うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

うつろ舟 ~江戸時代のUFO???~

 

 

うつろ舟は、江戸時代のUFOとして、ちょこちょこ話題になっているので、目にされた方もおられるのではないでしょうか。

うつろ舟の記事様々な書物に見られるのですが、それらのほとんどが手書き(写本)で残されたものです。

やはりここでは、写本よりも多くの人の目に触れたと思われる、印刷物として世に出たうつろ舟の資料瓦版(当時の新聞のようなもの)の記事を読んでみたいと思います。

Utsuro-bune
wikipediaより

【原文】

△王◌干◌△
 此《かく》の如くの文字、舩の中に有り。

一 去る亥二月中、此の如くの舟、沖に相見へ申し候所、又 暫《しばら》く見へ申さず候。
 然《しか》るに、此《こ》の度《たび》、小笠原越中守様《をがさはらゑつちゆうのかみさま》御知行所《ごちぎやうしよ》、常陸国《ひたちのくに》京舎ヶ濱へ、同八月の嵐にて吹き付け申し候。
 虚舟《うつろぶね》、其の内ニ、女壱人、年の頃十九 廿《にじふ》才程にて、身の丈《たけ》六尺余り、顔の色青白く、眉毛髪赤黒く、風俗至つて美しく、器量《きりやう》ハ甚《はなは》だ美女也。
 音声ハ甲走《かんばし》りて大音《だいおん》也。
 又、白木《しらき》の弐尺ばかりの箱、離さず抱い、大切なる物ニや、辺りへ決して人を寄セ付けぬ也。
一 敷物壱枚、至つて柔らかな物。
一 食物、肉類《にくるい》にて、練《ね》りたる物。
一 茶碗の様《やう》成る物一ッ、美しき模様有り、石とも見えず。
一 火鉢らしき物一ッ、鉄とも見えず。

綿なる様《やう》の織物、色、萌黄《もへぎ》也。
小鉤《こはぜ》、水晶。
金の筋、天鵞絨織《びろうどおり》

縁《ふち》、黒塗り。
何《いず》れ、木は紫檀《したん》、白檀《びやくだん》
窓、びいどろ、水晶也。
鉄にて朱塗り、横、三間《さんげん》也。
筋金《すじがね》、南蛮鉄《なんばんてつ》也。
舟の高サ、壱丈壱尺。

【現代語訳】

△王◌干◌△
 このような文字が、舟の中に書いてあります。

一 去年の亥年[享和三(一八〇三)年]二月中、このようなに現れましたが、それからしばらくは姿を見せませんでした。
 ところが、小笠原越中守《おがさわらえっちゅうのかみ》様が治められている常陸国《ひたちのくに》京舎ヶ濱に、同年八月で、その打ち上げられました。
 この虚舟《うつろぶね》[木をくりぬいて作った舟]の中には、女が一人乗っていて、年のころ十九歳か二十歳で、身長六尺[約一八〇センチ]あまり、顔の色青白く、眉毛や髪赤黒く、身なりはとても美しく、顔立ちもすごい美女です。
 甲高《かんだか》くて大音量です。
 また、白木の二尺[約六十センチ]くらいの箱を離さずに抱えており、大切なものなのか、近くに全くを寄せ付けません。
一 たいそう柔らかな敷物一枚
一 食べ物肉類練ったもの。
一 美しい模様の、石製ではない、茶碗のようなものが一つ
一 鉄製ではない、火鉢のようなものが一つ

綿のような織物で、萌黄色《もえぎいろ》です。
留め具水晶
金の筋ビロード織

縁《ふち》黒塗り
使っているはどれも紫檀《したん》白檀《びゃくだん》
ビードロ水晶です。
鉄製朱塗り横幅三間[約五メートル五十センチ]です。
筋金《すじがね》南蛮鉄《なんばんてつ》です。
舟の高さ一丈一尺[約三メートル三十センチ]

【解説】

ご覧のように、うつろ舟UFOではなく、ただの舟です(笑)
こんな漂流できるはずもなく、要はアマビエと同じような噂話の類ですね。

書かれている文字も、宇宙文字でもなんでもなく、当時の浮世絵装飾とかにも使われていた、アルファベットデザインされたと思われる同じ類のものでしょう

江戸日本橋ヨリ富士ヲ見ル図 - 国立国会図書館デジタルコレクション

他の資料でも、この瓦版同じようなことが書かれています。
月日に違いがありますが、漂着した時期は、どの資料でも享和三年です。

漂着した場所は、この瓦版では常陸国舎ヶ濱」となっていますが、他の資料では、常陸国舎ノ浜」「常陸国はらやどり」「常陸の国舎浜」「常陸国舎り浜」「常陸国舎ヶ浜」「常陸舎り浜」などとなっているので、「京」「原」誤記だと思われます。

「伊能図」を見ると、常陸原」と書かれている海岸の側に、「東下村舎利」という地名が書かれているので、漂着したのはこの常陸原」の「舎利」という場所確定でしょう。
kochizu.gsi.go.jp

現在でも茨城県神栖市波崎舎利浜として地名は残っています。
goo.gl

この女性異国の方なのでしょうが、このあとどうなったか、この瓦版には書かれていませんが、また沖に戻されたやら(『弘賢随筆』『兎園小説』)何も食べずに死んでしまったやら(やじきた.com蔵古文書)書かれている資料もあります。

では、この噂話は、一体何が元になっているのでしょうか?

私は最初、パッと見た感じ、「女性が乙姫で、舟が亀で、箱が玉手箱で、浦島太郎だ!」って思ったんですが、たぶん違います(笑)

金色姫(リンク先では「黄金姫」となっています)の伝説だというもあります
npn.co.jp

一番有力なのは、元禄時代に流れ着いたうつぼ舟[「うつろ舟」と同じ意味]の噂話になっているというです。

元禄のうつぼ舟には男の生首女性乗っていたというのです。

その噂話は、『改正甘露草《かいせいかんろそう》』元禄11年[1698]5月の記事漂流ものがたり|国立公文書館"や、『鸚鵡籠中記《おうむろうちゅうき》』元禄12[1698]年の記事に見られます。

ちなみに流れ着いた場所は、『改正甘露草』では吉田浦[愛知県豊橋市『鸚鵡籠中記』では熱田[愛知県名古屋市となっています。『改正甘露草』では、うつぼ舟長崎に送られたとか。

おそらく、元禄うつぼ舟噂話に、異国船が来るようになってきた時期でもあったので、享和うつろ舟噂話生まれたのでしょう。

となると、女が大事に抱えていた箱の中は、男の首だという事になりますね。
男の首は、不倫相手男の首だとか。
(この件に関しては、『弘賢随筆』『兎園小説』[どちらもほぼ同内容]に詳しく書かれています)

 

 うつろ舟を見てたら、お腹が空いてきたよ!

 確かにうつろ舟丼鉢にしか見えないけど。。。

 

【参考:うつろ舟が描かれた資料】

①『異聞雑著《いぶんざっちょ》』享和元[1801]年自序(鈴木甘井《すずきかんせい》作、高田図書館蔵)
漂着地:常陸国原舎ノ浜
上越の史料が伝える怪異の世界 - 上越市ホームページ

②『鶯宿雑記《おうしゅくざっき》』、文化12[1815]年自序(駒井乗邨《こまいのりむら》編、国会図書館蔵)
漂着地:常陸国鹿島郡阿久津浦
鶯宿雑記. 巻13-14 - 国立国会図書館デジタルコレクション

③『弘賢随筆《ひろかたずいひつ》』(屋代弘賢《やしろひろかた》編、国立公文書館蔵)
漂着地:常陸国はらやどり
漂流ものがたり|国立公文書館"

④『兎園小説《とえんしょうせつ》』文政8[1825]年成立(滝沢琴嶺《たきざわきんれい》ほか編、天理大学図書館蔵)
漂着地:常陸国はらやどり
不思議空間「遠野」 -「遠野物語」をwebせよ!-の画像|エキサイトブログ (blog)
百家説林. 第9巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション

⑤『梅の塵《ちり》』天保15[1844]自序(長橋亦次郎《ながはしまたじろう》作、無窮会専門図書館蔵)
漂着地:常陸の国原舎浜
不思議空間「遠野」 -「遠野物語」をwebせよ!-の画像|エキサイトブログ (blog)
江戸時代の浮世絵にUFO!?うつろ舟の謎 (3) | やじきた.com - 江戸の怪談、奇談、ふしぎ話。古文書から拾い集めたアヤシイ話をご紹介。

⑥『稲生家文書[旗本家の日記]』安政2[1855]年5月12日の記事(埼玉県立文書館蔵)
漂着地:常陸国原舎り浜
ネット古文書講座 - 埼玉県立文書館

⑦[古文書](国際稀覯本フェア2020でかげろう文庫より出品された文書)
漂着地:常陸国原舎り浜
https://1.bp.blogspot.com/-HGzcf3bnvyg/Xw3UiSoCWVI/AAAAAAAARj8/LQKNWZ_zN_sM_sup1tTp8iUsIMyDQBSOwCLcBGAsYHQ/s500/%25E5%259B%25BD%25E9%259A%259B%25E7%25A8%2580%25E8%25A6%25AF%25E6%259C%25AC%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2582%25A2%25E3%2580%25802020.jpg

⑧『漂流記集』(万寿堂《まんじゅどう》編、岩瀬文庫蔵)
漂着地:常陸国原舎ヶ浜
漂流記集 | 岩瀬文庫コレクション | 古書の博物館 西尾市岩瀬文庫

⑨[瓦版](船橋西図書館蔵)
漂着地:常陸国かしま郡京舎ヶ浜
File:Utsuro-bune.jpg - Wikimedia Commons

➉[古文書](水戸市古書収集家蔵)
漂着地:常陸国鹿島郡外浜
UFOと日本人(1):江戸時代に漂着した謎の美女と円盤型乗り物―「うつろ舟」伝説の謎を追って | nippon.com

⑪[古文書](日立市内旧家[海岸防御郷士子孫]蔵)
https://matome.eternalcollegest.com/wp-content/uploads/2020/09/n-images-21368-53349343497.jpg
【魚拓】異国美女漂着「うつろ舟」奇談 日立の旧家に新史料:茨城新聞ニュース

⑫[古文書](長野県古書収集家[やじきた.com]蔵)
漂着地:房州の湊
江戸時代の浮世絵にUFO? うつろ舟の謎 | やじきた.com - 江戸の怪談、奇談、ふしぎ話。古文書から拾い集めたアヤシイ話をご紹介。

⑬[甲賀流忍術伴家古文書](川上仁⼀氏蔵)
漂着地:常陸原舎り浜
【茨城新聞】UFO「うつろ舟」漂着は波崎? 実在地名記載の新史料 「伝説の元の文書か」

 

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
5月3日は北見花芽の誕生日ヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。