うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

敵の名は横山団蔵改め栗原安左衛門改め、、、 ~『男色比翼鳥』巻6の13 その3~

『男色比翼鳥』巻6の13続きだよ!

取り上げて欲しい作品テーマは引き続き募集中だよ!

f:id:KihiminHamame:20181023155949j:plain

f:id:KihiminHamame:20181023155951j:plainf:id:KihiminHamame:20181023155955j:plain
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。
男色比翼鳥 6巻. [6] - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻
祖(ぞ)の主君に立帰り朝暮ほむらをもやせしにこその秋浪
人す是幸(さいわい)一度は尋出さんとそんしたる所にもくせんにありし
こそうどんげの花今こそ落花(らつくわ)らうせきもの幾(いく)千万の弟
子あつて助力(すけだち)打(うつ)共何程の事あらし風の前の燈火(ともしひ)なり
はや討立(うつたて)とよろこふてい寔(まこと)に武士の鑑(かゝミ)ぞかし半平源蔵
申様御咄におどろき入たる事ども一人ならす両人のかたき
あんをんには置れまし爰に夕顔(ゆうがほ)の観音(くわんをん)貴賎(きせん)群集(くんじゆ)の
其まぎれに本望(ほんもう)をとげさすべしと歒の有家を尋ぬされハ
横山團蔵ハ長崎にて邪(よこしま)なる恋慕(れんぼ)に源次良を討て後京都に
登リ西木原安(ン)左衛門と名を替爰にても又候緑之助に心をか
けその恋叶ぬをうらみ親藤兵衛を討て立越(たちのき)今ハ下総(しもをさ)国
都鳥(ミやこどり)住(すむ)かたハらににごる心をすミた川の邊(ほとり)に年月を送(をく)レ
赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

【現代語表記】
祖(ぞ)の主君に立ち帰り、朝暮炎(ほむら)を燃やせしに、去年(こぞ)の秋、浪人す。是(これ)幸(さいわ)い、一度は尋ね出さんと存知たる所に、目前に有りしこそ優曇華うどんげ)の花。
今こそ落花(らっか)狼藉者(ろうぜきもの)、幾(いく)千万の弟子あって助力[助太刀](すけだち)打(う)つとも、何程の事あらじ、風の前の燈火(ともしひ)なり。
はや討(う)っ立(た)て!」
と喜ぶ体(てい)、真(まこと)に武士の鑑(かがみ)ぞかし。
半平・源蔵、申す様、
「御咄に驚き入りたる事ども、一人ならず両人の敵(かたき)、安穏(あんおん)には置かれまじ。
爰(ここ)に夕顔(ゆうがお)の観音(かんのん)、貴賎(きせん)群集(ぐんじゅ)の
其の紛(まぎ)れに、本望(ほんもう)を遂げさすべし。」
と歒の有り家を尋ぬ。
されば、横山団蔵は長崎にて邪(よこしま)なる恋慕(れんぼ)に源次郎を討ちて後、京都に登り、栗原安左衛門と名を替え、爰にても又候う、緑之助に心を懸け、その恋叶わぬを恨み、親藤兵衛を討ちて立(た)ち越(の)き、今は下総(しもおさ)国、都鳥(みやこどり)住(す)む傍(かたわ)らに、濁る心を隅田川の辺(ほとり)に年月を送(おく)れ[「濁る心を澄み」と「田川」をかけている]

【さっくり現代語訳】

先祖からの主君に再び仕えながら、復讐の炎を燃やしていましたが、去年の秋浪人となりました。

これを機にもう一度横山団蔵を捜し出そうと思っていましたが、はこんな近くにいたとは、優曇華うどんげ)の花を見るくらい、滅多にない偶然です。

今こそ、この狼藉者の首を落としてやりましょう!

横山団蔵の多くの弟子が助太刀するとしても、たいしたことはありません。

の命は風前の灯火(ともしび)です。

さっさと討ち果たしましょう!」

と[奥村が]喜ぶ様子は、これこそ武士の鏡と言えましょう。

山田半平市川源蔵は、

「ただ今のお話には驚きを隠せません。

一人どころか二人の敵とは!

はもう、のほほんとは過ごせないでしょう。

この地の夕顔観音[瑞応寺?安福寺?樹林寺?]は、多くの人々で賑わっているので、我々も参詣してそのご利益にあやかって本望を遂げましょう。」

と言って、の居場所を探りました。

横山団蔵は横恋慕で源次郎を討ってから、京都に逃げて栗原安左衛門と名を替え、ここでも緑之助に恋を仕掛けて叶わぬのを恨み、親の立花藤兵衛を討って逃亡しました。

今は下総国都鳥[ユリカモメ?]が側に住む、濁った心澄み渡るという田川の辺りで暮していましたが、

【解説】

もう、男色やら女色の事はどっかに行って、すっかり敵討ちモードになってきました!

作者のサービスなのか、前のページで書いたのを忘れちゃったのか、また団蔵の経歴が繰り返し語られていますね。

次回予告とくずし字クイズ

奴は敵を恐れはしてるものの、安穏と暮しているようです。

f:id:KihiminHamame:20181023160725j:plainf:id:KihiminHamame:20181023160728j:plain

三つ目コーナー

ねえ、ねえ、うどんげって何?

うどん生えたの? 

うどん生えるくらいなら、にも生えるよね?

ほんとお前には執着するよね。

うどんげは、ここでは三千年に一度しか咲かないインドの伝説上の植物のことです。

 

 

    

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain

いただいたイヤホンのレビューはこちら♪ NEW!

いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w