うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

[4]怪談「牡丹灯籠」(『伽婢子』より)~荻原は美女をお持ち帰りするのでした~

 

 


『伽婢子《おとぎぼうこ》』[浅井了意作、寛文六(一六六六)年刊]巻三の三「牡丹灯籠」
国文学研究資料館所蔵 (CC BY-SA) 
新日本古典籍総合データベース

【原文】

 荻原、やをら進みて言ふ様《やう》、
「君帰るさの道の遠きにハ、夜深くして、便無《びんな》う侍り。
 某《それがし》の住む所ハ、塵塚《ちりづか》高く積もりて、見苦しげなる荒《あば》ら屋なれど、便《たよ》りに付けて明かし給ハゞ、宿貸し参らせむ」
 戯《たハぶ》るれバ、女、打ち笑ミて、
「窓漏る月を一人詠めて明くる侘《わび》しさを、嬉しくもの給ふ者かな。
 情けに弱るハ人の心ぞかし」
 とて、立ち戻りければ、荻原喜びて、女と手を取り組ミつゝ、家に帰り、酒取り出し、女の童に酌《しやく》を取らせ、少し打ち呑《の》み、傾《かたぶ》く月に理無《わりな》き言の葉を聞くにぞ、「今日を限りの命ともがな」と、兼ての後ぞ思ハるゝ。
 荻原、
「また後の 契りまでやハ 新枕《にゐまくら》 たゞ今宵にそ 限りなるらめ」
 と言ひければ、

【現代語訳】

 荻原は、そっと進み出て、
あなた帰り道遠いようですので、こんなに夜遅くだと、色々大変でしょう。
 私の住む家ゴミの山高く積もって、お見苦しいボロ家ですが、もし信頼して、一緒明かしてくださるのなら、宿お貸ししましょう」
 と下心を少し出して言いました。
 微笑んで、
から漏れる月の光一人眺めて、寂しく明かさなければならないと思っていましたが、一緒過ごして下さるとは、嬉しい事おっしゃってくださいます。
 このような情け弱いのが、人の心というものです」
 と言って荻原のいる方へ戻ってきました。
 荻原喜んで、手に手を取りつつ、帰りました。
 取り出して、女の童お酌をさせ、少し呑みながら、のなんとも愛らしい言葉聞くにつけて、荻原は、
「もう今日尽きても良いくらい幸せだ」
 と思いつつ、この先のことも色々と考えるのでした。
 そして、荻原が、
私たちが初めてチョメチョメしたとしても、今夜限りのことで、また会う約束をすることもないのでしょうね」
 と詠むと、

【解説】

 あらあ、荻原さん美女お持ち帰りしてしまいました。
 これ以上、深い仲にならない方が身のためだとは思うのですが、こうなったらもう、そうはいかないのでしょうなあ。

 一緒一晩過ごしてくれたら、蚊の目玉酒ふるまうよヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目のLINEスタンプ、発売しました!
store.line.me

 

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング