うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

田舎の稚児、桜の散るを見て泣く事 ~『宇治拾遺物語』その2~

f:id:KihiminHamame:20190119230910j:plain

f:id:KihiminHamame:20190119230915j:plain
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
和文教科書. 7之巻 宇治拾遺物語ぬきほ - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻

田舎の児、櫻の散るを見て、泣く事、

これも、今は、むかし、田舎のちごの、比叡の山へ、登
りたりけるが、櫻のめでたく咲きたりけるに、風
の、烈しく、吹きけるを見て、このちご、さめ/゛\と泣
きけるを見て、僧の、やはらよりて、などかうは、泣
かせ給ふぞ、此花の散るを、惜しうおぼえさせ給
ふか。櫻は、はかなき物にて、かく程なく、移ろひ候
ふなり。されども、さのみぞ候ふと、慰めければ、桜
の散らんは、あながちに、いかゞせん、苦しからず。
我がてゝの作りたる、麦の花、散りて、實の入らざ
らんを、思ふが、わびしきと、いひて、さくりあげて、
よゝと泣きければ、うたてしやな。

さのみぞ候ふ◆は、さばかりに◆ては無しの意◆
に、云ふべき所◆なれば、落字も◆やあるべからん。

うたてしやな◆の下には、語多◆く落ちたるな◆らん。

【現代語表記】

田舎の児(ちご)、桜の散るを見て、泣く事、

これも、今は、昔、田舎の児(ちご)の、比叡の山へ、登りたりけるが、桜の目出度(めでた)く咲きたりけるに、風の、烈しく、吹きけるを見て、この児(ちご)、さめざめと泣きけるを見て、僧の、やわら寄りて、
「何(な)ど斯(こ)うは、泣かせ給うぞ、此(こ)の花の散るを、惜しゅう覚えさせ給うか。
桜は、儚(はかな)き物にて、斯(か)く程無く、移ろい候うなり。
然(さ)れども、然(さ)のみぞ候う」
と、慰めければ、
「桜の散らんは、強(あなが)ちに、如何(いかが)せん、苦しからず。
我が父(てて)の作りたる、麦の花、散りて、実の入らざらんを、思うが、侘(わび)しき」
と、言いて、噦(さく)り上げて、「よよ」と泣きければ、転(うたて)しやな。

「さのみぞ候う」は、「然(さ)ばかりにては無し」の意に、言うべき所なれば、落字もやあるべからん。

「うたてしやな」の下には、語多く落ちたるならん。

【さっくり現代語訳】

田舎出身の稚児が、桜が散るのを見て泣いた事。

 これもとなってはのことですが、田舎から比叡山にやってきた稚児がいました。
 ある時、満開の桜の花に、が激しく吹きつけるのを見て、この稚児は、涙を流し、声を押し殺して泣いていました。
 この様子を見て、ある僧が、そっと寄ってきて、
あなた様はどうしてお泣きになっているのですか?
 桜の花散るのを残念にお思いなって、お泣きになっているのですか?
 桜の花は、はかない物でして、咲いても、このように、すぐに散ってしまうのですよ。
 ですが、来年になればまた咲くので、どうってことはないのですよ。」
 と慰めました。
 すると、稚児は、
桜の花が散るのは、どうすることもできないので、何とも思っていません。
 桜の花が散るのを見ると、私の父親が作っている麦の花が散るのを連想して、麦が実らないことを想像して辛くなるのです。」
 と言って、しゃくり上げて「おいおい」と泣くので、は「なんのこっちゃ」と思ったのでした。

【解説】

稚児風流にも桜が散るのを嘆いているのか思いきや、無風流にも畑の麦の事を考えていたという笑い話です。

要は田舎者ディスっているわけですね。

前回の「稚児のそら寝」もそうですが、稚児には食べ物にまつわる笑い話が多いようです。

過去記事『醒睡笑[せいすいしょう]』のお話もそうですね。
kihiminhamame.hatenablog.com

なにしろ、育ち盛りでしょうからね。

でも、このお話、少し見方を変えてみましょう。

この稚児父が作る麦の事を思い出すということは、ホームシックにかかってるんですよね。

おそらく口減らしのためでしょうか、まだ幼いうちに比叡山稚児として出されてしまったのでしょう。

この稚児境遇を考えると、何ともいたたまれない思いになります。


連続して宇治拾遺物語をやると、書く方も読む方も飽きてくるので、次回は相撲双六の続きでもやろうかなと。

三つ目コーナー

うわ~ん(泣)

どうした?

ぼく髪の毛散っちゃったらどうしよう!

お主には散る髪の毛など元々ないわ!

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w