うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

病中の女郎 ~『変化物春遊』その9~

f:id:KihiminHamame:20200119002702j:plainf:id:KihiminHamame:20200119002707j:plain

f:id:KihiminHamame:20200119002714j:plainf:id:KihiminHamame:20200119002719j:plain
寛政五[1793]年刊、桜川慈悲成作・歌川豊国画『変化物春遊(ばけものはるあそび)』
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。
変化物春遊 : 2巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻

大さかしんまちに◆ふしきといふ◆
女良いたつてきりやう◆うるハしくありける◆
がとし/\きやう◆をふさかへこどふぐ◆
かいだしにゆき◆けるどふぐやの◆
大五良といふもの◆大さかへゆくたびに◆
このふしきをよび◆あそびけるある◆
ときかのふしき◆よひくれよといへば◆
ちや屋のあるじ◆ふしきハこのほど◆
びやうきなり◆いかないてまじと◆
ぞ申けるだい五良◆なんぶんよびてくれ◆
よとひたすらてい

しゆにいゝけるゆへ◆そのことふしきへ申◆
つかはしけれバびやう◆ちうなれどもなじミ◆
ゆへふしきハきたりだん/\◆ねんごろにはなしなぞし◆
びやすちうなれバふしきも◆とこをわけてふしけるが◆
うしミつのころかの女良◆きたいのこへしてたすけて◆
たべといゝけるだい五良◆さつそくふしきをおこし◆
しさいをきくにこのふしき◆そふをだましけるこの◆
そふ女良ゆへにてらを◆ひらきいたしかたも◆
なくミをなげて◆しゝけるそのむくい◆
まいよふしき◆をくるしめける◆となん

【現代語表記】

大坂新町に節木[伏木?](ふしき)と言う女郎、至って器量麗しく有りけるが、年々(としどし)京大坂へ小道具買い出しに行きける、小道具屋の大五郎と言う者、大坂へ行く度にこの節木を呼び遊びける。
或る時、「かの節木呼びくれよ」と言えば、茶屋の主、「節木は此の程病気なり。如何な出でまじ」と申しける。
大五郎、「何分(なんぶん)呼びてくれよ」と只管(ひたすら)亭主に言いける故(ゆえ)、その事節木へ申し遣わしければ、病中なれども馴染み故、節木は来たり。
段々懇(ねんご)ろに話なぞし、病中なれば節木も床を分けて伏しけるが、丑三(うしみ)つの頃、かの女郎、稀代(きたい)の声して、「助けてたべ」と言いける。
大五郎、早速節木を起こし、子細を聞くに、この節木、僧を騙(だま)しける。
この僧、女郎故に寺を開き、致し方も無く、身を投げて死しける。
その報い、毎夜節木を苦しめけるとなん。

【現代語訳】

 大坂[現在は「大阪」表記だがこの時代は「大坂」表記]新町遊郭があった]節木[伏木?](ふしき)と言う、とても美しい遊女がいました。
 毎年、京・大坂商品の買い出しにやってくる小道具屋の大五郎という者は、大坂に行くたびにこの節木を呼んで遊んでいました。
 ある時、大五郎茶屋に行き「いつものように節木を呼んでくだされ」と言うと、茶屋の亭主は、「節木は今、病気療養中なので、出勤することができませぬ」と答えました。
 しかし、大五郎は、「なんとしてでも、節木を呼んでくだされ」とひたすら亭主に頼むので、亭主は仕方なく、この事を節木の方に伝えると、病気療養中だけども馴染みの客ということで、節木はやって来ました。
 あれやこれや親しくなどしてから、節木病気療養中なので、大五郎寝床を別々にして休みました。
 ところが、丑三(うしみ)つ時[午前二時ごろ。怪異が起こりやすい時間と言われた]になると、節木はとてつもないを出して
「助けて~~~~~!!!!!」と叫びました。

 大五郎はすぐに節木を起こし、詳しい事情を聞くと、節木はあるを騙(だま)してお金をむしり取っていたことを白状しました。
 この節木のためにを離れることになり、どうすることもできずに投身自殺をしたというのです。
 その恨みとなって節木夢枕に現れ、毎晩節木を苦しめているということでした。

【解説】

つまり、節木病気原因はこの僧の霊だったということでしょうね。
挿絵では、妖怪大首のような、巨大な僧の顔が描かれています。
遊女に現(うつつ)を抜かす生臭坊主だったわけで、自業自得のような気がしないでもないですが。
遊女客を騙してなんぼ商売ですし。

三つ目コーナー

おい、三つ目お経でも唱えてくれよヾ(๑╹◡╹)ノ"

違う、違う、じゃ、じゃない!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w