うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

玉水は養母の元へ  ~『玉水物語』その13~

またもや久しぶりの更新になってしまいましたが、単にこのブログに飽きて書く気が起こらなかっただけで、私はいたって元気なのでご安心くださいませ!


f:id:KihiminHamame:20190406005515j:plainf:id:KihiminHamame:20190406005519j:plain
f:id:KihiminHamame:20190406005525j:plainf:id:KihiminHamame:20190406005530j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

おもくミみゆれハおほちこともなけきけるに御所に侍ひ
給ふむすめに今一度逢奉らまほしうつねに恋しき
を見てやミなんといゝけれハ此よしかくとつたへ申けるに
いと哀とおもひてしハしのいとまを申て参りけれハ
悦ふ事かきりなしいか成さきの世の契りにかたゝ朝
夕御事のミ心くるしく御宮つかへもいつまてかといた
ハしく思ひ奉る御ミゆへに心易く過し侍れハ有難
うれしくも覚へ奉る思ひかけすかゝるやまうをうけ
ぬれハせんにひとつもたすかりかたし身おき奉らん
こそかなしけれとておとろへたるてをさし出して

かきなてなきけれハ此人ハ物もきこへすなくよりほか
のことそなしそハに付そひ給へハ残りの子ともは
すこしひまあるこゝちしてこゝかしこにうち
やすむほとなり

赤字が前回の予習の答えです。

【現代語表記】

重く見ゆれば、大父(おおじ)、子供嘆きけるに、
「御所に侍(さぶら)い給う娘に、今一度逢い奉らまほしゅう。
常に恋しきを見て止(や)みなん」
と言いければ、此の由、「斯く」と伝え申しけるに、「いと哀れ」と思いて、しばしの暇(いとま)を申して参りければ、悦ぶ事限りなし。
「如何(いか)なる前の世の契りにか、ただ朝夕御事のみ心苦しく、御宮仕えもいつまでかと、労(いたわ)しく思い奉る。
御身故(ゆえ)に心易(やす)く過ごし侍(はべ)れば、有り難く嬉しくも覚え奉る。
思いがけずかかる病(やまう)を受けぬれば、千に一つも助かり難し。
身置き奉らんこそ悲しけれ」
とて、衰えたる手を差し出して掻(か)き撫(な)で、嘆きければ、此の人は物も聞こえず、泣くより外(ほか)の事ぞ無し。
側(そば)に付き添い給えば、残りの子供は少し暇(ひま)ある心地して、此処彼処(ここかしこ)に打ち休む程なり。

【たまには普通に現代語訳】

 さまざまな加持祈祷(かじきとう)を行いましたが、日に日に養母の病気は重くなって行ったので、養父子供たちは嘆き悲しむのでした。
高柳様のお屋敷にお仕えしているに、もう一度だけ会いとうございます」
 と養母が言うので、この旨を玉水に伝えました。
 玉水は「お可哀そうに」と思い、少しお休みをいただいて、養母の元を訪れると、とてもとても喜びました。養母は、
「どんな前世からのご縁があったのかは分かりませんが、私の娘となったあなたの事だけが一日中心配なのです。
 いつまで高柳様のお屋敷にお仕えになるのか、もし苦労しているなら早く帰ってくればいいのに、と思うこともあるぐらいです。
 あなたの存在がの心の支えとなっているので、あなたが存在しているだけで、ありがたくもあり、嬉しくもあります。
 しかしながら、思いがけずこのような病気になってしまったので、千に一つも助かる見込みはありません。
 あなたを置いてこの世を去るのが悲しくて仕方ありません」
 と弱った手を伸ばして、玉水の頬(ほお)を撫(な)でて嘆くのでした。
 玉水養母の言葉が耳に入らないほど悲しみ、泣くしかありませんでした。
 玉水が側で付き添ってくれるので、養母の子供たちは少しは落ち着いて、看病疲れもあって、そこかしこでうつらうつらと休息するのでした。

【解説】

どうやら玉水の養母の病気はかなり重いようです。

せっかく養母玉水への思いを語る感動的なシーンなのに、最後、子供たち居眠りする描写は必要ですかね?

今回で上巻が終わりです。

果たして玉水の養母運命はいかに?

次回の予習

続けて下巻を読んで行きたい所ですが、その前にやっぱりこれをスルーするわけにはいかないみたいなので。。。

f:id:KihiminHamame:20190406010236j:plain
萬葉集 20巻. [5] - 国立国会図書館デジタルコレクション

すでに、出遅れた感がありますが、私なりの切り口で何か書きたいと思います。。。

三つ目コーナー

三つ目合わせが見たいってリクエスがあったよ!

え?三つ目を酷い目に合わせればいいの?

今すぐにでもできるよ♪

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w