うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

易占トリックなお話 その2 ~『宇治拾遺物語』より~ 【ほしい物リストのお礼あり♪】

f:id:KihiminHamame:20200331000535j:plain

f:id:KihiminHamame:20200331000540j:plain
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
和文教科書. 7之巻 宇治拾遺物語ぬきほ - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻
りて、此女を呼びければ、出で来にけり。旅人、問ふ
やうは、此親は、もし、易の占ひといふ事や、せられ
しと問へば、いさ、さや侍りけん。其し給ふ、やうなる
事は、し給ひきと、いへば、さるなるといひて、さて、
も、何事にて、千両金おひたる、其辨へせよとは、いふ
ぞと問へば、おのれが親の、うせ侍りしをりに、世
の中に在るべき程の、物など、えさせおきて、申し
しやう、今なん十年有りて、その月に、こゝに、旅人
来て、宿らんとす。其人は、我が金を、千両おひたる
人なり。それに、其金を請ひて、堪へがたからん、をり
は、賣りて、過ぎよと、申しゝかば、今までは、親の、得
させて、侍りし物を、すこしづゝも、賣りつかひて、今
年となりては、賣るべき物も、侍らぬまゝに、いつし
か、我が親の、いひし月日の、とく来かしと、待ち侍
りつるに、今日にあたりて、在して、宿り給へれば、
金をおひ給へる、人なりと、思ひて、申すなりとい
へば、金の事は、まことなり。さる事あるらんとて、
女をかたすみに引きて行きて、人にも知らせで、
柱をたゝかすれば、うつぼなる聲の、する所を、く
は、これが、中に、宣ふ金は、有るぞ、あけてすこしづゝ
〈そのは、人を指◆して、云へるな◆り。そこといふ◆が如し。〉
〈さるなるの下◆には、べしとい◆ふ語なくては、◆聞こえず。落ち◆たるならんか。〉
〈くはハ、こはと◆いふに同じ。〉

【現代語表記】

りて、此の女を呼びければ、出で来にけり。
旅人、問う様《よう》は、
「此の親は、もし、易の占いと言う事や、せられし」
と問えば、
「いさ、さや侍りけん。其のし給う、様《よう》なる事は、し給いき」
と、言えば、
「さるなる」
と言いて、
「さても、何事にて、千両金負いたる、其の弁《わきま》えせよとは、言うぞ」
と問えば、
「己《おのれ》が親の、失《う》せ侍りし折に、世の中に在《あ》るべき程の、物など、得させ置きて、申しし様《やう》、
『今なん十年有りて、その月に、此処《ここ》に、旅人来て、宿らんとす。其の人は、我が金を、千両負いたる人なり。それに、其の金を請いて、堪え難からん、折は、売りて、過ぎよ』
と、申ししゝかば、今までは、親の、得させて、侍りし物を、少しずつも、売り使いて、今年となりては、売るべき物も、侍らぬままに、何時《いつ》しか、我が親の、言いし月日の、疾《と》く来かしと、待ち侍りつるに、今日に当たりて、在《あら》[おわ?]して、宿り給えれば、金を負い給える、人なりと、思いて、申すなり」
と言えば、


「金の事は、真《まこと》なり。さる事あるらん」
とて、女を片隅に引きて行きて、人にも知らせで、柱を叩かすれば、空《うつぼ》なる声の、する所を、
「くわ、これが、中に、宣《のたま》う金は、有るぞ、開けて少しずつ

※「その」は、人を指して、言えるなり。「そこ」と言うが如《ごと》し。
※「さるなる」の下には、「べし」と言う語無くては、聞こえず。落ちたるならんか。
※「くは」は、「こは」と言うに同じ。

【現代語訳】

 しばらくしてから、この家に住む女性を呼ぶと、女性は出てきました。
 旅人が、
あなた親御さんは、ひょっとしたら、易の占いという事をなさっていませんでしたか?」
 と聞くと、女性は、
「さあ、そうかもしれません。あなたが今なさっていた、箸《はし》のようなものをジャラジャラさせるようなことは、私の親もしていました」
 と言いました。
 すると旅人は、
「そうでしょうなあ」
 と言い、
「それにても、どうして、に『貸した千両の金を返済をしろ』などと言うのですか?」
 と聞くと、女性は、
私の親が亡くなる時、これからしばらく生活ができるぐらいのなどをに与えてから、次のように言いました。
『今から十年後の〇月に、ここに旅人が来て、「泊めてくれ」と言う。
 その人千両貸した人だ。
 その人返済請求をしなさい。
 それまでに生活が苦しくなったら、私が与えた物を売って凌《しの》ぎなさい』
 なので、これまでが与えてくれたを少しずつ売って生活していました。

 しかし、とうとう、今年になって売る物も無くなってしまったので、
『「旅人が来る」と、かつて、私の親が言ったが、早く来ないかしらん』
 と待っていました所、ついに今日その日になり、ちょうどあなた様がいらっしゃって、お泊りになったので、貸したを返してくださる方だと思って、そう言ったのです」
 と言いました。
 旅人は、
の事は本当です。そんな事だろうと思いました」
 と言って、部屋の片隅に引っ張って連れて行き、誰にも知られないようにを叩かせると、空洞の音がする所がありました。
 旅人は、
「さあ、この中に、あなたがおっしゃっていたがあります。開けて少しずつ

【解説】

 女性が「貸した千両を返して!」などと、旅人にとっては身に覚えがない事を言ったのは、親の遺言だったようです。

 何も知らない様子の旅人の反応に、当然お金を返しに来たと思った女性は、逆に驚いたかもしれませんね。

 旅人易の占いをしてそれを見抜いたようです。

 実際には旅人お金を借りたわけではなく、家の中に隠してあったようですが、その真相次回、明らかになります。

三つ目コーナー

 f:id:KihiminHamame:20200331001251j:plain

 

ほしい物リスト】のお礼

ほしい物リストから送っていただきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"

レビューはまた改めてしますヾ(๑╹◡╹)ノ"

本当にありがとうございました、嬉しいですヾ(๑╹◡╹)ノ"

※どのサイトから送っていただいたのかわからないので、あちこちで同じお礼を書いておりますがご容赦くださいませ。

f:id:KihiminHamame:20200331001431j:plain

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
引き続き、しつこくバレンタインデー仕様でございますヾ(๑╹◡╹)ノ"
ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w