うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

6-赤本再興〇花咲き爺(花咲かじいさん) ~江戸時代の絵本~

 

 


『赤本再興《あかほんさいこう》〇花咲き爺《じじ》』[式亭三馬補綴、歌川国丸画、文化九(一八一二)年刊]
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。
赤本花さき爺 - 国立国会図書館デジタルコレクション
花咲ぢゝ 3巻 鰻谷劇場条書 3巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション

【原文】

①福犬ハ、或る夜、枕上《まくらがミ》に立ちて、正直爺《しやうぢきぢゞ》、正直婆《しやうぢきばゞ》に一礼《いちれい》を述ぶる。

②「只今迄《たゞいままで》の御厚恩《ごかうおん》、有難《ありがた》う御座《ござ》ります。此の末共《すゑとも》、守りますから、御安堵《ごあんど》なされませ」

③「私《わたくし》の埋められた所の松の大木を切つて、臼《うす》に拵《こしら》へ給へ」と教ゆる。

④白粉《おしろい》の良く乗る薬
 江戸の水 四十八文
 㐧一、肌理《きめ》を細かにし、御顔《おかほ》の出来物《できもの》一切に良し。
 暑さ寒さに白粉は剥《は》げず、良く乗る事、請《う》け合ひ也。
 三馬製
 近頃、紛らハしき薬、数多《あまた》、出ゞ《いだ》すまゝ、よく/\名印御改め、御求め可被遊候《あそばさるべくさふらふ》。

⑤正直爺、夢覚めてより、福犬が教えに従ひ、彼の大木の松を挽《ひ》かせて、大きなる臼に拵へける。

⑥「余りの木ハ、薪《たきゞ》に使ひましよ。臼にして売ると余程の金になれど、福を余所《よそ》へ遣《や》つてハならぬ」

⑦「晩にハ按摩《あんま》の代ハりに、酒を十六文 奢《おご》るべい」

⑧「ゑいや/\」

⑨「今日ハ余程 果《はか》が行たぞ。精出せ/\」

【現代語訳】

①福犬は、ある夜枕元に立って、正直じじ正直ばばお礼を言いました。

②福犬「これまで、大切に愛して下さり、ありがとうございます。これから先も、二人守りますから、ご安心くだされ」

③福犬は、「根元埋められた松の大木切って作りなされ」と教えました。

④白粉《おしろい》の乗りが良くなる薬「江戸の水」四十八文[約一五〇〇円]
 なにより、キメ細かくして、お顔できもの全てに効きます。
 暑くても寒くても白粉落ちずしっかりつく間違いなしです。
 式亭三馬
 最近、類似品がたくさん出ていますが、商品名メーカーをよくお確かめになって、お買い求めくださいませ。

⑤正直じじから覚めて、それから福犬教えた通り例の松の大木切らせて、大きな臼作りました。

⑥正直じじあまった木薪《たきぎ》使いましょう。にして売る大金になるでしょうが、福の形見よそやってはなりません」

⑦職人Aマッサージ代わりに、一六文[約五〇〇円]おごってやろう」

⑧職人AB「えいや、えいや」

⑨職人B今日はえらく仕事はかどった、がんばれがんばれ」

【解説】

夢枕に出て来て二人をこれからも守るだなんて、無理やり貸し出され殺されたのに、福犬健気《けなげ》すぎます。

突然白粉の良く乗る薬広告が出て来て、ビックリされたでしょうが、作者式亭三馬薬屋営んでいまして、自分の店の薬の広告を、ここにちゃっかり載せているわけです。
「江戸の水」は今で言う、化粧水でしょうかね。

正直じじ「福をよそへやってはならぬ!」誓っていますが、そもそも、福をよそに貸したのはでしたっけ???

 

見て見て、化粧水新しいのにしたら、ファンデーションの乗り良くなったよヾ(๑╹◡╹)ノ"

え?三つ目ってメイクしてたの???

 

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
5月3日は北見花芽の誕生日ヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。