すぎたり重すぎたりして、役に立たないので、逃げ惑うばかりです。

f:id:KihiminHamame:20191102212134j:plainf:id:KihiminHamame:20191102212138j:plainf:id:KihiminHamame:20191102212144j:plainf:id:KihiminHamame:20191102212149j:plainf:id:KihiminHamame:20191102212154j:plainf:id:KihiminHamame:20191102212158j:plainf:id:KihiminHamame:20191102212203j:plainf:id:KihiminHamame:20191102212208j:plain

 北尾政美(きたおまさよし)画『桃太郎一代記』天明元[一七八一]年刊
桃太郎一代記 5巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。

翻刻【現代語表記】【現代語訳】

 どこへにけてもおれ◆がかきだす◆おのれらひと◆かミたぞ◆
 「どこへ逃げても俺が嗅(か)ぎ出す。己(おのれ)ら一噛(ひとか)みだぞ」
 イヌ「どこへ逃げてもオレで嗅(か)いで見つけ出してやる! お前たちなんか、ガブリひと噛みだぞ!」

 やりやほこハ◆ゑさしざを◆ともおもハぬ◆おれかはふしの◆つよいことを◆よくミて◆おけ
 「槍(やり)や鉾(ほこ)は餌刺竿(えさしざお)とも思わぬ。俺が羽節の強い事を良く見ておけ」
 キジ槍(やり)鉾(ほこ)なんてものは、トリモチを付けた竿に比べたら、どうってことないわ! オレ羽っぷし[「腕っぷし」と掛けた]が強い所をを良く見せてやる!」

 さるとハ◆かけあしのはや◆いやつた
 「然(さ)る[「猿」「去る」と掛けた]とは駆け足の早い奴だ」
 サル「それにしても、逃げ足の速い奴らだ」

 このほこハなが◆すきてつかい◆にくいおにミそ◆をつけたとハ◆このことた
 「この鉾は長すぎて使い難い。鬼味噌を付けたとはこの事だ」
 鬼A「このは長すぎて使いにくい。「鬼味噌を付けた」[「失敗」を意味する「味噌を付ける」と掛けた。また、「鬼味噌」は「見掛け倒し」を意味する]とは正にこういうことを言うんだな」

 おにゝかなぼうといふハつよい◆ことたとおもつたか◆かついて◆にけるの◆ハよほど◆たいぎだ
 かさねて◆こんなお◆もいもの◆ハこしらへ◆ぬかよい◆人ミセ◆はかりて
 ついに◆やくに◆たつた◆ことか◆ない
 もんばんハ◆わりたけか◆かるくてよい
 「鬼に金棒と言うは強い事だと思ったが、担(かつ)いで逃げるのは余程大儀だ」
 「重ねてこんな重い物は拵(こしら)えぬが良い。人見せばかりで遂に役に立った事がない」
 「門番は割竹が軽くて良い」
 鬼B「鬼に金棒」というのは強い事象徴だと思っていたが、かついで逃げるのはとても大変だ。
 二度とこんな重い物は作らない方がいい。見栄えが良いだけで、一度も役に立ったことがない。
 門番が持つのは、金棒ではなく、割竹ぐらいが軽くていいな」

【解説】

イヌ・キジ・サルは、それぞれの特性を生かした方法でに勝負を挑むのかと思いきや、思いっきりで切りかかっています。
武器があれば、キジでも十分に戦力になりますねヾ(๑╹◡╹)ノ"

イヌ背中から一刺し足元には頭と手だけになった、ちょっとだけ閲覧注意かもですねヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20191102213134j:plain

立派な武器を持っていても、いざと言う時に使いこなせないというのは、当時の武士ディスってるように感じたのですが、考えすぎですかね。

というか、って、何も悪い事してないですよね。
みなさんがおっしゃるように、桃太郎一行は完全に押し込み強盗団ですよ。

というか、物語一番の山場なのに、桃太郎いないじゃん!!!
どこかで高みの見物か、このスキにお宝を探しに行ってるのでしょうか?

三つ目コーナー

股間にも金棒があるよヾ(๑╹◡╹)ノ"

イヌ食いちぎってもらおうか?ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w