うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

江戸の銭湯へ その3 ~『金草鞋』初編より~

この場面の最後は客たちのセリフ部分をヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20200609104959j:plain

f:id:KihiminHamame:20200609105008j:plain

f:id:KihiminHamame:20200609105030j:plainf:id:KihiminHamame:20200609105036j:plain

f:id:KihiminHamame:20200609105050j:plainf:id:KihiminHamame:20200609105054j:plain

f:id:KihiminHamame:20200609105103j:plainf:id:KihiminHamame:20200609105109j:plain
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
金草鞋. 1編 - 国立国会図書館デジタルコレクション

諸国道中金の草鞋. 1 - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻


「コリヤア◆だんなハとんだ
おやせなさつた◆どふでも女のおもひで
こさりヤせう◆
「イヤそうでもねへ
「たゞしハ◆かけとりのおもひ◆
だもしれねへ

はんとう
「今のふたりハ◆いなかものだそふな
二かいへお出なせへといつ
たら二かいにもゆが◆ありますかといひやした
「ばんとうさん◆かうやくをくんな
ぜにハあしたもつて◆来やせう

「ちとどこそへ出かけ◆たいとおもつても
わたくしが所のかゝしハ
とかくちつとの◆まもわたしを
はなさねへ◆から◆こまり◆はて◆ます

【現代語表記】

男「こりゃあ旦那はとんだ御痩《おや》せなさった。どうでも女の思いで御座りやしょう」
「いや、そうでもねえ。ただしは、掛け取りの思いだもしれねえ」

番頭「今の二人は田舎者だそうな。『二階へお出なせえ』と言ったら、『二階にも湯がありますか』と言いやした」
「番頭さん、膏薬《こうやく》をくんな。銭は明日持って来やしょう」

「ちとどこぞへ出掛けたいと思っても、私《わたくし》が嚊衆《かかし》は兎角《とかく》ちっとも間も私《わたし》を離さねえから困り果てます」

【現代語訳】

三助「これはまた旦那はとてもお痩せになりましたな。おそらく原因でございましょう」
男A「いや、そういうわけではねえ。たぶん、借金取り原因かもしれぬ」

番頭「さっきの二人本物の田舎者だそうだ。『二階へお上がりなされ』と言ったら、『二階にも湯船があるんですか?』と言いました」
男B番頭さん膏薬《こうやく》をください。お代明日持って来ますから」

男C「ちょこっとどっかへ出掛けたいと思っても、私の妻はとにかく少しの間もを離してくれないから困り果てております」

【解説】

番台「はみがき しばらく香」と書かれたがありますが、当時の歯磨き粉「○○香」というがよくつけられていたので、「しばらく香」歯磨き粉の名称でしょう。

f:id:KihiminHamame:20200609105125j:plainf:id:KihiminHamame:20200609105129j:plain

火鉢に吊してあるのが膏薬でしょうかね?
毎日来て顔見知りなので、ツケで買えるのでしょう。

もちろん、銭湯二階湯船は無く、あるのは休憩所ですヾ(๑╹◡╹)ノ"
二階の様子も参考画像でどうぞヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20200609105146j:plain
賢愚湊銭湯新話 : 3巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション


武士の姿も見えますね。

ちなみに、銭湯の男性従業員の事を「三助」と言うのは、堂々と女性の裸を見る事が出来るから「助平さん」→「助さん」→「さん助」→「三助」とのことですヾ(๑╹◡╹)ノ"(諸説あります)
※「三助」や前回出てきた「飯炊き女」という言葉は、現在では差別用語とされる場合がありますので、ご注意ください。

次のページから二人は江戸の町に繰り出すのですが、どうしましょ?続けます???

三つ目コーナー

助平さんって聞こえたけど、の事呼んだ?ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
5月3日北見花芽の誕生日でございますヾ(๑╹◡╹)ノ"
ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w