うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

小船に美しい女性が乗っています。 ~『浦島太郎』その3~

『浦島太郎』の続きだよ!

そろそろ、亀さん浦島太郎さんを乗せて竜宮城に連れて行くはずだよね?

f:id:KihiminHamame:20180521231703j:plainf:id:KihiminHamame:20180521231709j:plain

f:id:KihiminHamame:20180521231714j:plainf:id:KihiminHamame:20180521231722j:plain
国立国会図書館デジタルコレクション - 御伽草子. 第21冊 (浦嶌太郎)

翻刻
かくてうらしま太郎。其
日はくれて帰りぬ。又つぐ
の日うらのかたへ出て。つり
をせんと思ひみけれバ。はる
かのかいしやうに。小舩(せうせん)一そう
うかへり。あやしミやすらひ
みれバ。うつくしき女ばう只(たゞ)
ひとりなミにゆられて。
だいひに太郎がたちたる所
へつきにけり。うらしま太
郎が申けるハ。御身いかなる
人にてましませバ。かゝるお
そろしき海上(かいしやう)に。たゞ一人の

りて御入候やらんと申
ければ。女ばういひける
は。さればさるかたへびん
せん申て候へば。おりふし
なミかぜあらくして。
人あまたうミの中へはね
入られしを。心ある人有て
身づからをば。此はし舟(ふね)
にのせてはなされけ
り。かなしくおもひおに
のしまへやゆかんと。ゆき
かたしらぬおりふし。たゞ
いま人にあひまいらせ

[※赤字が前回のくずし字クイズの答えです。]

【現代語表記】
かくて、浦島太郎、其の[その]日は暮れて帰りぬ。
また、次[つぐ]の日、浦の方へ出て、「釣りをせん」と思い、見ければ、遥かの海上に、小船(しょうせん)一艘[そう]浮かべり。
怪しみ、休らい見れば、美しき女房、只(ただ)一人、波に揺られて、次第に太郎が立ちたる所へ着きにけり。
浦島太郎が申しけるは、
「御身いかなる人ひて坐[ま]しませば、かかる恐ろしき海上(かいじょう)に、ただ一人乗りて、御入り候[そうろう]やらん」
と申しければ、女房言いけるは、
「されば、さる方へ便船申して候えば、折節、波風荒くして、人数多[あまた]海の中へ跳ね入られしを、心有る人有りて、自ら[みずから]をば、この端舟[はしふね]に乗せて放されけり。
悲しく思い、鬼の島へや行かんと、行き方知らぬ折節、ただ今、人に会い参らせ

【ざっくり現代語訳】

こうして、浦島太郎は、その日は日が暮れたので帰ったのでした。

翌日も浦の方へ行き、「今日も釣りをするぞ~っ!」と海の方を見ると、はるか遠くの海上に、小船が一艘浮かんでいるのが見えました。

不思議に思い、しばらく見ていると、小船には美しい女性が乗っており、だんだん近づいてきて、浦島太郎が立っている所に着いたのでした。

「あなた様は、どなた様でございますか?

どうして、こんな海の上のような恐ろしい所に、たった一人で小船に乗っておられたのでしょうか?」

浦島太郎が尋ねると、女性は、

「とある所へ行くのに、ちょうど都合よく出る船があったので、乗せていただいたのですが、運悪く、波風が急に荒くなりました。

たくさんの方が海に落っこちてしまい、このまま船も沈んでしまうかと覚悟を決めていました所、機転が利く人がいらっしゃいまして、私をこの小船に乗せて逃がしてくださったのです。

命は助かったものの、どこへ流されているのかもわからず、このまま鬼が島にでも行き着いてしまうのではないかと、不安いっぱいでしたが、ここで今、にお会いできました。

【解説】

うむう、やっぱり知っている浦島太郎のお話とは随分違いますねえ。。。

たぶん、女性はあのお方だと思うのですが、なにしろ、まだこの続きを読んでいないので(笑)

次回予告とくずし字クイズ

女房のセリフの続きです。
f:id:KihiminHamame:20180521231927j:plain

ヒント1

f:id:KihiminHamame:20180521231956j:plain

ヒント2
f:id:KihiminHamame:20180521232014j:plain

動物名前二種類出てきます。
f:id:KihiminHamame:20180521232030j:plain
二番目「おほかめ」と書いてあるのですが、「大亀」ではないので、ご注意を!

三つ目コーナー

わ~い、ふきちゃん所に遊びにいったよ!

flemy.hatenablog.jp

そのまま、もう、帰ってこなくていいよ。

  

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪ NEW!

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)