うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

2018-08-06から1日間の記事一覧

愛欲が住職を鬼にしたのです。 ~「青頭巾」(『雨月物語』より)その7~

(住職が普段の)修行で得た人徳が素晴らしかったのは、仏様に心からお仕えしていたからです。 その少年にZokkon命(ゾッコン・ラブ)にならなければ、あああああ、良い僧侶であったでしょうに。