うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

文殊が獅子に乗ってやってきた! ~『男色比翼鳥』巻1の1 その5~

「うきよのおはなし(はてな)」一周年記念企画『男色比翼鳥』巻1の1読み直し続きだよ!

取り上げて欲しい作品やテーマは引き続き募集中だよ!

f:id:KihiminHamame:20180916002951j:plain

f:id:KihiminHamame:20180916002956j:plainf:id:KihiminHamame:20180916002958j:plain
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。
男色比翼鳥 6巻. [1] - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻

念友(ねんゆう)を祈(いのり)さづかりとも/\かたきを討申さんとくつろぎた
る有様文殊もかをり給ふべしかくて両人仏前にまいり
しミ/゛\と立願(りうぐわん)ししばらく御前に休ミしが頃日(このころ)の草臥(くたひれ)
にやとろり/\とねむる内に廿斗の御僧びんろうしの
御衣そうでんがら茶のけさをかけさもすさまじき
獅子(しし)に腰打懸(こしうちかけ)ないじんより出たまひなんし誠の心を
つくし念友(ねんゆう)を願(ねがひ)またハ敵のありかを朝暮(てうほ)なげく
心ざし我も女在(じよさい)ハなけれどもさしあたりそちたち
が兄(あに)分に成べきもの近邉(きんへん)にハなしされば緑(ミどり)が尋(たづ)ぬ
る西木原(くりばら)安(あん)左ェ門ハ東に下り世を角田川のほとりにその名(な)
を改(あらため)村雲(くも)一平次とて兵法(ひやうほう)の指南(しなん)して暮(くらす)により弟子(でし)
あまたあれば心安ハ討(うたれ)まじ爰に牛嶋(うししま)のかたハらに

赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

【現代語表記】

念友(ねんゆう)を祈(いの)り授かり、共々敵を討ち申さん。」
と、寛(くつろ)ぎたる有り様。
文殊も我折(がお)り給うべし。
かくて両人仏前に参り、しみじみと立願(りゅうがん)し、暫(しばら)く御前に休みしが、頃日(このごろ)の草臥(くたびれ)にや、トロリトロリと眠る内に、二十計の御僧、檳榔子(びんろうじ)の御衣、宗伝唐茶(そうでんからちゃ)の袈裟(けさ)を掛け、さも凄(すさ)まじき獅子(しし)に腰(こし)打(う)ち懸(か)け、内陣より出給い、
「汝(なんじ)、誠の心を尽くし、念友(ねんゆう)を願(ねが)、または敵の在り処(ありか)を朝暮(ちょうぼ)嘆く心ざし、我も如在(じょさい)は無けれども、差し当たりそちたちが兄(あに)分に成るべき者、近辺(きんぺん)には無し。
されば、緑(みどり)が尋(たず)ぬる栗原安左衛門(くりばらあんざえもん)は、東に下り、世を角田川の辺(ほとり)に、その名(な)を改(あらた)め、村雲一平次(むらくもいっぺいじ)とて、兵法(ひょうほう)の指南(しなん)して暮(くらす)により、弟子(でし)数多(あまた)あれば、心安くは討(う)たれまじ。
爰(ここ)に牛島(うしじま)の傍(かたわ)らに

【さっくり現代語訳】

(心が通じ合う)兄分に出会えるように祈って授かり、その兄分と一緒に敵(かたき)を討つことにしましょう。」

とリラックスムードで話すのでした。

文殊も何とかしてやろうと思ったことでしょう。

こうして二人仏前に参り、心の底からお願いし、しばらく休んでいたのですが、日頃の疲れがたまっていたのでしょうか、ウツラウツラと眠ってしまいました。

すると、文殊が、檳榔子(びんろうじ)で染めた法衣を着、宗伝唐茶(そうでんからちゃ)色袈裟(けさ)を掛けた、二十歳ぐらいの僧の姿で、さも恐ろしげな獅子に腰掛けて、内陣から出てきました。

お前たちは、真心を込めて、良い兄分に出会うことを願い、または敵の居所がどこか朝から晩まで嘆いた

その思い無視するわけにはいかないのだが、今のところ、お前たちの兄分にふさわしい人物は、この近辺にはいない。

一方、緑之助が捜している栗原安左衛門(くりばらあんざえもん)は、関東に下り、隅田川の辺りで暮している。

名も村雲一平次(むらくもいっぺいじ)と改め、武術の師範をしているのだが、弟子がたくさんおり、簡単には討つことができないだろう。

そこで、牛島[現在の東京都墨田区あたり?]の近くに

【解説】

ついに文殊登場です♪

二人関東に行くことになるのでしょうか?

えと、今回は特に解説することもないので、この箇所の挿絵でも。

f:id:KihiminHamame:20180916003708j:plainf:id:KihiminHamame:20180916003711j:plain
国会図書館のは破れがあったので、この挿絵は霞亭文庫所蔵の物を使用しました。
霞亭文庫書誌詳細
画像はクリックで拡大します。

「もんじゆぼさつ」「ひよくの鳥」「おとハのぜう」「ミどりの介」と書いてありますね。

文殊菩薩のお尻の下には本文にあるように獅子がいます。

二人の若衆には前髪振り袖姿で描かれているので、パッと見では女性に見えるかもしれませんね。

でも、ちゃんと二本挿しているので、武士の男性だとわかります。

女性同様、成人すると短い袖の着物になります。

緑之助の下の紐の結び目ウサミミみたいでカワイイですね♪

次回予告とくずし字クイズ

関東に行きたいものの、先立つものがないようです。
f:id:KihiminHamame:20180916004110j:plainf:id:KihiminHamame:20180916004114j:plain

三つ目コーナー

僕が主人公のBLは、三つ目輪香奈、どっちが兄分で、どっちが弟分かな?

どっちも前髪が無いから、どっちも兄分だね。

  

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪  NEW!

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告(by 忍者AdMax)をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪
 憧れのホットエントリー! ← 実はホットエントリーが何だかよく分かってないw