うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

あれから一年 の巻 ~「青頭巾」(『雨月物語』より)その12~

「青頭巾」[『雨月物語』より]の続きだよ!

今回を含めて、あと三回で終わりだよ!

f:id:KihiminHamame:20180904001019j:plain

f:id:KihiminHamame:20180904001022j:plainf:id:KihiminHamame:20180904001026j:plain
※この記事では、霞亭文庫の画像を適宜改変して利用しています
霞亭文庫書誌詳細
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻

生死をしらざれば。疑ひを恐れて人/\山にのぼる事を
いましめけり。一とせ速(はや)くたちて。むかふ年の冬十月(かミなづき)の初旬(はじめ)
快庵大徳。奥路(おうろ)のかへるさに又こゝを過給ふが。かの一宿(ひとよ)の
あるじが荘(いへ)に立よりて。僧が消息(せうそこ)を尋ね給ふ。荘主(あるじ)よろ
こび迎へて。御僧の大徳によりて鬼ふたゝび山をくだらねば。
人皆浄土にうまれ出たるごとし。されど山にゆく事ハおそろ
しがりて。一人としてのぼるものなし。さるから消息(せうそこ)をしり
侍らねど。など今まで活(いき)ては侍(はべ)らじ。今夜(こよひ)の御泊(とま)りに
かの菩提(ぼだい)をとふらひ給へ。だれも随縁したまつらんといふ
禅師いふ。他(かれ)善果(せんくわ)に基(もとづき)て迂化(せんげ)せしとならば道に先達(せんだち)の
師ともいふべし。又活てあるときは我ために一個(ひとり)の徒弟(とてい)なり。
いづれ消息(せうそこ)を見ずばあらじとて。復(ふたゝ)び山にのぼり給ふに。いか

赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

[くずし字クイズの補足説明]
f:id:KihiminHamame:20180904001328j:plainf:id:KihiminHamame:20180904001331j:plain

【現代語表記】

生死を知らざれば、疑いを恐れて、人々、山に上る事を戒(いまし)めけり。
一年速(はや)く経ちて、向かう年の冬十月[神無月](かみなづき)の初旬(はじめ)、快庵大徳、奥路(おうろ)の帰るさに又、ここを過ぎ給うが、かの一宿[一夜](ひとよ)の主(あるじ)が荘[家](いへ)に立ち寄りて、僧が消息(しょうそこ)を尋ね給う。
荘主(あるじ)喜び迎えて、
「御僧の大徳によりて、鬼再び山を下らねば、人皆、浄土に生まれ出たるごとし。
されど、山に行く事は恐ろしがりて。一人として上る者無し。
さるから、消息(しょうそこ)を知り侍らねど、など、今まで活[生](い)きては侍(はべ)らじ。
今夜[今宵](こよひ)の御泊(とま)りに、かの菩提(ぼだい)を弔(とぶら)ひ給え。誰も随縁し奉らん。」
と言う。
禅師言う。
「他[彼」(かれ)善果(せんか)に基(もとづき)て遷化(せんげ)せしとならば、道に先達(せんだち)の師とも言うべし。
又、活[生](い)きてある時は、我がために一個[一人](ひとり)の徒弟(とてい)なり。
いづれ消息(せうそこ)を見ずばあらじ。」
とて、復[再](ふたた)び山に上り給うに、いか

【さっくり現代語訳】

住職の)生死が分からなかったので、「生きてるかも!」と疑って、人々は誰もに上ろうとはしませんでした。

それから一年が早くも経ちまして、翌年の冬の十月の初旬になりました。

快庵禅師は、東北から戻る途中に、またこの里を通ることになったので、例の一晩過ごした家に立ち寄って、主人住職がどうなったか尋ねました。

主人は喜んで快庵禅師を迎えて、

お坊様大きな徳を持っておられたおかげで、が再びに下りてくることはなくなりまして、里人はみんな、

「まるで極楽浄土に生まれ変わったみたいに幸せで、平和な日々だ!」

と喜んでおります。

ですが、山寺に行くのはみんな怖がって、誰一人としてに上る者はいません。

ですので、住職がどうなったかは分からないのですが、まあ、今日まで生きてはおりませんでしょう。

今夜のお泊りのついでに、住職冥福をお祈りください。

我々はお坊様を深くお慕い申し上げております。」

と言いました。

快庵禅師は、

住職が句の意味を理解して往生できたのなら、より先にあの世に行ったことになるので、師匠とでも言うべき存在となるでしょう。

もし、生きていたとしたら、弟子の一人として、更に教え導かなければならないでしょう。

どちらにしても、どうなったか確認しなければなりません。」

と言って、再びに上ったのでした。

【解説】

この話の発端を覚えてますか?

そうです、快庵禅師東北へ向かう途中でこの里に寄ったのです。kihiminhamame.hatenablog.com
そして、一年後東北からまた別の所にでも行く途中で、再びこの里を通ったというわけです。

たぶん、住職がどうなったか気になって、わざわざこの里に寄ったのでしょうね。

なにしろ諸国行脚の修行僧なので、ルートを決めるのは自由ですものね。

さあて、住職はどうなっているのか?

ドキドキしますねえ♪

次回予告とくずし字クイズ

住職生きているのでしょうか?死んでいるのでしょうか?

f:id:KihiminHamame:20180904002046j:plain
今回は普通にヒントを出します(笑)

f:id:KihiminHamame:20180904002056j:plain

三つ目コーナー

諸国修行行脚しようかな。

f:id:KihiminHamame:20180904002134j:plain

いやいや、その格好じゃ逃亡犯にしか見えない。。。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪  NEW!

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)