うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

姫君と月冴えからのお手紙にお返事を書く玉水 ~『玉水物語』の15~


f:id:KihiminHamame:20190512214630j:plainf:id:KihiminHamame:20190512214645j:plainf:id:KihiminHamame:20190512214635j:plainf:id:KihiminHamame:20190512214653j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

【原文】

かるらん。少しも良き様ならバ、早く帰り給ふべし。
 こなたの徒然《つれ/゛\》思ひやり給へ。
 搔き暗す心地なんす」
 と書ゝせ給ひて、
「年を経《ふ》る葉ゝ[母]《はゝ》その風に誘ハれバ残る梢[子末]《こずゑ》は如何《いか》に成りなん」
 と遊ばしたるを、此の母、少しの間心良く見奉りて、
「忝《かたじけな》くも、仰せられたるかな。
 御宮仕へならずバ、如何で世に有る者とも知られ奉らん。
 兎にも角にも有り難し。
 身より出たる子供よりも愚[疎]《おろ》か無く思ひ奉るぞ」
 と喜びけり。
 月冴へも細々《こま/゛\》と書きて、
「初花の 蕾[窄]《つぼ》める色の 苦しさに 如何に木の葉 色を見聞くに」
 と、斯《か》ゝる事を見聞くに付けても、思ひの色は晴れやらず。
 御帰りは、
「忝き御哀れミ、申し尽し難ふ、筆にも及び難ふ侍へる也。
 心に掛ゝらぬ折無く、参らま欲しう侍れども、見捨て難くてなん。
 少しも宜《よろし》しげならバ、参りて萬《よろづ》自《みづか》らこそ申し侍らめ」
 とて、

「散りぬべき 老い木の花の 風吹けバ 残る梢も あらじ[嵐]とぞ思う」
 月冴へにも同じく書きて、
「影頼む 朽ち木の桜 朽ち果てバ 蕾[窄]める花の 色も残らじ」
 など書きて参らせけり。


【予習の答え】

すこしもよき様ならハ早く帰給ふへしこなたの
つれ/\思ひやり給へ

【さっくり現代語訳】

「母上のご病気が心配でしょうが、少しでも具合が良いようでしたら、早くお帰り下さいませ。
 の寂しさをどうぞ思いやってください。
 あなたがいないので、心が暗く沈んでおります」
 と姫君はお書きになり、
枯れた葉は風に吹かれて散ってしまうものですが、残された枝先の花はどうなってしまうのでしょうか」
[母が亡くなってしまったら、残された子供はこの先どうすれば良いのでしょうか]
 とお詠みになりました。
 養母はこの手紙を見て、少しの間気分が良くなり、
「このようなことをおっしゃっていただいて、なんともおそれ多いことです。
 もし高柳様のお屋敷にお仕えしていなければ、が亡くなった後、あなたはどこでどうなるかわからない所でした。
 本当にありがたいことです。
 自分で産んだ子供より、あなたのことが気がかりなのです」
 と喜びました。
 月冴えも色々書いて寄こし、
「咲き始めの花のツボミが苦しそうな色をしているので、木の葉もさぞかし気掛かりでしょう」
[自分のせいで苦しんでいる子のことが、母は心配で仕方ないことでしょう]
 と詠みました。

 しかし、姫君月冴えからの手紙や、養母の喜びを見ても、玉水の気分は晴れないのでした。
 玉水は、姫君へのお返事に、
「あまりにも深い情けをかけていただいたので、お伝えする言葉も浮かばず、筆にも書くことができません。
 姫君のことを考え申さない時はございませんで、お屋敷に参上したくて仕方がないのですが、どうしてものことを見捨てることができないのです。
 の体調が少しでも良くなりましたら、お屋敷に参上してご報告申し上げます」
 と書いて、
「今にも倒れそうな老木に風が吹けば、残された枝先の花も散ってしまうでしょう」
[余命いくばくもない母が亡くなったら、子も運命を共にするのでしょう]
 と詠みました。
 月冴えにも同じように返事を書いて、
「頼りにしていた桜の木が朽ち果ててしまったら、ツボミのまま色あせてしまうでしょう」
[頼りにしていた母が亡くなったら、子の未来も無くなってしまうでしょう]
 などと詠んでお屋敷にお送りしたのでした。

【解説】

また、和歌が出てたので、知恵熱が出ましたよ!
要はおよび木の葉枝先の花に、つまり、養母玉水に例えて詠んでいるわけですね。

というか、久々なので、月冴(さ)えが誰かみんな忘れていないかが心配です。
[月冴えは姫君の乳母の子で、玉水とともに姫君に仕えています]

玉水姫君に大切に思われているのが分かったので、養母も心置きなくあの世に行けるというわけですね。
あ、まだ亡くなると決まったわけではありませんが、死亡フラグが立ってしまってるような。。。

次回の予習

新たなキャラの登場のようです。

f:id:KihiminHamame:20190512220056j:plainf:id:KihiminHamame:20190512220105j:plain

三つ目コーナー

「和歌」といえば、ここには「輪っか」キャラクターがいたよね?

いたいた、確か「輪香奈(わかな)」って名前だった!

あのお、一つ目のこともお忘れなく。。。

 

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w