うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

さらば鬼ヶ島! ~『桃太郎一代記』その20~

【要約】

桃太郎鬼ヶ島征圧し、お宝を奪った上に、鬼ヶ島観光までして、大満足で日本に帰ることにしました。
「もうお帰りになられますか、までお送りしましょう」
サル節分人里に来る時は、オラの住んでるに泊まりなされ」
イヌ道案内オレがしよう」
キジ毎年の事なんだから、いつも泊まる宿があるんじゃね?」
桃太郎さらばじゃ、皆の者ご苦労であった!」

f:id:KihiminHamame:20191122144310j:plainf:id:KihiminHamame:20191122144314j:plainf:id:KihiminHamame:20191122144319j:plainf:id:KihiminHamame:20191122144324j:plainf:id:KihiminHamame:20191122144329j:plainf:id:KihiminHamame:20191122144334j:plainf:id:KihiminHamame:20191122144339j:plainf:id:KihiminHamame:20191122144343j:plain

北尾政美(きたおまさよし)画『桃太郎一代記』天明元[一七八一]年刊
桃太郎一代記 5巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。

翻刻【現代語表記】【現代語訳】

 もゝ太良おに◆かしまにわたり◆いろ/\たからもの◆をとりその◆うへしま/\けん◆ふつしても◆はや日本◆へかへら◆んと◆おにか◆しまを◆たつ
 桃太郎、鬼ヶ島に渡り、色々宝物を取り、その上島々見物して、「最早(もはや)日本へ帰らん」と鬼ヶ島を発(た)つ。
 桃太郎鬼ヶ島に渡り、色々なお宝を奪い、その上島中の見物までして、「そろそろ日本に帰ろう」と鬼ヶ島を後にしたのでした。

 もはやおかへり◆なされますか◆さとまておくり◆申ませう御に◆もつハ人そくに◆御もたせあそハ◆しませ
「最早お帰りなされますか、里迄送り申しましょう。御荷物は人足(にんそく)に御持たせ遊ばしませ」
 「もうお帰りになられますか。までお送りいたしましょう。お荷物人足(にんそく)[力仕事をする労働者]に持たせなさってくださいませ」

 しはらくおせわに◆なりましたまた◆せつぶんのころ御◆ざつたらおらか◆山へたつねて御さ◆れどふでやとをかす◆人ハないからおらかいる◆山かよい
「暫(しばら)くお世話になりました。節分の頃御座ったら、オラが山へ訪ねて御座れ。どうで宿を貸す人は無いからオラが居る山が良い」
サル「しばらくの間、お世話になりました。節分の頃に人里に来なさったら、オラが住むを訪ねて来てくだされ。どうせ宿を貸してくれるなどいないから、オラがいるに泊まればよろしい」

 ミちかしれ◆すハおれか◆おしへて◆やろふ◆しかし◆おれかおし◆ゑたら◆ほへてくいつくかと◆おもハ◆しやろうか◆そうてハ◆ない
「道が知れずば、俺が教えてやろう、しかし、俺が教えたら吠えて食い付くかと思わしゃろうが、そうでは無い」
イヌが分からなかったら、オレが教えてやろう。オレなんかが道案内したら、吠えて食い付くと思うかもしれんが、そんなことはしないから安心しなされ」

 さらハ/\◆ミなたいき◆じや
「さらば、さらば、皆大儀じゃ」
桃太郎「さらば、さらばじゃ! 皆の者、ご苦労であった!」

 まいとしのことじや◆からじやうやと◆かあらふすゝか山◆か大江山
「毎年の事じゃから、定宿(じょうやど)とか有ろう。鈴鹿山か大江山か」
キジ「そんな気を使わなくても、毎年節分にやってくるのだから、いつも泊まる宿があるじゃろう。例えば、鈴鹿とか大江山とか」

【解説】

 はい、鬼ヶ島日本国内ではないことが判明しましたヾ(๑╹◡╹)ノ"
 外国だから、好き勝手やり放題だったわけですねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 えっと、自分たちをとっちめてお世話させたのに、「お世話になりました」とは、サルサイコパスなのでしょうか?ヾ(๑╹◡╹)ノ"
 いやいや、悪いと思っていた鬼たちいい奴だったので、考えを改めたのでしょうね。

 節分になると、鬼ヶ島の鬼たちは、を投げられに人里にやってくるようです。
 サルイヌお世話になったをもてなしたいから、道案内宿泊世話提案しているのに、キジ「定宿があるだろう」全く空気を読んでいない発言をしています。
 ちなみに鈴鹿には大嶽丸(おおたけまる)大江山には酒呑童子(しゅてんどうじ)という有名な鬼がいます。

 偉そうな桃太郎はもう、どうでもいいですヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

北見花芽僕の家に泊まりにおいでよヾ(๑╹◡╹)ノ"

お前俺の家居候してるだろうが!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w