うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

二十四日目『稲生平太郎妖怪記』(『稲生物怪録』)

 

 

f:id:KihiminHamame:20211116002145j:plainf:id:KihiminHamame:20211116002138j:plain

f:id:KihiminHamame:20211116002150j:plainf:id:KihiminHamame:20211116002141j:plain

f:id:KihiminHamame:20211116002156j:plain
(数千匹の蝶が飛び回る)

f:id:KihiminHamame:20211116002201j:plain
(石塔が青い火を出して燃える)

 新日本古典籍総合データベース
※この記事では、国文学研究資料館所蔵品の画像データを適時加工して利用しています。 (CC BY-SA 4.0)
※画像は拡大できます。

【原文】

廿四日の昼は、大い成る蝶一ツ飛び来たり、此処彼処《こゝかしこ》を飛び廻りしが、程無く小さくなると見えて、数千の小さき蝶と化し、居間の内一面に飛び廻りしとぞ。

夜に至りてハ行灯《あんどう》灯《とぼ》しけるに、其の行灯 忽《たちま》ちに石塔と変じける。
「不思議なる術《わざ》かな」と見しに、やがて塔の元より青き火、凄《すさ》まじく燃え出て、石塔は焼け失せ、元の如く行灯と成りにける。
誠に操《あやつ》りの一入《ひとしほ》手際なるが如く也とぞ。

【現代語訳】

 七月二十四日の昼は、大きな蝶一匹飛んで来て、アチコチ飛び回ったのですが、そのうち小さくなったかと思ったら、数千匹の小さな蝶になって、居間の中、一面に飛び回りました。

 になり、行灯《あんどん》火を灯《とも》すと、その行灯が突然石塔変わりました。
 平太郎が「化け物不思議な妖術使うなあ」と思って見ていると、そのうち石塔根元からから青い火が激しく燃え出して、石塔焼け失せ元の行灯になりました。
 実に化け物の妖術が、ますます巧みになってきたということです。

【解説】

 大きな一匹の蝶が、小さな数千匹の蝶変化します。
 蛾じゃなくて良かったですねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 行灯石塔変わり石塔青い火に包まれて行灯に戻るというイリュージョン

 百物語をする際に、行灯青い紙を貼るのですが、それを踏まえているのですかね。
kihiminhamame.hatenablog.com

 青い火と言えば青鷺の火がすぐに思い浮かびます。
kihiminhamame.hatenablog.com

 怪異の火は青いというのが定番なのでしょうね。

 ミツメ蝶々だよ~ヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20211116002740j:plain

 

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(前回の答え合わせ)】f:id:KihiminHamame:20211114160411j:plainf:id:KihiminHamame:20211114160413j:plainf:id:KihiminHamame:20211116002811j:plain

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(正解は次回発表)】

f:id:KihiminHamame:20211116002838j:plain   f:id:KihiminHamame:20211116002841j:plain                     

 

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。