うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

伊勢神宮の奇鳥

たまたまYouTubeを見ていたら、三重テレビの番組で予言獣が紹介されていましたので、便乗して記事にしようと思いますヾ(๑╹◡╹)ノ"

【過去の予言獣記事】kihiminhamame.hatenablog.comkihiminhamame.hatenablog.comkihiminhamame.hatenablog.com

番組で紹介された伊勢神宮に現れた鳥は、小寺玉晁『名府太平鑑《めいふたいへいかがみ》』という随筆の天保三[一八三二]年の項に書かれています。

オリジナルの画像を載せることはできないので、模写と活字だけですいません。

オリジナルは名古屋市図書館のホームページでご覧ください。当該箇所は91ページ92ページです。
詳細 :なごやコレクション

f:id:KihiminHamame:20200529150507j:plain
※模写

翻刻

〇此頃世上にいひふらして云東南之方に大成
 光星顕れ是は至て悪星にして見る者ハ死す
 ると評判して則此圖を張置ハたとえ其星を
 見たりとも災をのかると云
  其傳ニ云
  今年四月朔日
  酉之刻頃伊勢大
  神宮之棟に来りて
  其聲りんりんと鳴
  形は鶏の如く其夜
  神主の夢に此鳥来り告て云今年九月十二
  日の夜より東南ニ當りて悪星出るこの

  星をみる者は忽ちふるい死するとなり此
  災を免かれたく思ハゝ我姿をうつし張置
  て毎月十二日に酒を供へよ我は大神宮の
  使なりといひて飛去るとみて夢さめぬ神
  主竒異の思ひをなし人々に告るにはたし
  て餘之社人も此夢を見たり夫よりいつれ
  も身を清め大神宮の再拝して仰ぎみるに
  未竒鳥さらずよつて是をうつすと其儘此
  鳥は飛去と云

【現代語表記】

〇此の頃、世上に言い触らして言う、東南の方に大き成る光星《こうぼし》顕《あらわ》れ、是は至りて悪星《あくせい》にして、見る者は死する、と評判して、則《すなわ》ち此の図を張り置けば、仮令《たとえ》其の星を見たりとも、災《わざわ》いを逃《のが》ると言う。
其の伝に言う、今年四月|朔日《ついたち》、酉《とり》の刻頃、伊勢大神宮の棟《むね》に来たりて、其の声「リンリン」と鳴く。形は鶏《にわとり》の如く、其の夜、神主の夢に此の鳥来たり告げて言う、「今年九月十二日の夜より東南に当たり悪星出る。此の星を見る者は忽《たちま》ち震《ふる》い死するとなり。此の災いを免《まぬが》れたく思わば、我が姿を写し、張り置きて、毎月十二日に酒を供《そな》えよ。我は大神宮の使いなり」と言いて飛び去ると見て、夢覚めぬ。神主奇異の思い做《な》し、人々に告ぐるに、果たして余の社人《しゃにん》も此の夢を見たり。夫《そ》れより何《いず》れも身を清め、大神宮の再拝して仰《あお》ぎ見るに、未《いま》だ奇鳥去らず。因《よ》って是を写すと、其の侭《まま》鳥は飛び去ると言う。

【現代語訳】

最近、世間では、「東南の方角大きな彗星が現れるが、これはとても不吉な星で、見た者は死ぬ」とになっている。だが、ここに示したを貼っておけば、たとえこのを見たとしても、災難を逃れることができるという。
その詳細は次の通りである。
今年の四月一日酉の刻[十八時頃]の頃伊勢大神の社殿の屋根に不思議な鳥がやってきて、「リンリン」というで鳴き、その姿ニワトリのようであった。その日の伊勢大神宮の神主の夢にこのが出て来て、「今年の九月十二日の夜から、東南の方角不吉な星が出る。このを見た者はすぐに震えて死ぬだろう。この災難を逃れたければ、私の姿を描いて貼り、毎月十二日を供えよ。伊勢大神宮の使いである」と言って飛び去ったのを見た所で、が覚めた。神主は不思議に思って、他の神主たちに言うと、他の神主たち同じ夢を見たという。それから神主たちはいずれも身を清め、二度繰り返して礼拝《らいはい》して上を見ると、まだこの不思議な鳥は居たままであった。そこで、この鳥の姿を描くと、そのままは飛び去ったという。

【解説】

はい、他の予言獣と大して内容は変わりません。
違うのは、疫病じゃなくて悪星というところですかね。
鳥の姿の予言獣としては、最近「ヨゲンノトリ」が話題になっています。
疫病退散! ヨゲンノトリコーナー: 山梨県立博物館 -Yamanashi Prefectural Museum-

伊勢神宮の鳥の方がゴルゴっぽい顔で人気が出そうなものですが、やっぱ、アマビエインパクにはかないませんねヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

f:id:KihiminHamame:20200529151255j:plain

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
5月3日北見花芽の誕生日でございますヾ(๑╹◡╹)ノ"
ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w