うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

岩手民謡「外山節」 歌詞に隠されたエロとは?

ねこぞう(id:munazouchan48)さんツイッターでやり取りをしている時に、ねこぞうさん中学の音楽の民謡独唱テスト外山節を歌ったという話になりました。

ちなみに私がメインで使っているツイッタアカウントはこちらヾ(๑╹◡╹)ノ"twitter.com
このブログ以外の更新情報もつぶやくから、フォローすればいいと思うんだヾ(๑╹◡╹)ノ" 

岩手民謡「外山節」の代表的な歌詞はこちらヾ(๑╹◡╹)ノ"

わたしゃ外山の 日陰の蕨(わらび) 
誰も折らぬで 榾(ほだ)となる 
コラサーノサンサ コラサーノサンサ
※榾(ほだ)は焚き木の事

わたしゃ外山の 野に咲く桔梗 
折らば折らんせ 今のうち
コラサーノサンサ コラサーノサンサ

わしと行かねか あの山陰さ 
駒こ育てる 萩刈りに
コラサーノサンサ コラサーノサンサ

ねこぞうさんは、今思えば乙女が歌うような内容の歌詞ではなかった、と乙女の恥じらいを見せてらっしゃったのですが、一見何の変哲もないように見える歌詞にはどのような意味が隠されているのでしょうか?

はい、ここはエロが得意な三つ目君歌唱歌詞の解釈をお任せすることにしましょうヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

じゃあ、早速、歌わせてもらうよ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

youtu.be

続いて、エロ目線での歌詞の解釈だよ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

私は外山の日陰に生えているワラビのような女。
だれも手を出さないから、このまま食べごろを過ぎてしまうのかしら。
ショボボーン。。。

私は外山の野に咲く桔梗のような女。
さあ、花盛りの今の内に抱いておくんなまし!
ヒャッホーイ!

ワシとあの山陰に行かないか?
馬の餌の萩を刈りに行くフリをしてチョメりましょ。
グヘヘ、グヘヘ。

まあ、この手の民謡はたいていエロ要素が込められてるから、外山節特別ってわけじゃないと思うよヾ(๑╹◡╹)ノ"

昔の人はみんなぼくみたいにエロエロだったんだろうねヾ(๑╹◡╹)ノ"

怒られるといけないので、最後に魔法の言葉を言っておきます。

諸説あります!!!

  

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆クリック報酬型広告(by 忍者AdMax) ご協力お願いします♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w