うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

2021-09-10から1日間の記事一覧

4-大昔化物双紙【再読】

ここに化けの里と言って、多くの化け物が夢中になる遊郭があります。中でも、長首屋のお六、大寒屋の雪の夜という遊女が評判で人気がありました。