うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

はりこ

今日こそは『好色一代女』の(ry

妖怪物で何か面白いもはないかと、いろいろ見ていると、桜川慈悲成(さくらがわじひなり)作・歌川豊国(うたがわ とよくに)画の作品をちょこちょこ見かけます。

その中で、『ばけものつわもの二日替 (ふつかがわり)』(寛政二年[1790]刊)という作品に、ちょっと気になった絵があったので、紹介したいと思います。
はい、前に取り上げた、にわかちょろけんに関係する絵です。 kihiminhamame.hatenablog.com

『ばけものつわもの二日替』は、臆病者の時太郎(坂田金時の息子)綱次郎(渡辺綱の息子)が化物退治をする話です。

坂田金時渡辺綱については、頼光四天王とかで各自検索ね!(笑)

※『ばけものつわもの二日替』は国会図書館の画像を利用しています。
国立国会図書館デジタルコレクション - 二日替 : 2巻
7ページ目と8ページ目です。

ーーー
f:id:KihiminHamame:20171022110544j:plain

まず、綱次郎が厚紙で団十郎の目を作って貼り付け、化物を見ないようにしている場面です。

f:id:KihiminHamame:20171022110648j:plain

これはまさしく、にわか面と同様の半面・目鬘ですね。
(着物に名前の頭文字がちゃんと描いてありますね)

やってきた化物は見越入道と(カバン?がカワイイw)

f:id:KihiminHamame:20171022110722j:plain

息子の一つ目小僧です。

f:id:KihiminHamame:20171022110744j:plain

化物は綱次郎が恐れないので、怖い顔だとすごすごと帰ります。

ーーー
f:id:KihiminHamame:20171022110912j:plain

一方、時太郎張り子の大頭を被って顔を隠します。

f:id:KihiminHamame:20171022110939j:plain

これはちょろけんと同様の大きな顔の被り物です。
(これまた着物に名前の頭文字がちゃんと描いてありますね)

やってきたのは見越入道の妻のお六(ろくろ首)出入りの太鼓医者ぶらりひよん(ぬらりひょんお六の甥の河太郎(カッパ)たちです。

f:id:KihiminHamame:20171022113032j:plain

化物たちは恐れもしない時太郎を見て、怖い顔だと逃げ帰ります。

私は未読なのですが、この本に翻刻や注がついて収録されているみたいなので、興味のある方はどうぞ。

大江戸化物細見

大江戸化物細見

 

ーーー
ちなみに、同じ桜川慈悲成作・歌川豊国画の『鎌倉頓多意気(かまくらとんだいき、「年代記」「三代記」のもじり?)』(寛政六[1794]年刊)にも、同じような大頭の張り子が出てきます。

f:id:KihiminHamame:20171022111154j:plain
国会図書館の画像を利用しています。
国立国会図書館デジタルコレクション - 鎌倉頓多意気 : 2巻
6ページ目です。

これまたちなみに、『鎌倉頓多意気』は、源頼朝が人々に「頭が大きい」と言われるので、「ワシの頭が大きいのではない、皆の頭が小さいのだ。取り急ぎ、皆の頭を大きくせよ」と命じて、家来たちが大頭の張り子を求める話です。

こちらのサイトで翻刻が公開されています。
鎌倉頓多意気|お江戸の鎌倉|材木座書房

ーーー
これらがにわかちょろけんのような芸能とどう関係しているかは何ともいえませんが、要するに、にわか面のような半面・目鬘や、ちょろけんのような大頭の被り物の趣向が、当時、好まれていたのは間違いなさそうです。

また何か見つけたら、しつこく報告します(笑)
というか、このコンビの作品でこれより更に気になるのがあったりするのですが、それは次回以降のお楽しみということで♪

ーーー
では、最後にちょっとだけ、くずし字タイム(笑)
一つ目小僧のセリフからです。

f:id:KihiminHamame:20171022111455j:plain

次の四角で囲ったのはこれまでに出てきた字ですが、覚えてますか?

f:id:KihiminHamame:20171022111549j:plain

はい、答え。

f:id:KihiminHamame:20171022111641j:plain

「に」は「尓」、「か」は「可」、「わ」は「王」、「る」は「留」、「ら」は「良」くずし字です。

で、今日、覚えて帰っていただきたいのは、次の四角で囲った文字です。

f:id:KihiminHamame:20171022112107j:plain

読めますか?
これは、「げ」「ほ」です。

f:id:KihiminHamame:20171022112037j:plain

け」は「介」、「ほ」は「本」くずし字です。

f:id:KihiminHamame:20171022111946j:plain

とつさん
にんげんが
こわいかほ
している
からきみ
がわるい

父っさん、人間が怖い顔しているから気味が悪い。

これは、訳さなくてもわかりますね(笑)

◆北見花芽のほしい物リスト

www.amazon.co.jp

◆オススメ書籍
私が愛用している辞書です♪
くずし字解読辞典  普及版

くずし字解読辞典 普及版

 
はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪

web拍手 by FC2

◆よろしければ はてブ もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)