うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

2020-08-26から1日間の記事一覧

魚河岸で魚尽くし その2 ~『金草鞋』初編より~

「そんな鯛が売れるなら、その金をワシが貰いたい」なんてバカな狂歌を詠んだ延高に対し、はるかにしのぐ鯛尽くしで、案内人の男は怒りをぶつけます。