うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

鼻長僧侶のお話 その2 ~『宇治拾遺物語』より~

f:id:KihiminHamame:20200224220503j:plain

f:id:KihiminHamame:20200224220508j:plain
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
和文教科書. 7之巻 宇治拾遺物語ぬきほ - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻

かり、ゑり通して、火の炎の、顔に、あたらぬやうに
して、其折敷の穴より、鼻をさし出でゝ、提の湯に、
さし入れて、よくゆでゝ、引きあげたれば、色は、濃
き紫の色なり。それを、そばさまに臥せて、下に物
をあてゝ、人に踏ますれば、つぶだちたる穴ごと
に、煙のやうなる、もの出づ。それを、いたく踏めば、
白き蟲の、穴ごとに、さし出づるを、毛抜にて抜け
ば、四分ばかりなる、白き蟲を、穴ごとに、取り出だ
す。其跡は、あなたに、明きて見ゆ。それを、また、同じ
湯に入れて、さらめかし沸かすに、ゆづれば、鼻ち

いさく、しぼみあがりて、たゞ人の、鼻のやうに、成
りぬ。また、二三日に成れば、さきの如くに腫れて、
大きになりぬ。斯くの如くしつゝ、腫れたる日數
は、多くありければ、物食ひける時は、弟子の法師
に、平なる板の、一尺ばかりなるが、廣さ一寸ば
かりなるを、鼻の下に、さし入れて、向ひ居て、かみ
ざまへ持てあげさせて、物食ひはつるまでは、有
りけり。こと人して、持てあげさするをりは、あら
く持て上げゝれば、腹を立てゝ、物も食はず。され
ば、此法師一人を定めて、物食ふ度毎に、持て上げ

【現代語表記】

かり、彫《え》り通して、火の炎の、顔に、当たらぬ様《よう》にして、其の折敷の穴より、鼻を差し出でて、提の湯に、差し入れて、良く茹《ゆ》でて、引き上げたれば、色は、濃き紫のいろなり。
それを、側様《そばさま》に伏せて、下に物を当てて、人に踏ますれば、粒立ちたる穴ごとに、煙の様《よう》なる、物出《い》ず。
それを、甚《いた》く踏めば、白き蟲の、穴ごとに、差し出ずるを、毛抜きにて抜けば、四分ばかりなる、白き蟲を、穴ごとに、取り出だす。
其の跡は、穴だに、明きて見ゆ。
それを、また、同じ湯に入れて、さらめかし沸《わ》かすに、茹ずれば、鼻小さく、萎《しぼ》み上がりて、只人《ただびと》の、鼻の様《よう》に成りぬ。
また、二三日に成れば、先の如くに腫れて、大きになりぬ。
斯《か》くの如くしつつ、腫《は》れたる日数は、多くありければ、物食いける時は、弟子の法師に、平なる板の、一尺ばかりなるが、広さ一寸ばかりなるを、鼻の下に、差し入れて、向い居て、上様《かみざま》へ持て上げさせて、物食い果つるまでは、有りけり。
異人《ことひと》して、持て上げさする折は、荒く持て上げければ、腹を立てて、物も食わず。
されば、此の法師一人を定めて、物食う度毎《たびごと》に、持て上げ

【現代語訳】

 そこで、提《ひさげ》[小さなヤカンのような器]にお湯を沸かし、折敷《おしき》[木のお盆]に鼻が入るくらいのを彫って開けます。
 それは、お湯を沸かす火の炎に当たらないたらないようにするためで、その折敷に開けたを差し込んでから、お湯を沸かしたを入れてよく茹でます。
 引き上げると鼻の色濃い紫色になります。
 それから、を横向きに伏せて、下に布などを敷いて、人に踏ませます。
 すると、鼻のブツブツと言うから、煙のような物が出てきます。
 さらに、激しく踏むと、白い虫全ての穴から出てくるので、毛抜きでその12ミリくらい白い虫を一匹ずつ抜いて取り出します。
 白い虫を取り出したあとは、ただが開いているだけのようです。
 そうしたをまた同じ提のお湯に入れ、沸かし茹でサラサラとゆがくと、は小さく縮み上がって、普通の人の鼻と同じようになるのです。
 しかし、二三日経つとまた、のように腫れて大きくなってしまいます。
 このように治療はするのですが、鼻が腫れている日が多いので、食事の時は、弟子の僧の一人正面に座らせ、長さ30センチ幅3センチぐらい平らな板を、鼻の下差し入れさせて、食事が終わるまで上に持ち上げさせました。
 ほかの人持ち上げさせると、荒っぽく持ち上げるので、禅珍内供腹を立てて、食事をしませんでした。
 なので、この弟子の僧一人だけに、食事のたびに持ち上げさせ

【解説】

はい、この箇所はなるべく想像せずに読んだ方がいいですヾ(๑╹◡╹)ノ"
それにしても、こういう症例実際にあるのでしょうか?
白い虫ということは寄生虫でしょうか?
それとも白い虫のような膿《うみ》
みんなが一生懸命治療してくれるのに、荒っぽく持ち上げられただけで怒る禅珍内供、なんだかそんなに良いお坊さんではない気がしてきました。

三つ目コーナー

f:id:KihiminHamame:20200224221323j:plain

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
引き続き、しつこくバレンタインデー仕様でございますヾ(๑╹◡╹)ノ"
ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w