うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

易占トリックなお話 その3[終] ~『宇治拾遺物語』より~

f:id:KihiminHamame:20200406141918j:plainf:id:KihiminHamame:20200406141923j:plain
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
和文教科書. 7之巻 宇治拾遺物語ぬきほ - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻

取り出でゝ、つかひ給へと、教へて、出でゝいにけり。
此女の親の、易の占ひの上手にて、此女の、ありさ
を考へけるに、いま、十年ありて、貧しくならん
とす。その月日、易の占ひする男、来て、宿らんずる
と考へて、かゝる金、ありと告げては、まだしきに、取
り出でゝ、遣ひ失なひては、貧しくならん程に、つ
かふ物なくて、まどひなんと、思ひて、しかいひ教へ
て、死にける後にも、この家をも、賣り失なはずし
て、今日を待ちつけて、此人を、かくせめければ、これ
も、易の占ひする物にて、心をえて、占ひ出だして、

教へいでゝ、いにけるなりけり。易の占ひは、行末を、
掌のやうにさして、知る事にて、有りけるなり。

〈宿らんずるは、◆宿らんとする◆の、約まりなり。◆されば、とにか◆けていふには、◆宿らんずと、る◆を省きて、云は◆ではかなはず。〉

【現代語表記】

 取り出でて、使い給え」と、教えて、出でて去《い》[往]にけり。
 此の女の親の、易の占いの上手にて、此の女の、有様を考えけるに、
「今、十年有りて、貧しくならんとす。
 その月日、易の占いする男、来て、宿らんずる」
 と考えて、
「『斯《か》かる金、有り』と告げては、未《ま》だしきに、取り出でて、遣い失いては、貧しくならん程に、 使う物無くて、惑《まど》いなん」
 と、思いて、確《しか》言い教へて、死にける後にも、この家をも、売り失わずして、今日を待ち付けて、此の人を、斯《か》く責めければ、これも、易の占いする物にて、心を得て、占い出だして、教え出でて、去《い》にけるなりけり。
 易の占いは、行末を、掌《たなごころ》の様《よう》に指して、知る事にて、有りけるなり。

※「宿らんずる」は、「宿らんとする」の、約《つづ》まりなり。
 されば、「と」に欠[掛?]けて言うには、「宿らんず」と、「る」を省きて、言わでは適《かな》わず。

【現代語訳】

 旅人は、
「さあ、この中に、あなたがおっしゃっていた金があります。開けて少しずつ取り出して、お使いなされ」
 と教えて、を出て去って行きました。
 この女性の親は、易の占いの名人で、この女性今後の運命を占ってみたところ、
「今から十年後私の娘は貧しくなるだろう。
 ちょうどその時、易の占いをする男がやって来て、宿を借りようとするだろう」
 という結果が出たので、
私の娘の事だから、『ここにたんまりお金が隠してある』と教えたら、まだ貧しくなっていないのに取り出して使い果たしてしまい、貧しくなった時に金目の物が何も無くて困り果ててしまうだろう」
 と思い、お金のことは教えずに、十年後旅人がやって来るとだけ教えたのでした。
 なので、女性が亡くなった後も、与えられた物だけを売ってしのぎ、を売って失ってしまうこともなく、旅人がやって来る今日と言うこの日を待ちわびたのでした。
 そして、旅人借金返済を迫ったのですが、旅人易の占いをする者で、父親の考えお金のありか占いで見抜き、それを女性に教えて去っていったのでした。
 易の占いというものは、将来を、自分の手のひらの中にある物かのように、的確に知ることができるものなのです。

【解説】

 女性の父親は、十年後女性貧乏になることと、易の占いができる旅人がやってくることを、易の占いで導き出したというわけです。
 お金がある事を教えると使ってしまうような女性だったので、お金のことはナイショにして、十年間は過ごせるだけのを与えて、あとは易の占いができる旅人に託したと言うわけです。
 そんなことより、婿に来てくれる男性を占えば良かったのにと思わずにはいられないのですが、まあ、たぶん、ちょっと問題がある女性だったんですかねえ。
 いきなり説明もせずに「金返せっ!」って言うような女性ですから。。。

 というわけで、宇治拾遺物語は飽きたので、一旦、ここで終了します。
 気が向いたらまた再開するかもです。
 とはいえ、次のネタがないのですが、で占ってもらえないでしょうか?ヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

f:id:KihiminHamame:20200406142653j:plain

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
引き続き、しつこくバレンタインデー仕様でございますヾ(๑╹◡╹)ノ"
ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w