うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

桃太郎「十万石と嫁、ゲットだぜ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"」 ~『桃太郎一代記』その25~

【要約】

 桃太郎お殿様から、鬼ヶ島の宝物献上した御褒美として、十万石の領地を与えられました。桃太郎一家繁栄し、桃太郎を迎えました。
 百七歳百歳ぐらいになりましたが、を食べたおかげで、五十歳にも見えない若さを保っています。

f:id:KihiminHamame:20191210224606j:plainf:id:KihiminHamame:20191210224611j:plainf:id:KihiminHamame:20191210224621j:plainf:id:KihiminHamame:20191210224627j:plainf:id:KihiminHamame:20191210225324j:plainf:id:KihiminHamame:20191210225329j:plainf:id:KihiminHamame:20191210225333j:plainf:id:KihiminHamame:20191210225341j:plain

北尾政美(きたおまさよし)画『桃太郎一代記』天明元[一七八一]年刊
桃太郎一代記 5巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。

翻刻【現代語表記】【現代語訳】

 もゝ太良ハ御ほうひ◆十万石いんきよ◆地を下され◆めでたく◆さかへこんれい◆
するかやうにめて◆たいことハないと◆かくながいきいた◆すがたい一のた◆からて御さ◆ります
 桃太郎は御褒美十万石隠居地を下され、目出度く栄え、婚礼する。
「斯様(かよう)に目出度い事は無い。兎角(とかく)長生き致すが第一の宝で御座ります」
 桃太郎お殿様から、鬼ヶ島の宝物献上した御褒美として、隠居地の名目で十万石領地を与えられました。桃太郎一家は見事に繁栄し、桃太郎を迎えて、婚礼の儀式を行いました。
[爺?]無事に桃太郎婚礼を行うことができ、こんなにめでたいことはありません。とにもかくにも、長生きをするのが一番の宝でございますな

 もゝ太良殿◆たんしやう◆のころ八十◆よとそんし◆たか
「桃太郎殿誕生の頃、八十余とぞんじたが」
嫁の母「桃太郎殿がお生まれになった時、お舅(しゅうと)殿は確か八十歳ちょっとだったと思いましたが

 めてたうそんし◆ます◆おしう◆とご御ふう◆ふハもふ◆御年ハ◆いくつ◆で御さ◆ります
「目出度う存じます。御舅御(おしゅうとご)御夫婦は、もう御年は幾つで御座ります」
嫁の父「本日はまことにめでたい日でございます。お舅殿ご夫婦は、もうお幾つになられますのかな?」

 よいとのこて◆御うれしかろふ
 さて/\おハかいこと◆だまだ五十にハお◆ミへなされぬ
「良い殿御で御嬉しかろ」
「さてさてお若い事だ。まだ五十には見え為されぬ」
仲人妻「娘さんも、こんな素晴らしい殿方嫁入り出来て、嬉しゅうございましょう。
 それにしても、お舅殿ご夫婦はお若うございますな。五十歳以下にしか見えませぬ」

 わたくし百七ッ◆で御さりま◆すばゝか◆九十九か◆てうど◆で御さりましやうもゝをたべて◆からそのゝちハまだとしよつ◆たようにハおぼへまセぬ
「私(わたくし)、百七つで御座ります。婆は九十九か丁度で御座りましょう。桃を食べてから其の後はまだ年寄った様(よう)には覚えませぬ」
爺「私百七歳になります。九十九歳か、ちょうど百歳でございましょう。を食べてから、若返ったまま、を取った感じが全くしません」

 なかふ人
 しうとどのハばけもの◆じやわかふうふもあやからしやろ
仲人「舅殿は化け物じゃ。若夫婦も肖(あやか)らしゃろ」
仲人夫「お舅殿化け物のようですのう。本日夫婦となった若い二人も、ぜひあやかりなされ」

【解説】

 めでたく十万石の領地をゲットした桃太郎ヾ(๑╹◡╹)ノ"
 十万石って、結構な大名レベルですよねヾ(๑╹◡╹)ノ"
 これだけの領地を与えられる人物は、お殿様と言うより将軍なのかもしれませんねヾ(๑╹◡╹)ノ"
 ただ、ここに描かれている男性はいずれも一本挿しなので、身分はあくまでも農民のままなのでしょう[※武士なら刀は二本挿しています]
 なので、領地とは書かれておらず、あくまで隠居地という名目なのでしょう。
 桃太郎の嫁素性は書かれていませんが、まあ、それなりの良家の娘さんなのでしょうねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 それにしても爺と婆年齢
 誰かその、私にも食べさせてっ!!!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 あ、次回でやっと最終回です。

三つ目コーナー

[前回の続き]
何でお宝ミニカーお酒なの?

ミニカーと言えばタカラトミーヾ(๑╹◡╹)ノ"
お酒と言えば酒造ヾ(๑╹◡╹)ノ"
カツラと言えば〇明ヾ(๑╹◡╹)ノ"

最後のは余計!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

www.youtube.com

  

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w