うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

当ブログは広告・PR・アフィリエイト等を含みます。

②油盗老女の運命は?~井原西鶴「身を捨てて油壺」『西鶴諸国はなし』~

当ブログは広告・PR・アフィリエイト等を含みます。

 

 

f:id:KihiminHamame:20210629164425j:plain

※下に現代語訳と解説がちゃんとあります。

 

f:id:KihiminHamame:20210629164549j:plainf:id:KihiminHamame:20210629164554j:plain

f:id:KihiminHamame:20210629164601j:plainf:id:KihiminHamame:20210629164605j:plain

f:id:KihiminHamame:20210629164610j:plainf:id:KihiminHamame:20210629164614j:plain
井原西鶴西鶴諸国はなし』貞享二(1685)年刊
西鶴諸国はなし : 大下馬. 巻5 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。

【原文】

神主《かんぬし》集《あつ》まり、
「毎夜《まいよ》/\、御灯火《おともしび》の火の消《き》ゆるを不思議《ふしぎ》に思ひつるに、油の無き事、如何《いか》なる犬獣《いぬけだもの》の仕業ぞかし。
忝《かたじけな》くも、御社《みやしろ》の御灯《ごとう》ハ、河刕《かしう》一国《いつこく》照《て》らさせ給ふに、宮守《ミやもり》どもの無沙汰《ぶさた》にもなる事也。
是非《ぜひ》に今宵《こよひ》は付《つ》け出し申すべし」
と、内談《ないだん》固め、弓、長刀《なぎなた》を閃《ひらめ》かし、思ひ/\の出立《いでたち》にて、内陣に忍《しの》び込《こ》ミ、事の様子《やうす》を見るに、世間の人静まつて、夜半《やはん》の鐘《かね》の鳴る時、恐ろしげなる山姥《やまうば》、御神前《ごしんぜん》に上がれバ、何《いず》れも氣《き》を取《と》り失ひける。

【現代語訳】

 枚岡明神の神主たちが集まり、

「毎晩、お灯明の火消えるのを不思議に思っていた所、油が無くなっていることが分かりました。

 どんな犬や獣《けもの》仕業なのでしょうか。

 恐れ多くも、このお社《やしろ》お灯明は、河内の国中お照らしになるというのに、その消えてしまうということは、お社お守りする我々神主たち失態ということにもなります。」

 と、内々で相談し、弓や長刀《なぎなたキラリと光らせ、思い思いの武装社殿の内陣にこっそり隠れ、どういうことが起こるのか見守りました。

 すると、世間の人々寝静まって、夜中の鐘鳴る頃、恐ろしい姿のヤマンバが現れてご神前上がったので、みんな気を失ってしまいました。

【解説】

 さすがに毎日のように油が無くなるのをおかしいと思った神主たちは、犯人待ち構えることにしました。

 いつものように油を盗みに来た老女を見て、神主たちヤマンバだと思って腰を抜かしてしまいます。

 さて、老女神主たちはこのあとどうなってしまうのでしょうか?

 それにしても、神主さんたち、平和的解決じゃなくて、武力制圧する気満々なのが、なんともヾ(๑╹◡╹)ノ"

 八十八歳なのに、毎日油を盗みに来る老女元気だよねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 お前何歳なんだ?ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 たしか300歳ぐらいだよヾ(๑╹◡╹)ノ"

 元気すぎるだろ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 5月3日は北見花芽の誕生日♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「武士編」及び「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

  • 発売日: 2018/12/17
  • メディア: 単行本
 
全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本
 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w