うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

2021-02-09から1日間の記事一覧

井原西鶴が描く明智光秀! その1 ~『武家義理物語』巻一の二「瘊子は昔の面影」~

【現代語訳】 巻一の二「確か前はホクロがあったはず」 明智光秀公は、かつては十兵衛と名乗っていました。 丹波国亀山[京都府亀岡市]の城主になんとか雇用され、広間の警備員となり、城主からは離れた場所での勤務をしました。