うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

鼻長僧侶のお話 その1 ~『宇治拾遺物語』より~

というわけで、宇治拾遺物語』再開ですヾ(๑╹◡╹)ノ"

当ブログは江戸文学を紹介するブログですが、宇治拾遺物語鎌倉時代の作品で、使用しているテキストも明治時代の女学校の教科書ですヾ(๑╹◡╹)ノ"

でも、まあ、この教科書に使われている書体は、江戸時代に使われていたくずし字なので、良しとしましょうよヾ(๑╹◡╹)ノ"

細かいことは言いっこなし(笑)ヾ(๑╹◡╹)ノ"

今回から数回に分けて、id:tayorako さんと、id:harienikki さんリクエス「鼻、長き僧の事」を読んでいきたいと思いますヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20200221171702j:plainf:id:KihiminHamame:20200221171751j:plain
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
和文教科書. 7之巻 宇治拾遺物語ぬきほ - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻

 鼻、長き僧の事
昔、池の尾に禪珍内供といふ僧、住みける。真言
どよく習ひて、年久しく行ひて、貴ふとかりけれ
ば、世の人々、さま/゛\の、祈りをせさせければ、身の

徳、ゆたかにて、堂も僧坊も、少しも荒れたる所な
し。佛供御燈なども、絶えず。をりふしの僧膳、寺の
講演、しげく行はせければ、寺中の僧坊に、ひまな
く、僧も住み賑はひけり。湯屋には、湯わかさぬ、日
なく、あみ罵りけり。又、其あたりには、小家ども、多
く出で来て、里も、賑はひけり、さて、此内供は、鼻長
かりけり。五六寸ばかりなりければ、顋より下が
りてぞ見えける。色は、赤紫にて、大柑子の膚のや
うに、つぶだちて、ふくれたり。痒ゆがる事、限りな
し。提に、湯をかへらかして、折敷を、鼻さし入るば

〈住みけるは、住◆みけりなるべ◆し。〉

【現代語表記】

「鼻、長き僧の事」
昔、池の尾に禅珍内供《ぜんちんないぐ》と言う僧、住みける。
真言《しんごん》など良く習いて、年久しく行いて、貴《とうと》かりければ、世の人々、様々の、祈りをせさせければ、身の徳、豊かにて、堂も僧坊も、少しも荒れたる所なし。
仏供《ぶつぐ》・御灯《みとう》なども、絶えず。
折節の僧膳《そうぜん》、寺の講演、繁く行わせければ、寺中の僧坊に、隙《ひま》無く、僧も住み賑《にぎわ》いけり。
湯屋《ゆや》には、湯|沸《わ》かさぬ、日無く、浴《あ》み罵《ののし》りけり。
又、其《そ》の辺りには、小家《こいえ》ども、多く出で来て、里も、賑《にぎわ》いけり、
さて、此《こ》の内供は、鼻長かりけり。
五六寸ばかりなりければ、顋《あご》より下がりてぞ見えける。
色は、赤紫にて、大柑子《おおこうじ》の膚《はだ》の様《よう》に、粒立《つぶだ》ちて、膨《ふく》れたり。
痒《かゆ》ゆがる事、限りなし。
提《ひさげ》に、湯を返らかして、折敷《おしき》を、鼻差し入るば
※「住みける」は、「住みけり」なるべし。

【現代語訳】

「鼻が長い僧の事」
昔、池の尾京都府宇治市禅珍内供《ぜんちんないぐ》というが住んでいました。
密教真言の教えをよく学び、長年修行して、尊敬すべき人物でしたので、世間の人々は様々な祈祷《きとう》を頼みました。
そのため、収入も多く、お堂僧坊[僧の住居]も、全く荒れた所はありませんでした。
仏様へのお供えお灯明も、絶えることがありませんでした。
法事の後の食事会や、寺での説法も頻繁《ひんぱん》に行わせていたので、寺の僧坊には空きスペースがないほど、が住んで賑わっていました。
お風呂場お湯を沸かさない日は無く、たちはワイワイガヤガヤと入浴していました。
また、この辺りには小さな家がたくさん出来てきて、村里も賑わっていました。
さて、この禅珍内供は、鼻が長かったのです。
15センチくらいあったので、アゴの下まで垂れているように見えました。
色は赤紫で、大きい夏ミカンの皮のようにブツブツで、ふくれていました。
いつもとても、かゆがっていました。
提《ひさげ》[小さなヤカンのような器]お湯を沸かし、折敷《おしき》[木のお盆の一種]が入るくらいの

【解説】

芥川龍之介「鼻」元になったお話です。

徳も高くて、寺も栄えているスーパー僧侶の唯一の弱点長い鼻15センチはかなりの長さですよね。

さて、この長い鼻でどのように展開して行くのか、まあ、だいたいのストーリーご存知の方が多いと思いますが、知ってる方知らない方も、どうか次回をお楽しみにヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

実は、にも一つだけ弱点があるんだヾ(๑╹◡╹)ノ"

いやいや、弱点しかないだろヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
引き続き、しつこくバレンタインデー仕様でございますヾ(๑╹◡╹)ノ"
ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w